2285件中 31 - 40件表示
  • ソマリア内戦

    ソマリア内戦から見た国際連合国際連合

    USC内でもモハメッド・ファッラ・アイディード将軍派がモハメド大統領派と対立。アイディード派の攻撃で首都を脱出したモハメド暫定大統領は、1991年12月に国際連合に対しPKO部隊派遣を要請した。アイディード派はその後、武装勢力4派と政治組織ソマリア国民同盟(SNA)を結成、モハメド派も11派を傘下に入れ内戦が激化した。ソマリア内戦 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ民主共和国

    ドイツ民主共和国から見た国際連合国際連合

    1970年、西ドイツ首相のヴィリー・ブラントは、を皮切りに新東方外交政策を打ち出し、東西ドイツの対話をもたらした。東西緊張緩和の背景には東ドイツが外貨を獲得しようとしたも大きい。は、東ドイツを通過する際の手続き簡略化を保証し、西ベルリンの交通路の状況を改善した。1972年に東西ドイツ基本条約が結ばれ、両国(ボンと東ベルリン)に大使館を設置することが決まり(Ständige Vertretungen)、両国が平和的に共存するために相互承認が行われた。それに基づき、1973年に両国は国連に加盟した。ドイツ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 板門店

    板門店から見た国際連合国際連合

    ここで朝鮮戦争における北側の朝鮮人民軍と南側の「国連軍」の停戦条約が1953年に調印され、同年10月以降は両国間の停戦を監視する「中立国監視委員会」と「軍事停戦委員会」の本会議場が設置され、停戦協定遵守の監視を行っている(なお、北朝鮮は1991年に国際連合に加盟しているが、国連軍との間における「停戦」状態は現在も継続している)。板門店 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊ハイチPKO派遣

    自衛隊ハイチPKO派遣から見た国際連合国際連合

    国際連合安全保障理事会は1月19日に国際連合ハイチ安定化ミッション(MINUSTAH)の増員などを含む決議第1908号を採択し、国際連合は各国に派遣を要請した。これに対して日本は施設部隊を派遣することを決定した。自衛隊ハイチPKO派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和

    昭和から見た国際連合国際連合

    また、日本国憲法で軍隊を持たないことを定めたが、1951年(昭和26年)に日本国との平和条約(サンフランシスコ講和条約)と同時に日米安全保障条約を締結し、アメリカ合衆国軍の駐留をそのまま継続するとともに、翌年の1952年(昭和27年)には警察予備隊から改称した保安隊(その後の自衛隊)も発足し、事実上の再軍備を行なった。冷戦期には米国と同盟してソ連に対抗した。冷戦後には国際連合に協力して海外でPKO部隊を展開するようになった。昭和 フレッシュアイペディアより)

  • 海事法

    海事法から見た国際連合国際連合

    現在は国際連合の専門機関である国際海事機関が国際的な協定・条約のとりまとめを行っている。国際海事機関には世界の166カ国が加盟している。日本の場合、海難審判法、船舶の所有者等の責任の制限に関する法律などの法令として執行されている。海事法 フレッシュアイペディアより)

  • 北朝鮮人権問題

    北朝鮮人権問題から見た国際連合国際連合

    2005年12月16日には、国連総会本会議において「北朝鮮の人権状況」決議が採択された。欧州連合(EU)提案の決議案は、ジュネーヴの国連人権委員会(53か国)で2003年から3年連続で採択。しかし事態が改善されていないとして、2005年にEUは国連総会に提出。決議案はEUが策定、日本や米国などが共同提案国となった。人権問題を扱う総会第3委員会で11月に採択され、本会議に送られ賛成88、反対21、棄権60で採択された。北朝鮮人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • ジョイセフ

    ジョイセフから見た国際連合国際連合

    もとは外務省、厚生労働省所管の団体。公益法人改革で、内閣府所管となる/国連、IPPF(国際家族計画連盟)などの国際機関、日本のJICA、現地NGOや地域住民と連携し、アジア、アフリカ、中南米で、保健分野における人材養成、寄贈、プロジェクトを通した様々な支援を行っている。2011年3月11日の東日本大震災以降は、(社)日本助産師会、(社)日本家族計画協会とともに、被災地東北の女性・妊産婦支援を開始。ジョイセフ フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ海軍 (ドイツ連邦軍)

    ドイツ海軍 (ドイツ連邦軍)から見た国際連合国際連合

    冷戦末期の1987年にイラン・イラク戦争の余波により地中海へ艦艇を派遣し定期的に軍事行動を実施していた。初の海軍NATO域内派兵であったが加盟国間の共同防衛義務に基づく安全保障支援であった。東西再統一直後から国内では連邦軍の域外派遣について集中的な議論が始まった。これについては1990年8月2日のイラク軍のクウェート侵攻に端を発した湾岸危機とそれに引き続く湾岸戦争においてドイツ連邦軍の運用についての影響があった。これらの活動で統一間もないドイツ連邦海軍はかなりの分野で外国軍と関係していた。湾岸戦争にあってはドイツはアメリカ合衆国が連邦軍の派兵を求めたがドイツ連邦共和国基本法のほか、国際連合加盟後に形成されたNATO域外派兵に関する自主的規制に拘束され、戦争中には湾岸地域に軍隊を派遣せず総額172億独マルクの戦費を拠出し、トルコに空軍航空機を、地中海では出動した他の加盟国海軍の穴埋めで海軍が展開し(ズュートフランケ作戦)、戦後になってペルシャ湾に掃海艇を派遣したが、それでも日本と共に「小切手外交」と各国から激しく非難された。ドイツ海軍 (ドイツ連邦軍) フレッシュアイペディアより)

  • 蒋廷黻

    蒋廷黻から見た国際連合国際連合

    蒋 廷黻(しょう ていふつ)は、中華民国(台湾)の歴史学者・外交官・政治家。1930年代以降の国民政府において様々な外交活動に従事した人物で、国際連合首席代表を務めたことで知られる。また、中国近代史・外交史の大家でもある。字は綬章。筆名は清泉。蒋廷黻 フレッシュアイペディアより)

2285件中 31 - 40件表示

「国連」のニューストピックワード