2285件中 41 - 50件表示
  • 薬物乱用

    薬物乱用から見た国際連合国際連合

    1987年(昭和62年)に開催された国際麻薬会議において、その終了日(6月26日)を国際麻薬乱用撲滅デーとし、各国がこの宣言の趣旨を普及するよう促した。また、1998年(平成10年)の国連麻薬特別総会においては、「薬物乱用防止のための指導指針に関する宣言」(国連薬物乱用根絶宣言)が決議されている。薬物乱用 フレッシュアイペディアより)

  • 国際刑事裁判所の歴史

    国際刑事裁判所の歴史から見た国際連合国際連合

    国際刑事裁判所の設立構想は国際連合の創設にまで遡り、実は国連と同じ年月をかけて発展してきた。1998年7月17日、この構想は遂に実を結び、常設となる国際刑事裁判所 (ICC) を設立するための条約が、国連の外交会議で139カ国の賛同を得て採択された。この条約は4年後の2002年7月1日に発効し、2003年3月11日、史上初の国際刑事裁判所がオランダのハーグにて正式に発足した。国際刑事裁判所の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • コンビニDMZ

    コンビニDMZから見た国際連合国際連合

    独立派民兵の狙撃手。本名および階級不明。おしゃれスナイパーとは、雨宮が命名。コンビニのすぐ近くに潜伏し、コンビニに立ち寄った連邦軍、反乱軍の兵士を狙撃している。しかし、雨宮にハァトを逆に狙撃され、雨宮の気を引こうとおしゃれを始める。しかし、元々ファッションセンスがないのか、全く訳の分からない格好でコンビニに来店する。その後、雨宮にダサいと指摘され、ファッション誌「LEO」を参考におしゃれをする。服を入手するために、連邦軍、反乱軍だけでなく国連、NGOをも標的にし始める。そしてコンビニに行けないことに業を煮やした連邦軍がコンビニ周辺を砲撃。しかし、運よくコンビニに来店していたため、難を逃れる。コンビニDMZ フレッシュアイペディアより)

  • 中西正史

    中西正史から見た国際連合国際連合

    国際連合経済社会理事会広報局認可NGOであるInternational Shinto Foundationのオフィサー。国際連合宗教者NGO委員会、NGO法人国際連合軍縮委員会等の理事を務める。宗教学修士。三重県伊勢市出身。國學院大學神道文化学部教授である中西正幸は実父。中西正史 フレッシュアイペディアより)

  • 9月30日事件

    9月30日事件から見た国際連合国際連合

    事件の背景として、国軍と共産党の権力闘争、スカルノの経済政策の失敗にともなう国内混乱、マレーシアとの対立により国際連合脱退まで至った国際政治におけるインドネシアの孤立などがあった。この事件を契機として、東南アジア最大だったインドネシア共産党は壊滅し、初代大統領スカルノは失脚した。9月30日事件 フレッシュアイペディアより)

  • ダークウィスパー

    ダークウィスパーから見た国際連合国際連合

    ユーロユニオンのUNFCD(国連戦災処理軍)の組織。左記の通り国連の組織だが、作中では「ユーロユニオン」の組織と紹介されている。アメリカが消失し、軍事的に国連の実権を有するのがヨーロッパ連邦となった為と推測されるが、詳細は定かではない。ダークウィスパー フレッシュアイペディアより)

  • アブドゥル・ハリス・ナスティオン

    アブドゥル・ハリス・ナスティオンから見た国際連合国際連合

    すべての見通しが悪かった1948年だったが、1949年はインドネシアにとって風向きが良くなった。スルタン・ハメンクブウォノ9世の3月1日大攻勢宣言はインドネシアの全兵士に徹底抗戦を呼びかけるとともに、国際連合に働きかけて、オランダがインドネシアの独立を認めるよう国際世論の圧力をかけた。オランダは6月に戦闘を中止し、12月には停戦となった。ついにオランダはインドネシアの独立を認めた。ブキティンギの非常事態内閣は権限をスカルノ・ハッタに戻し、ナスティオンはスディルマンの副司令官の地位に戻った。アブドゥル・ハリス・ナスティオン フレッシュアイペディアより)

  • 阿部信泰

    阿部信泰から見た国際連合国際連合

    ウィーン国際機関日本国政府代表部大使、在サウジアラビア日本国大使、国際連合事務次長、在スイス日本国大使、在リヒテンシュタイン日本国大使などを歴任した。阿部信泰 フレッシュアイペディアより)

  • ロン・ポール

    ロン・ポールから見た国際連合国際連合

    外交政策に関しては、不介入主義者である。国際連合と北大西洋条約機構からの脱退を支持。「絡み合った同盟関係」を断つべきであると主張している。2011年2月15日の共同通信との会見では、日本は米軍依存をやめるべきであり、在日米軍基地の撤退を強く主張した。さらに同会見では、米軍基地の抑止力と言うのは虚構に過ぎないとして、民主党のデニス・クシニッチとともに在日米軍を「過去の遺物」と呼んだ。戦争をしなければならないのは国民を守らなければならない時だけであり、下院による宣戦布告なしでの開戦は許されないと主張している。イラク戦争に関しては、2002年の「イラクに対する兵力動員承認に関する法案」の下院での審議の際は徹底してイラクとの開戦に反対した。大統領になった暁には、イラクから即時に撤退すると表明している。ロン・ポール フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン・ラッセン

    クリスチャン・ラッセンから見た国際連合国際連合

    1983年:国際連合「クリーンオーシャンキャンペーン」のイメージアートとなる「サンクチュアリ」を制作クリスチャン・ラッセン フレッシュアイペディアより)

2285件中 41 - 50件表示

「国連」のニューストピックワード