2285件中 61 - 70件表示
  • 立川反戦ビラ配布事件

    立川反戦ビラ配布事件から見た国際連合国際連合

    国際連合自由権規約委員会は国際人権規約(B規約)に照らし懸念を表明している。立川反戦ビラ配布事件 フレッシュアイペディアより)

  • 二つの中国

    二つの中国から見た国際連合国際連合

    長年の間、二つの政府は中国唯一の正統政府の座をめぐって対立してきた。戦争終結から長期間が経過すると、主戦場は外交へと移った。1970年代以前は中華民国が国際連合を含む多くの国家に中国大陸と台湾を含む「中国」の正統かつ唯一の後継政府であると認識されていた。中華民国は国際連合設立当初の加盟国であり、中華人民共和国が正式な中国代表として認定される1971年まで安全保障理事会の五つの常任理事国の一つでもあった。建国後初期の中華人民共和国政府を正式な政府として承認した国は、東側諸国と非同盟諸国のほか、西側諸国ではイギリス(1950年)に限られた。1971年、国際連合総会は国際連合総会決議2758を採択し、蒋介石率いる中華民国の代表を中国の代表とみなすことをやめ、国際連合から追放した。この後、アメリカ合衆国を含むほとんどの国家が中華人民共和国を国家として承認した。中華民国はその後も中華人民共和国と中国の正統政府の座をめぐって対立していた。二つの中国 フレッシュアイペディアより)

  • 国際人権規約

    国際人権規約から見た国際連合国際連合

    国際連合憲章(1945年)は、前文において「基本的人権と人間の尊厳及び価値と男女……の同権とに関する信念をあらためて確認」するとし、第1条で「人種、性、言語または宗教による差別なくすべての者のために人権及び基本的自由を尊重するように助長奨励すること」を国際連合設立の目的の一つとした。その背景には、1930年代に登場したナチスドイツをはじめとする全体主義国家において、人権が抑圧されており、人権の国際的な保障の必要性が認識されたこと、連合国は大西洋憲章において、戦争目的として全ての人類の「恐怖及び欠乏からの解放」と「生命を全うすることを保障するような平和の確立」をうたっていたこと、西側諸国にとって経済活動の自由を保障する基盤を整備しておく必要があったことなどがあった。国際人権規約 フレッシュアイペディアより)

  • エリトリア解放戦線

    エリトリア解放戦線から見た国際連合国際連合

    国際連合の決議により、1952年にエチオピア帝国とエリトリアでは連邦制が布かれた。しかし、連邦制施行後、1955年の憲法においてエチオピアの公用語であるアムハラ語のみが政府の公用語として定められる、また翌1956年には教育現場でのティグリニャ語・アラビア語の使用が禁止されるなど「アムハラ化政策」の下でエリトリア人の権利が制限されていくに従ってエリトリアではエチオピア政府に反発する気運が生まれた。エリトリア解放戦線 フレッシュアイペディアより)

  • 国際治安支援部隊

    国際治安支援部隊から見た国際連合国際連合

    国際治安支援部隊(ISAF)は、NATOによる活動を国連が承認したもの。設立は、2001年12月20日の安保理決議1386号により、国連憲章第7章の発動の下で行われる軍事的強制措置、すなわち集団安全保障の実行措置として、憲章第43条の規定に基づいている。軍事的強制措置は、「安全保障理事会と加盟国の間の特別協定に従って提供される兵力・援助・便益」によって行われる。ISAFはこの措置に従い、2001年12月31日にアフガン暫定政府と軍事技術協定(Military Technical Agreement)を結んでおり、この協定はアフガン正統政府の発足後、2003年12月9日に再び調印されている。ただし、この協定はISAFとホスト国の間で交わされたものであり、国連とISAFの間で交わされたものではない。憲章第43条の規定は部分的にのみ履行されており、安保理・加盟国間の協定は成立していない。国際治安支援部隊 フレッシュアイペディアより)

  • 多国間主義

    多国間主義から見た国際連合国際連合

    国際連合や世界貿易機関、欧州安全保障協力機構など、ほとんどの国際機関では、その性格上、多国間主義になる。多国間主義の主な支持者は、伝統的に、カナダやオーストラリア、北欧諸国などの中堅国である。多国間主義 フレッシュアイペディアより)

  • 高須幸雄

    高須幸雄から見た国際連合国際連合

    高須 幸雄(たかす ゆきお、1946年(昭和21年)8月29日 - )は、日本の外交官。国際連合事務次長。 2007年から2010年まで国連大使。高須幸雄 フレッシュアイペディアより)

  • ニジェール軍事クーデター (2010年)

    ニジェール軍事クーデター (2010年)から見た国際連合国際連合

    特に、拘束されたママドゥ前大統領と閣僚たち、またママドゥの家族などの消息についてはあまり明らかにされていなかった。このうち、ママドゥ前大統領の消息に関しては、18日夜のテレビ声明にも登場したグコイェ・カリム大佐がBBCの取材に応じ、「我々は、ママドゥ氏が我々の先輩(兵士)であるというよしみから、彼の身柄を現在保護している。」と述べ、ママドゥの身の安全や健康を保証するという趣旨のことを述べているほか、軍事政権もママドゥ大統領がニアメ市内の軍の施設で拘束されていることを確認した、と公式に発表した。また2月21日には、軍事政権側の代表者が国連、アフリカ連合(AU)、ECOWASの3機関が派遣した代表者との四者協議の後で記者団に対し、「ママドゥ前大統領はニアメの大統領宮殿で拘束されている。」と述べたうえで、赤十字社がママドゥと連絡を取ることを許可されていることを明らかにしている。ニジェール軍事クーデター (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • セーブ・ザ・チルドレン

    セーブ・ザ・チルドレンから見た国際連合国際連合

    1924年 国際連盟が、子どもの権利宣言を採択。1959年の国際連合による同宣言批准および1989年の児童の権利に関する条約の礎 (いしずえ) となった。セーブ・ザ・チルドレン フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合カナダ政府常駐代表部

    国際連合カナダ政府常駐代表部から見た国際連合国際連合

    国際連合カナダ政府常駐代表部 (こくさいれんごうカナダせいふじょうちゅうだいひょうぶ、英語:Permanent Mission of Canada to the United Nations) は、国際連合本部におけるカナダ政府代表部である。国際連合カナダ政府常駐代表部 フレッシュアイペディアより)

2285件中 61 - 70件表示

「国連」のニューストピックワード