2285件中 81 - 90件表示
  • ゴースト・スカッド

    ゴースト・スカッドから見た国際連合国際連合

    主題は、『特殊部隊』で、主人公は、国連組織の擁する極秘精鋭特殊部隊の隊員となり、様々な任務をこなすことにある。その為、登場するイベントも『人質救出』、『爆弾解体』、『戦術格闘』、『狙撃』、『ステルス(忍び込み)』等といった『特殊作戦』をメインとしている。ガンコントローラー(ガンコン)は、サブマシンガン型(自動小銃に近い方)を採用。また、通称(略称)は、『ゴスカ』、『ゴースカ』、タイトルの頭文字から取った『GS』である。ゴースト・スカッド フレッシュアイペディアより)

  • アムネスティ・インターナショナル

    アムネスティ・インターナショナルから見た国際連合国際連合

    アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)は、国際連合との協議資格をもつ、国際的影響力の大きい非政府組織(NGO)である。国際法に則って、死刑の廃止、人権擁護、難民救済など良心の囚人を救済、支援する活動を行っている。和名は「国際人権救援機構」。アムネスティ・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • 欧州合同軍

    欧州合同軍から見た国際連合国際連合

    国際連合または欧州安全保障協力機構における平和維持任務。欧州合同軍 フレッシュアイペディアより)

  • 辛善虎

    辛善虎から見た国連国際連合

    2000年-2003年 国連次席大使を務める。辛善虎 フレッシュアイペディアより)

  • HOME FRONT (ゲーム)

    HOME FRONT (ゲーム)から見た国際連合国際連合

    2011:北朝鮮が核実験により国連より制裁措置を受ける。HOME FRONT (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 連合国 (第二次世界大戦)

    連合国 (第二次世界大戦)から見た国際連合国際連合

    現在の国際連合 (United Nations) は、この連合国が中心となって作られた国際機関であり、特に中心となったアメリカ・イギリス・ソビエト連邦・フランス・中華民国は、国際連合憲章によって安全保障理事会における「常任理事国」の地位が与えられ、拒否権などの特権を有する(なおその後、中華民国の常任理事国としての地位は、同国と対立する中華人民共和国がその地位を継承した。ソ連解体後はロシアが常任理事国を引き継いでいる)。連合国 (第二次世界大戦) フレッシュアイペディアより)

  • ハフマン島

    ハフマン島から見た国際連合国際連合

    1995年 太平洋上、南緯12度西経91度付近で新島隆起が始まる。国連、観測を開始。ハフマン島 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽の黙示録

    太陽の黙示録から見た国際連合国際連合

    2002年に発生した日本大震災によって本州が近畿地方〜北陸地方に位置する日本列島大断層を境に分裂した。南関東、東海地方、近畿は水没、九州地方、四国地方も二分された。その後、震災復興支援においてそれぞれ軍を派兵させていた米中両国による「分割復興決議案」が国連で採択され、日本は南日本地域(サウスエリア:アメリカ合衆国管理下)と北日本地域(ノースエリア:中華人民共和国管理下)に分割され、その後の日本政府分裂に伴い日本は事実上の分断国家となった。日米中三国による復興委員会も北日本は中国主導、南日本はアメリカ主導で再編され、それぞれ本国の意向を反映させた復興政策を行い南北日本政府は米中の傀儡政権と化してゆく。自衛隊の場合は陸上自衛隊が南北に分割された反面、米軍とつながりの深い海上自衛隊、航空自衛隊は全部隊が南日本に帰属。また在日米軍は三沢飛行場・横田飛行場・横須賀海軍施設・厚木飛行場・キャンプ座間など北日本領内の基地からは撤退している。南北間の往来は当初は自由に行われたものの米中の対立や治安の悪化などを理由に次第に規制され(渡航許可証→ビザ・パスポート)、両政府により相互承認された分離独立の動きが進むにつれ統一を求める声が強まってゆく。太陽の黙示録 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田廉三

    沢田廉三から見た国際連合国際連合

    第二次世界大戦後は、GHQによる公職追放を経て、初代国連大使として国際連合本部があるニューヨークへ赴任、枢軸国の一員として戦い敗戦国となった日本の国連加盟実現に向け尽力した(当時はオブサーバ扱い)。なお部下だった西堀正弘(のち国連大使)は、澤田が加盟の日に備え自室で(議場での)演説練習を行っているのを漏れ聞いているが、在任中には加盟を実現させることはできなかった。だが素地をつくり、後任の加瀬俊一が在任時の1956年冬に国連加盟が実現し、外相の重光葵(先輩・上司にあたる)が議場演説した。沢田廉三 フレッシュアイペディアより)

  • 平和条約

    平和条約から見た国際連合国際連合

    第二次世界大戦後に国際連合が設立されると、国連は、国際紛争を解決するためのフォーラムという役割を模索し、しばしば和平プロセスおよび平和条約締結の場として役立った。国連が作る数々の国際条約や、国連加盟国に課せられた戦時における行為を制限し管理すべきという義務は、各国が全面戦争を行うという考えを抑制してきたといえる。しかしこれは、公式な宣戦布告が多くの場合受け容れられず、それゆえ戦争の終わりにあるべき平和条約も作られないことも意味する。朝鮮戦争はその例で、休戦協定により中断されているが、講和条約による終わりを迎えていない戦争である。平和条約 フレッシュアイペディアより)

2285件中 81 - 90件表示

「国連」のニューストピックワード