前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
150件中 1 - 10件表示
  • 政治

    政治から見た国防国防

    次に政治の規範的問題に移れば、多種多様な政治イデオロギーがこの問題に応答している。政治イデオロギーとは後述するようにさまざまな問題に対する政治的態度を指導する観念の体系であり、代表的なものに自由主義や保守主義、社会主義などがある。また個別的な問題に対するフェミニズムや環境保護主義があり、さらに宗教原理主義までをも含めればさらに政治的態度の種類は多様なものだと認められる。これらの思想や態度が主要な論点としている規範の問題は人間本性や社会の自然なあり方、そして自由や平等、さらには幸福や正義などの理念を踏まえた上での統治者の権力、被治者の権利などに及んでいる。こうした議論が現実の政治秩序を理論的に基礎付けており、憲法、外交、選挙、基本的人権、市場、社会福祉、義務教育、国防などの在り方を示している。政治 フレッシュアイペディアより)

  • 葛城奈海

    葛城奈海から見た国防国防

    日本国憲法第9条を改正して自衛隊を国軍にすべきとしている。また、国防の義務を憲法に盛り込むべきとし、3カ月程度の訓練を男女に関係なく、成人への通過儀礼として導入した方が良いと述べている。葛城奈海 フレッシュアイペディアより)

  • 広末晃敏

    広末晃敏から見た国防国防

    1980年代以降の中学から高校時代には、「人はいかに生きるべきか(生きる目的)」という問題で苦悩する。科学技術の発達が究極的には人間を一切の労働から解放し、人は寝ているだけの存在となったらどうなるのかという想像をし、享楽の果てに滅亡したローマ帝国を知って以降は、人間が肉体的欲望だけを満足させるだけの自堕落な生物になり下がるのではないかと恐怖する。同時期に本でナチスドイツが優生保護政策の過程で、自国の身体障害者や精神障害者の抹殺や断種手術という人権侵害を行っていた事実を知り、その蛮行にショックを受けたものの、一方でナチスに向かって明白に反論するだけの言葉すら持たない自分に失望し、2度ショックを受ける。さらに第一次大戦の実話に基づいた小説『ジョニーは戦場へ行った』は広末にさらに追い打ちをかけるようにショックを与える。ジョニーは戦場で重傷を負ったため、両手両足を失い、目、鼻、耳、口のすべてを失う。しかしその状態で研究目的で包帯でぐるぐる巻きにされ医師らによってベッド上で生かされる。自殺もできずベッドの上で苦しみ、ただ過去の思い出に浸り続けるだけの毎日を送っている。そこにジョニーを看護していた一人の看護師が疑問を感じ、頭を振ってモールス信号で殺してくれと訴えるジョニーに同情し延命装置を止めようと試みるが、医師らによって阻止される。その後のジョニーは殺してほしいと心で叫びながら生き続けなければならなくなる。この話を知り、看護師に共感を覚えた自分が「どんなに辛くても生きろ、生きる意味があるんだ」と語る言葉を持っていなかったこと、結果としてナチスと一緒だ、と考え強いショックを受ける。この考えを推し進めるうちに、自分の五感や意識を満足させるだけの目的で人生を送ることが、空しく感じられるようになるに至る。さらには、死んでしまうもろい自己を超越した崇高で広大なもののために人生を捧げるべきとの気持ちが生じてくる。それが、「国家」であった。幼少期から日本的なものを好み、日本文化や日本の歴史、天皇に対し人一倍強い関心と興味を抱いており、日の丸や君が代に純粋に感動し、部屋に日の丸も掲揚していたほどであった。このころより国防に従事したいと考えるに至る。原爆や北方領土の問題、シベリア抑留など戦争の悲劇を無くすためには、日本の軍事力の増強しかないと思いつめ、人生を捧げようと独自の勉強を開始。『軍事研究』という雑誌を購読したほか、軍事、国防、国家安全保障に関する書物を買ったり図書館から借り読み漁る。高校2年生のときに、国会で防衛費の削減が論じられた際には、防衛費削減反対と国防の必要性について訴える文章を読売新聞に投書し、投書欄に掲載される。兵士になるべく、筋トレ、ジョギングに励みクラス中で懸垂では最強の体力を付ける。このため、中学・高校時代は、友達から「右翼」、「青年将校」などと呼ばれ、一部の教師からは変人扱いされた。広末晃敏 フレッシュアイペディアより)

  • 新冷戦

    新冷戦から見た国防国防

    2010年2月5日、メドヴェージェフ大統領が、2020年までの国防方針となる新軍事ドクトリンを承認した。「核戦争の回避」を最重要課題としているものの、核兵器をロシアの国防の中核と位置づけることに変化はなく、NATOの東方拡大およびアメリカのミサイル防衛を軍事的脅威とし、アメリカを牽制する内容となっている。新冷戦 フレッシュアイペディアより)

  • 文民統制

    文民統制から見た国防国防

    シビリアンコントロールにおいては、職業的軍事組織は軍事アドバイスを行い、これを受けて国民の代表が総合的見地から判断・決定を行い、その決定を軍事組織が実施するということが原則となる。国防・安全保障政策の基本的判断や決定は、選挙で選出された国民の代表が行う。これは、彼らが軍人や文官官僚より優秀ということではなく、国民の代表という正当性を体現するからである。そして、何よりも国民の代表は、国民に対し説明責任を持ち、したがって、国民は、彼らの決定に不服があれば、選挙を通じて彼らを排除出来るからである。文民統制 フレッシュアイペディアより)

  • 中華民国

    中華民国から見た国防国防

    1949年以降の中華人民共和国との軍事的対立を背景として、中華民国の軍事施設には自国製のみならずフランス製やアメリカ製の最新鋭の兵器、軍用機、軍用船が装備されている。だが、中華民国の国防関係予算が2015年度を基準として過去20年間ほぼ横ばいの増減となっている一方、中華民国と敵対する中華人民共和国が継続的に高い水準で国防費を増加させており、政府は特別予算を組むなどして対応している。将来的には総兵力を27万5000人から21万5000人まで削減し、兵士の専門性を高める予定でいる。女性兵士の割合は7.7%で、女性軍人は約1万5000人となっている。上限は8%だが、将来的には女性定員枠を拡大する方針を明らかにしている。中華民国 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国防論

    日本国防論から見た国防国防

    「日本国防論」(にほんこくぼうろん)とはドイツ帝国の軍人クレメンス・ウィルヘルム・ヤコブ・メッケルによって書かれた、日本の国防問題に関する論文である。原剛は本書の執筆時期を1889年1月から3月ごろと推定している。なおこれとは別に、同時代的には民友社の『日本国防論』が有名であった。日本国防論 フレッシュアイペディアより)

  • 国家防衛

    国家防衛から見た国防国防

    国家防衛 フレッシュアイペディアより)

  • 木曜会 (日本陸軍)

    木曜会 (日本陸軍)から見た国防国防

    木曜会(もくようかい)は、1927年(昭和2年)から1929年(昭和4年)にかけて存在した、大日本帝国陸軍の若手の中央幕僚による会合、小グループ。少壮の陸軍幕僚が内々に集まり、陸軍の装備や国防の指針など軍事にかかわるさまざまな問題を研究し、議論・検討することを目的とした少人数の集団。構成員は18人前後で、永田鉄山らの二葉会にならって結成された。無名会(むめいかい)と称することもあった。木曜会 (日本陸軍) フレッシュアイペディアより)

  • 等電位化

    等電位化から見た国防国防

    等電位化はもともと雷対策のために生まれたものではなく、国防上重要な通信施設を核爆発により生じる電磁パルス (EMP) から保護するために、東西冷戦時代、各国で国家戦略として研究されたものの結果である。はじめに問題となったのは1954年に米国がビキニ環礁で行った水爆実験で、ハワイの電力設備に障害が発生したことであった。現在、国際標準化されているものは、スイスをはじめとする3国が最初に国際電気通信連合 (ITU) に提案したものがベースとなっている。日本は提案することはなかった。等電位化 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
150件中 1 - 10件表示

「国防・安全保障」のニューストピックワード