前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
105件中 1 - 10件表示
  • 政治

    政治から見た国防国防

    次に政治の規範的問題に移れば、多種多様な政治イデオロギーがこの問題に応答している。政治イデオロギーとは後述するようにさまざまな問題に対する政治的態度を指導する観念の体系であり、代表的なものに自由主義や保守主義、社会主義などがある。また個別的な問題に対するフェミニズムや環境保護主義があり、さらに宗教原理主義までをも含めればさらに政治的態度の種類は多様なものだと認められる。これらの思想や態度が主要な論点としている規範の問題は人間本性や社会の自然なあり方、そして自由や平等、さらには幸福や正義などの理念を踏まえた上での統治者の権力、被治者の権利などに及んでいる。こうした議論が現実の政治秩序を理論的に基礎付けており、憲法、外交、選挙、基本的人権、市場、社会福祉、義務教育、国防などの在り方を示している。政治 フレッシュアイペディアより)

  • 栗栖弘臣

    栗栖弘臣から見た国防国防

    1978年7月、「週刊ポスト」誌上で「現行の自衛隊法には穴があり、奇襲侵略を受けた場合、首相の防衛出動命令が出るまで動けない。第一線部隊指揮官が超法規的行動に出ることはありえる」と有事法制の早期整備を促す“超法規発言”を行う。これが政治問題化し、記者会見でも信念を譲らず、同様の発言を繰り返したため、文民統制の観点から不適切として、時の防衛庁長官・金丸信に事実上解任された。が、福田赳夫首相が閣議で有事立法・有事法制の研究促進と民間防衛体制の検討を防衛庁に指示。国防論議のタブーが破られ、以後多くの国防論議が巻き起こるきっかけとなった。栗栖弘臣 フレッシュアイペディアより)

  • 平和

    平和から見た国防国防

    日本国は平和憲法により、武力による国際紛争の解決を放棄しているが、自国の防衛までもは放棄しておらず、自衛隊を組織して国防の任務に当てている。戦後の日本では、軍国主義に対する反動から、一種の理想論である非武装平和思想が生まれ、教育機関や市民運動によって推進されてきた。しかし、連合国占領下の戦後混乱期の日本では治安が乱れ、北方領土および竹島は容易に侵略された。日本は、米軍の駐留を受け入れるとともに、自衛隊を組織することで安全保障を行っている。日本は海と言う障壁に守られているものの、米中露といった軍事大国に囲まれ、日本国内で国家犯罪を起こしてきた北朝鮮、竹島を収奪した韓国の存在もあり、国際紛争の火種を包含している地域である。自衛隊は常時対領空侵犯措置や海上警備行動に備え、そして任務を遂行し、日本を防衛している。さらに日米同盟の存在も強力な抑止力となっている。アメリカは、日本国内にアメリカ海兵隊やアメリカ空軍を駐留させ、アメリカ海軍第7艦隊は横須賀を事実上の母港と活動している。平和 フレッシュアイペディアより)

  • 中華民国

    中華民国から見た国防国防

    1949年以降の中華人民共和国との軍事的対立を背景として、中華民国の軍事施設には自国製のみならずフランス製やアメリカ製の最新鋭の兵器、軍用機、軍用船が装備されており、2005年度の国防関係予算は国家予算全体の約15%に相当する2453億元(約7400億円)となっているが、では国防関係予算の削減が行われており、政府は特別予算を組むなどして対応している。将来的には総兵力を27万5000人から21万5000人まで削減予定。女性兵士の割合は7.7%で、女性軍人は約1万5000人となっている。上限は8%だが、将来的には女性定員枠を拡大する方針を明らかにしている。中華民国 フレッシュアイペディアより)

  • 海軍戦略 (マハン)

    海軍戦略 (マハン)から見た国防国防

    海軍は通商保護のために敵の艦隊を撃破することで制海権を確保し、海上交通路を保全しながら国防を達成するための原則が示されている。その原則とは目標を単純化かつ明確化する目標の原則、決定的地点に戦力を集中する集中の原則、戦術的に海上作戦は攻勢作戦を採用する攻撃の原則とされている。海軍戦略 (マハン) フレッシュアイペディアより)

  • 防御 (戦術論)

    防御 (戦術論)から見た国防国防

    最も一般的な意味において、防御とは我の住民、財産、領域に対する敵の攻撃を排除するための戦闘行動を言う。厳密に区別すると、一般的に防御と呼ばれるものであっても、戦略や国際法においては国防(national defense)、作戦術においては防勢作戦(defensive operations)と呼ぶ。ここでは戦術学における特定の戦闘行動の方法を指して用いられる防御について述べる。防御は戦術的に次のような目的を達成するために実施される。防御を行うことにより、敵の攻勢作戦を妨げ、時間的な猶予を獲得し、ある地域への接近を拒否し、攻撃力を減退させる効果が見込める。そのために攻撃と比較して防御は全般的には優位であるという学説がカール・フォン・クラウゼヴィッツによって示されている。彼の見解によれば、防御では地理的な条件を改善することによって、同等の兵員や装備の条件であっても、攻撃を実施するよりも有利に戦うことができると論じられている。しかし、防御では戦いの主導権や緊要地形の確保、敵部隊の撃滅などの攻撃の戦果を得ることができない。防御から攻撃への転換である逆襲(counter attack)とはこのような防御の欠点を補うために実施される攻撃である。防御 (戦術論) フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・マップ

    ウェイン・マップから見た国防国防

    専門は外交、安全保障、国防、通商交渉、移民問題など多岐に渡る。ウェイン・マップ フレッシュアイペディアより)

  • 日本国防論

    日本国防論から見た国防国防

    「日本国防論」(にほんこくぼうろん)とはドイツ帝国の軍人クレメンス・ウィルヘルム・ヤコブ・メッケルによって書かれた、日本の国防問題に関する論文である。原剛は本書の執筆時期を1889年1月から3月ごろと推定している。なおこれとは別に、同時代的には民友社の『日本国防論』が有名であった。日本国防論 フレッシュアイペディアより)

  • ザンジバル革命政府

    ザンジバル革命政府から見た国防国防

    連合共和国結成後もザンジバルには広範な自治権が認められ、外交・国防・通貨といった連合全体に関わる事項以外は、引き続きザンジバル革命政府が担うことになり、現在に至っている。ザンジバル革命政府 フレッシュアイペディアより)

  • 国家防衛

    国家防衛から見た国防国防

    国家防衛 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
105件中 1 - 10件表示

「国防・安全保障」のニューストピックワード