150件中 91 - 100件表示
  • アメリカ合衆国国防長官

    アメリカ合衆国国防長官から見た国防国防

    アメリカ合衆国国防長官(アメリカがっしゅうこくこくぼうちょうかん、)は、アメリカ合衆国の連邦政府において国防政策を担当し、国防総省の長としてアメリカ軍(陸・海・空軍・海兵隊)及び州兵を統括する行政府の長官である。日本における防衛大臣に相当する。アメリカ合衆国国防長官 フレッシュアイペディアより)

  • 自由連合 (国家間関係)

    自由連合 (国家間関係)から見た国防国防

    パラオ・マーシャル諸島・ミクロネシア連邦はそれぞれアメリカと自由連合盟約を締結しており、三国の国防をアメリカ軍が担う他、外交権の一部を米国が期限付きで有する。パラオ・マーシャル諸島・ミクロネシア連邦は国際連合加盟国であり、クック諸島・ニウエと比べるとより独立した国家とみなされている。ただし、盟約によって軍事・外交権を他国に委ねた状態が独立国と呼べるかは議論がある。自由連合 (国家間関係) フレッシュアイペディアより)

  • 坂田道太

    坂田道太から見た国防国防

    防衛庁長官に就任したものの、坂田は文教族であったため、安全保障政策はほぼ素人同然であった。しかし佐瀬昌盛によれば、素人のため逆に防衛問題を積極的に学ぶこととなり、専門家の意見に耳を傾け、数々の施策を講じた。例えば「国防の議論は国民的な支持、納得を得られるものでなくてはならない」として、民間人からなる有識者懇談会「防衛を考える会」を設置、久保卓也防衛事務次官と共に、「防衛計画の大綱(防衛大綱)」を策定、防衛力整備の考えとして「基盤的防衛力」構想を根幹に置く路線を決定した。坂田道太 フレッシュアイペディアより)

  • 資源局

    資源局から見た国防国防

    1926年(昭和元年)になると帝国議会では国防論議が高まりを見せた。資源局 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国の国際関係

    大韓民国の国際関係から見た国防国防

    積極的な多辺外交を志向し、中立路線を標榜している国家との外交関係樹立を目標にした。 アメリカは軍事クーデターにより政権を奪取した朴正煕に対して当初は懐疑的だったが、大韓民国国軍のベトナム派兵が実行されて以降は、一転して融和的な態度で接するようになった。アメリカがニクソン・ドクトリンによって、在韓米軍の規模を縮小して以降は、韓国は自主国防の為に、対米一辺倒から脱皮するべく試行錯誤を繰りかえすこととなった。韓国は、 1971年から非敵性共産国家との通商関係許容を宣言し、ハルシュタイン原則を全面的に廃止した。大韓民国の国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • コモンウェルス

    コモンウェルスから見た国防国防

    CISは加盟国が経済・国防・外交で協力する為の会合の場として形成された。コモンウェルス フレッシュアイペディアより)

  • 新保守主義 (アメリカ合衆国)

    新保守主義 (アメリカ合衆国)から見た国防国防

    ネオコンを支えているのは共和党の親イスラエル(シオニズム)政策を支持するアメリカ国内在住のユダヤ(イスラエル)・ロビーである。アメリカのユダヤ系市民はアメリカの総人口3億人に対して600万人に満たないが、その内富裕層の割合が多くアメリカの国防・安全保障政策に深く関わっている。歴史的に数多くの差別を受けてきた経緯からかつてはリベラル派の民主党支持者が多かったが、民主党のビル・クリントン政権が進めた中東政策に対する不満から、共和党に鞍替えしている有権者が多い。共和党の掲げる中東の民主化政策が結果的にはイスラエルを利することになるからである。また、同時にイスラエルの右派政党リクードも共和党と利害が一致しているため手を結ぶことが多い。このような経緯から、2001年に登場した共和党ジョージ・W・ブッシュ政権には数多くのネオコンが参入しており、同時多発テロ以降の強硬政策を推し進めた。新保守主義 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • 浜田靖一

    浜田靖一から見た国防国防

    これまでに防衛政務次官や防衛庁副長官、防衛大臣、党国防部会長を歴任した「新国防族」議員の一人。第1次小泉第1次改造内閣では、外交・安全保障の政策通で知られ、同じ新国防族に分類される石破茂防衛庁長官の下で副長官を務めた。浜田靖一 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た国防国防

    社会主義は共産主義の初級段階であるため、中華人民共和国の政権政党として、党規約に基づいて、国防及び科学、工業及び農業技術の現代化を実現し、国を富ませ強くし、民主的かつ文明的な国を建設することで共産主義の実現を目指している。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • カナダ軍

    カナダ軍から見た国防国防

    カナダは北アメリカ大陸北部を領有し、冷戦期にはアメリカ合衆国とソビエト連邦の間に挟まれる軍事的な緊張地帯に位置していた。カナダ軍は本部を首都のオンタリオ州オタワに置き、カナダの国防を達成するために安全保障と自主独立を追求し、必要に応じては災害派遣や民生支援などの活動を行うことを基本的な任務としている。カナダ軍は全軍合わせて、正規軍約62,000人の兵力を有する。現在は志願制となっている。予備役は約25,000人。カナダ軍 フレッシュアイペディアより)

150件中 91 - 100件表示

「国防・安全保障」のニューストピックワード

  • 自衛艦旗は日本の誇り、絶対降ろさない

  • 宣言は、世界的な冷戦構造崩壊を受け、日韓関係においても、冷戦的な対立構造から脱する出発点を作った

  • 海上自衛官にとって自衛艦旗は誇り。