105件中 11 - 20件表示
  • 中華人民共和国国防教育法

    中華人民共和国国防教育法から見た国防国防

    中華人民共和国国防教育法(ちゅうかじんみんきょうわこくこくぼうきょういくほう)とは中華人民共和国の国防・愛国主義教育を制度化した法律。中華人民共和国国防教育法 フレッシュアイペディアより)

  • 政権

    政権から見た国防国防

    議会制民主主義の下では、国民が各政党の掲げる政策をもとに選挙によって政権を選択するので、広義には、政権獲得時に選挙で掲げた政策を実行する能力のことを意味する。狭義には、国民生活に支障を及ぼすことなく、無政府状態にならない程度に最低限の治安維持、国防を遂行する能力ことであるといえる。政権 フレッシュアイペディアより)

  • 陸戦研究

    陸戦研究から見た国防国防

    主として過去の戦史、諸外国の国防政策および部隊の教育・訓練に関する論文や翻訳、語学コーナー、図上演習等が掲載されている。読者が限定されていることから各種の部隊行動など自衛隊内のことについても当事者が論文(所感文)を執筆していることが多い。陸戦研究 フレッシュアイペディアより)

  • カイザー=フレーザー

    カイザー=フレーザーから見た国防国防

    1963年に会社名をカイザー=ジープ・コーポレーション(Kaiser-Jeep)に変更。1969年には、カイザー・インダストリーズは自動車産業から撤退することを決断。1970年、カイザー=ジープ・コーポレーションはアメリカン・モーターズ・コーポレーション(AMC)に売却され、AMCはジープ生産を継続した。売却時点で、カイザーはAMCの株式の22%を取得したが、のちに手放している。カイザー=ジープの資産には1964年にスチュードベーカーが自動車産業から撤退した際にカイザーが購入したゼネラル・プロダクション部門(軍需部門)も含まれていた。AMCがルノー傘下となったのちの1982年、国防上の理由から、軍需部門はAMゼネラル社として分離独立した。AMゼネラルは2008年現在も操業を続けており、ハマー H1の製造メーカーとして一般的に知名度を維持している。カイザー=フレーザー フレッシュアイペディアより)

  • 李斗益

    李斗益から見た国防国防

    1920年11月16日に咸鏡北道甲山郡生まれ。(一説には中国の吉林省延吉市生まれ。)1937年6月に東北抗日聯軍に加入し金日成ら共に行動する。1938年8月に中国共産主義青年団に加入する。1940年頃、中国東北部(旧満州)で抗日運動を行う。1945年に日本の敗戦により朝鮮が解放され帰国する。1948年8月に朝鮮人民軍に入隊し中隊長、大隊長となる。1950年から1953年まで朝鮮戦争に従軍する。朝鮮戦争後、ソ連に留学する。1956年6月に第24師団長になる。1962年2月に第9師団長になる。同月に朝鮮人民軍少将になる。1962年10月から1998年まで最高人民会議の代議員を務める。1963年5月に民族保衛省(国防省)特殊作戦局局長になる。同月に朝鮮人民軍中将になる。1962年8月に第7軍団軍団長になる。1968年6月に第2集団軍司令官になる。1970年11月に朝鮮労働党の第4回党大会で党中央委員になる。1972年5月に第3集団軍司令官になる。1973年5月に朝鮮人民軍上将になる。1976年4月第2軍団軍団長になる。1980年に第4軍団軍団長になる。1980年10月朝鮮労働党の第5回党大会で党中央委員になる、党中央軍事委委員会委員になる。1985年4月に朝鮮人民軍大将になる。1988年5月に平壌ー開城間の高速道路の建設責任者になる。1992年4月に朝鮮人民軍次帥になる。2002年3月13日に病気で死去。李斗益 フレッシュアイペディアより)

  • 四つの近代化

    四つの近代化から見た国防国防

    四つの近代化(よっつのきんだいか、中:、)は、中国で策定された国家計画。20世紀末までに、国全体で、工業、農業、国防、科学技術の四つの分野で近代化を達成することを目標とした。四つの近代化 フレッシュアイペディアより)

  • 木曜会 (日本陸軍)

    木曜会 (日本陸軍)から見た国防国防

    木曜会(もくようかい)は、1927年(昭和2年)から1929年(昭和4年)にかけて存在した、大日本帝国陸軍の若手の中央幕僚による会合、小グループ。少壮の陸軍幕僚が内々に集まり、陸軍の装備や国防の指針など軍事にかかわるさまざまな問題を研究し、議論・検討することを目的とした少人数の集団。構成員は18人前後で、永田鉄山らの二葉会にならって結成された。無名会(むめいかい)と称することもあった。木曜会 (日本陸軍) フレッシュアイペディアより)

  • 樺太民政署

    樺太民政署から見た国防国防

    明治40年(1907年)3月14日、国防上の問題から樺太庁が設置されたことにより発展的解消を遂げた。樺太民政署 フレッシュアイペディアより)

  • 海上公安局

    海上公安局から見た国防国防

    運輸省の外局で非軍事組織である海上保安庁の組織・装備及び人員を、総理府の外局で国防組織である保安庁へ移管の上「海上公安局」として設置させるという政府の方針の下、実際にそのための法律(海上公安局法など)も成立し1952年(昭和27年)7月31日に公布された。海上公安局 フレッシュアイペディアより)

  • G315国道

    G315国道から見た国防国防

    left|80pxG315国道(G315こくどう/国道315線、G315線)別名西莎公路(せいさこうろ)、青新公路(せいしんこうろ)は中華人民共和国の青海省西寧市から新疆ウイグル自治区(東トルキスタン)カシュガル地区カシュガル市を結ぶ全長3063kmの中国の国道である。青海省と新疆ウイグル自治区の二つの省(自治区)を通る。そのうち青海省内は1272.39kmである。国防の為の主要な道路であり、1981年11月30日に国家幹線公路となった。G315国道 フレッシュアイペディアより)

105件中 11 - 20件表示

「国防・安全保障」のニューストピックワード