105件中 31 - 40件表示
  • 民間防衛

    民間防衛から見た国防国防

    徹底的な武装中立を志すスイスでは、1969年(ちなみにチェコ事件の翌年である)に、当時の冷戦の高まりを受け、スイス政府がタイトルそのままの冊子『民間防衛』を各家庭に260万部発行・無償で配布した歴史がある。この冊子の存在は、スイスの国防意識の高さを如実に表すエピソードの一つとして、非常に有名である。発行元は民間防衛 フレッシュアイペディアより)

  • 兵部省

    兵部省から見た国防国防

    兵部省(ひょうぶしょう、つわもののつかさ)はかつて日本にあった軍政(国防)を司る行政機関。兵部省 フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・レオタール

    フランソワ・レオタールから見た国防国防

    1986年文化相として入閣する。なお、この時のシラク内閣は、第一次コアビタシオンに当たり、シラク首相自身はレオタールを国防相に任命しようとしたが、外交と国防を大統領の専管事項と主張したミッテラン大統領の反対にあって果たせなかった。文化相時代に公共放送局であったTF1の民営化を担当した。1993年エドゥアール・バラデュール内閣の国防相に就任。1995年のフランス大統領選挙ではバラデュール陣営に加わった。この大統領選挙では保守陣営がシラク派とバラデュール派に分裂したが、選挙でシラクが勝利したため、選挙後成立したアラン・ジュペ内閣では国防相から外された。1996年フランス民主連合総裁選挙に立候補し、UDFの分裂を阻止する。2001年国連のマケドニア平和維持活動に参加した後、政界を引退した。フランソワ・レオタール フレッシュアイペディアより)

  • 財政

    財政から見た国防国防

    財政は、その活動により市場を通じては供給が過少になりがちな公共財を必要量供給できる。公共財にはインフラストラクチャーや学校教育、国防などがある。財政 フレッシュアイペディアより)

  • 媚中

    媚中から見た国防国防

    この言葉の由来は、過去に中国特派員を務めた経緯がある産経新聞の古森義久が瀋陽総領事館北朝鮮人亡命者駆け込み事件(「ハンミちゃん事件」と呼ばれるという)の際に用いたことをきっかけに、インターネットや保守系文化人などの間で広まりだし、中国に親近感を持つ親中派の政治家、言論人、外交官の中でも、とりわけ過剰なまでの贖罪意識を持ち出し、国防、国益を度外視していると考えられる対中迎合姿勢の激しい人物に対し、軽蔑もしくは抗議の意味で使用されている。SAPIO2002年6月12日号で古森は、当時、中国大使だった阿南惟茂の亡命者締め出し、国家主権侵害への危機感の欠如などを激しく糾弾しこのように断じた。中国政府に対するマスメディアの書籍に本格的に登場したのは中国各地で2005年の中国における反日デモが発生し反中世論が日本に醸成された頃である。媚中 フレッシュアイペディアより)

  • 無政府資本主義

    無政府資本主義から見た国防国防

    無政府資本主義では個人の自由と資本主義市場経済システムが尊重される。リバタリアニズムには政府の役割は最低限に限定されるべきで、国防・司法・治安維持に限られるべきとするミナーキズムがあるが(夜警国家論)、さらにこの論を進めた無政府資本主義では、ハンス・ヘルマン・ホッペのように政府の行う社会福祉や国防・治安維持、司法に至るまで市場経済に任せることが可能であるとする。これらの機能は政府により独占的に供給されてきたが、政府が税収を基にこれらのサービスを供給するよりも、市場による供給に委ねた方が効率的に行うことができる、とする。政府の廃止論や、政府によるサービスの全廃論ではなく、政府によるサービス部門の徹底的な民営化論である。無政府資本主義 フレッシュアイペディアより)

  • 制空

    制空から見た国防国防

    制空権の確保は勝利を意味する。なぜなら制空を完成すればあらゆる陸上・海上の軍事作戦を支援する根拠地や政経中枢を破壊できるため、敵は政治的にも講和を飲まざるを得なくなる。つまり適当な国防を実施するには、戦争が勃発すると同時に制空を得ることが必須であり、つまり平時から効果的な制空の手段を準備する必要が出る。制空 フレッシュアイペディアより)

  • スリランカ海軍

    スリランカ海軍から見た国防国防

    スリランカ海軍()は、スリランカの海軍。スリランカは四方を海に囲まれた島国であり、スリランカ軍において海軍は国防と国益の保護のために重要なポジションを占める。スリランカ海軍 フレッシュアイペディアより)

  • 動員戡乱時期臨時条款

    動員戡乱時期臨時条款から見た国防国防

    当初、この臨時条款の効力は2年間とされていた。しかし、中国国民党は国共内戦に敗北し、台湾に逃れた。その後も、臨時条項は台湾で施行され続け、1991年に廃止されるまで5回の修正を重ねた。結果的に、臨時条款は、本来は一時的にしか許されない戒厳令という国家緊急権の長期的施行を可能とした。本来は五院の調整役である総統には、国防・治安などの権限が極度に集中し、総統による独裁政治を可能とした。また、令状なしでの逮捕が認められたため、深刻な人権侵害をもたらした。動員戡乱時期臨時条款 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦国防省

    連邦国防省から見た国防国防

    連邦国防省(れんぽうこくぼうしょう、ドイツ語:Bundesministerium der Verteidigung、略称:BMVg)は、ドイツ連邦共和国の国防を所管する連邦政府官庁。連邦国防省 フレッシュアイペディアより)

105件中 31 - 40件表示

「国防・安全保障」のニューストピックワード