150件中 41 - 50件表示
  • 中華人民共和国武装力量

    中華人民共和国武装力量から見た国防国防

    国外勢力からの防衛(狭い意味での国防中華人民共和国武装力量 フレッシュアイペディアより)

  • 兵部省

    兵部省から見た国防国防

    兵部省(ひょうぶしょう、つわもののつかさ)はかつて日本にあった軍政(国防)を司る行政機関。兵部省 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国上院軍事委員会

    アメリカ合衆国上院軍事委員会から見た国防国防

    合衆国憲法及び連邦法の規定により国防について討論し監察することを第一の任務としている。国防政策に関する事柄の包括的な調査及び評価を行い、各年度の国防授権法に基づき、兵器装備に費やされる支出、兵士の待遇、その他の国防に関する多くの問題など、軍事技術の研究開発から人事制度まで国防に関する諸事を担当し、陸軍省、海軍省、空軍省を含む国防総省を監察している。アメリカ合衆国上院軍事委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 明神善秀

    明神善秀から見た国防国防

    1853年7月8日(嘉永6年6月3日)、マシュー・ペリーの率いる軍艦が浦賀沖に現れ朝野は騒然とし、土佐でも沿海岸における国防の機運が高まった。明神善秀 フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデンの歴史

    スウェーデンの歴史から見た国防国防

    冷戦時代においては、1952年に北欧理事会がデンマーク・コペンハーゲンに設立されて北欧諸国とともに加盟し、ノルディックバランスを構築するも、スウェーデンの中立政策は、度々ソビエトに阻害された。その都度外交問題となったが、スウェーデンは西側諸国の助けを求めることは無かった(ただし、冷戦が「熱戦」になった場合のみ、スウェーデンも西側に立ってソ連と開戦する密約をNATOと結んでいた事が冷戦終結後に明らかとなっている)。しかしバルト海は、冷戦時代の東側諸国との最前線でもあったため、自力で国防を高めねばならなかった。1950年代 - 1960年代のスウェーデンの原子爆弾開発計画もその一環であり、計画が頓挫した後は、独自の潜水艦・戦闘機・戦闘車両などの開発に重心を置いたように冷戦期は重武装中立国家だった。冷戦後は、スウェーデンにとって直接脅威となるような国は見られなくなったため、軍事予算は削減し、2010年に兵役の義務は廃止された。そして中立主義も事実上放棄し、他国との協調関係を構築するようになった。しかし現在においてもスウェーデンは、軍需産業を推進し、近世以来の武器輸出国としての実績と伝統を今日まで維持し続けている。スウェーデンの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン海軍

    スウェーデン海軍から見た国防国防

    19世紀以後に成立したスウェーデンの国策、武装中立に則って海軍も重武装化を行っていった。それは国防を重視したものであった為、実際にスウェーデン海軍が、近代以降、他国と交戦した事は一度もない。スウェーデン海軍 フレッシュアイペディアより)

  • 兵学

    兵学から見た国防国防

    兵学(へいがく)とは軍事や国防、特に近世以降、近代以前の日本における戦略や戦術などの用兵を研究する学問を言うことが多かった。軍事学とその内容を厳密に区別して使われることはあまりない。兵学 フレッシュアイペディアより)

  • 北急行

    北急行から見た国防国防

    しかしこの計画は実現することはなかった。軌間可変車両の実用化には、ロシアとスペインが国防上の理由から強く抵抗したと推測されている。1884年のコレラの流行も、各国の国際列車に対する態度を消極的にしていた。またドイツも、ベルリンを通り過ぎるだけの列車に難色を示した。このため、列車はパリを境に北急行と南急行の2つに分断され、まず南急行が1887年から運転を始めた。軌間可変車両の開発も断念され、国境での乗り換えが必要となった。北急行 フレッシュアイペディアより)

  • スパイ技術

    スパイ技術から見た国防国防

    諜報を行う者は可能な限り偽物と気づかない偽経歴を作る必要がある。年齢、出身地、学歴、趣味、嗜好など、あらゆる物を具体的に織り込む。スパイという物は、多くの場合、大使館職員や政府使節団として潜入するが、一部の国では国防武官(スパイマスター)がその国で働いているスパイを守る役目をする。その国と新しく取引が成立した第三国のビジネスマンをスパイとしてスカウトすることも普通に行われる。偽経歴と正当な渡航理由を与えられ、スパイ教育を行い、その技術を身につけさせ、スパイとして潜り込ませる。スパイ技術 フレッシュアイペディアより)

  • カイザー=フレーザー

    カイザー=フレーザーから見た国防国防

    1963年に会社名をカイザー=ジープ・コーポレーション(Kaiser-Jeep)に変更。1969年には、カイザー・インダストリーズは自動車産業から撤退することを決断。1970年、カイザー=ジープ・コーポレーションはアメリカン・モーターズ・コーポレーション(AMC)に売却され、AMCはジープ生産を継続した。売却時点で、カイザーはAMCの株式の22%を取得したが、のちに手放している。カイザー=ジープの資産には1964年にスチュードベーカーが自動車産業から撤退した際にカイザーが購入したゼネラル・プロダクション部門(軍需部門)も含まれていた。AMCがルノー傘下となったのちの1982年、国防上の理由から、軍需部門はAMゼネラル社として分離独立した。AMゼネラルは2008年現在も操業を続けており、ハマー H1の製造メーカーとして一般的に知名度を維持している。カイザー=フレーザー フレッシュアイペディアより)

150件中 41 - 50件表示

「国防・安全保障」のニューストピックワード