105件中 51 - 60件表示
  • スイス社会民主党

    スイス社会民主党から見た国防国防

    大きな政府や地球温暖化の緩和など環境政策、外国人移民の受け入れ、平和主義に基づく国防の推進といった、古典的な社会民主主義の立場を表明している。スイス社会民主党 フレッシュアイペディアより)

  • BAEシステムズ

    BAEシステムズから見た国防国防

    BAEシステムズ(英語:BAE Systems plc)とは、1999年に設立されたイギリスの国防・情報セキュリティ・航空宇宙関連企業である。BAEシステムズ フレッシュアイペディアより)

  • 研究開発

    研究開発から見た国防国防

    古来より科学の知識を道具に活用することは古代文明の時代から認められているが、それらは体系的な研究開発と言えるものではなかった。18世紀にフランスの革命政府は直面する国防上の必要に応じて研究開発に乗り出し、薬莢、手旗信号電報などの成果を挙げているが、これも継続されなかった。これは近代までのヨーロッパやアメリカにおける多くの科学者や技術者たちは個別に自らの研究を進めることが主流であったことと関連している。しかしドイツのジーメンス、クルップ、ザイス社などは研究所を設置して大量の研究者を雇用して研究開発を行い、1870年には国立理工学部研究所が度量衡の標準化のために準備された。研究開発は第一次世界大戦で大きく変わり、ドイツに続いて1915年にイギリスで科学産業研究庁、1916年にはアメリカで全米研究評議会が設置された。第一次世界大戦後にはほぼすべての先進国の大企業は独自の研究所を設置して研究開発を管理した結果、自動車、飛行機、ラジオなどの分野で技術が画期的に発展した。また第二次世界大戦後にはそれまで主だった軍事分野と民事分野の区別があいまいになっていく傾向も見られるようになる。冷戦期においてアメリカは技術力が戦争の勝敗を左右しうる重要事項であると考えて研究開発を進めた結果、軍事、航空、コンピュータ、宇宙の分野でアメリカ産業の技術力を大幅に向上させた。研究開発 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛

    防衛から見た国防国防

    防衛は一般的には相手の危害を防ぎ、自己を守ることである。軍事学においては自国へ先制攻撃してくる外国の侵略への反応的な行為であると考えられており、国防の主要な手段である。防衛は国家政策を呼称するものであり、作戦的には防勢、戦術的には防御と呼称する。防衛を目的に策定される政策は防衛政策であり、政府、軍隊、民間団体などの防衛活動は防衛政策に基づいて実行される。防衛活動は狭義には敵部隊の排除活動であるが、広義には抑止活動の概念をも含む。侵略の脅威があることを根拠としてこれを能動的に排除する政治目的で行われる予防攻撃は、相手国への先制攻撃であるために防衛ではない。防衛 フレッシュアイペディアより)

  • 見えざる手

    見えざる手から見た国防国防

    スミスは、そのために国家は国防・警察・教育等の必要最小限以外の経済活動への参入を否定し、あとは市場機能による経済の発展を重視すべし、との立場をとり、国家の経済への介入を批判した。スミスの国家観は「夜警国家」のそれであったということができる。見えざる手 フレッシュアイペディアより)

  • 委任立法

    委任立法から見た国防国防

    夜警国家の時代は、国家の役割はその自立的運行に必要な外交、国防、治安の維持のみでよいという考えが主流であったため、行政府は立法府によって決められた事柄を執行するだけの機関に過ぎなかった。しかし資本主義が発達し、貧富の差が拡大するといった弊害が生まれてくるにつれ、国家が広範な分野において政策を講じる必要が出てきた。ところが、立法府は、行政府に比べると社会の変化に随時対応する機動力に欠け、また、日常的に行政を担当する行政府に比べると、詳細な情報を得るための能力に欠ける点が指摘され、国民の要求に迅速にこたえるためには、行政府にある程度の立法権を委任することが避けられなくなっている。委任立法 フレッシュアイペディアより)

  • デンマーク王国憲法

    デンマーク王国憲法から見た国防国防

    国防の義務は、憲法に明文で定められた国民(ただし、「兵役に相応しい男子」に限る)の義務である(81条)。デンマーク王国憲法 フレッシュアイペディアより)

  • 維新政党・新風

    維新政党・新風から見た国防国防

    地方分権を推進するが、国防・外交等の国家問題に対する地方の意見表明・住民投票等は禁止する。維新政党・新風 フレッシュアイペディアより)

  • 徴兵制度

    徴兵制度から見た国防国防

    徴兵とは憲法や法律で一定の年齢に達した国民に兵役の義務を課すことであり、徴兵制度はこの徴兵を兵役制度として組織化した制度を指す。徴兵制において兵役は国民の義務的な負担として扱われ、国防への負担と貢献が求められる。徴兵制は軍隊に対する安定的な人材の確保が長期にわたって容易であるものの、国民に対する負担は大きい。なお一般的には徴兵制度があっても志願入営は可能である。近年は、韓国や北朝鮮など一部の国家を除いて、ほとんどの兵役制度がある国家で良心的兵役拒否権が合法的に認められ、介護や医療、救急などの代替役務が制度化されている。徴兵制度 フレッシュアイペディアより)

  • 軍機保護法

    軍機保護法から見た国防国防

    国家機密のうち軍事機密を保護の対象とし、これらの探知、収集、漏洩を処罰した。軍人以外に民間人も対象で、軍港、要港などの港湾、堡塁、砲台、その他国防のために建設した防禦営造物、軍用艦船、軍用航空機、兵器、陸軍大臣又は海軍大臣所管の飛行場、電気通信所、軍需品工場、軍需品貯蔵所、その他の軍事施設について、測量、撮影、模写(スケッチ)、模造、録取(記録)、複写、複製を禁止又は制限した。また、陸軍大臣又は海軍大臣は空域、土地、水面について区域を定め、その区域に於ける航空、気象観測、立ち入りの禁止又は制限、外国船舶に対する開港場以外の入港禁止又は制限を行った。最高刑は死刑。軍機保護法 フレッシュアイペディアより)

105件中 51 - 60件表示

「国防・安全保障」のニューストピックワード