150件中 51 - 60件表示
  • 連邦国防省

    連邦国防省から見た国防国防

    連邦国防省(れんぽうこくぼうしょう、ドイツ語:Bundesministerium der Verteidigung, 略称:BMVg)は、ドイツ連邦共和国の国防を所管する連邦政府官庁。連邦国防省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済力

    経済力から見た国防国防

    経済を国力として捉える試みには多くの先駆者がいる。経済学者のアダム・スミスは『国富論』において重商主義の批判と市場経済の在り方を論じたが、同時に軍備の必要性と保護主義を論じており、当時のイギリスの植民地政策についての植民地を経営するために必要な軍事力や行政能力を超える収入がなければならないと指摘した。またアレクサンダー・ハミルトンはアメリカにおける製造業の保護と振興を国防の観点から論じた『製造業に関する報告』を著しており、この考えた方は経済学者フリードリヒ・リストの思想にも認めることができる。リストはアメリカやイギリスの経済についての研究を進め、経済力が国際的地位を高めることを主張しており、国家が自給自足の経済を持たなければ戦争のような非常事態に対応することができなくなると考えていた。経済力 フレッシュアイペディアより)

  • 護衛司令部

    護衛司令部から見た国防国防

    護衛司令部(ごえいしれいぶ、朝鮮語:?????)とは、朝鮮民主主義人民共和国の最高指導者の身辺警護、首都である平壌直轄市の国防を主管する機関。正式名称は過去の護衛総局に戻った可能性もあるが真相は不明である。護衛司令部 フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・レオタール

    フランソワ・レオタールから見た国防国防

    1986年文化相として入閣する。なお、この時のシラク内閣は、第一次コアビタシオンに当たり、シラク首相自身はレオタールを国防相に任命しようとしたが、外交と国防を大統領の専管事項と主張したミッテラン大統領の反対にあって果たせなかった。文化相時代に公共放送局であったTF1の民営化を担当した。1993年エドゥアール・バラデュール内閣の国防相に就任。1995年のフランス大統領選挙ではバラデュール陣営に加わった。この大統領選挙では保守陣営がシラク派とバラデュール派に分裂したが、選挙でシラクが勝利したため、選挙後成立したアラン・ジュペ内閣では国防相から外された。1996年フランス民主連合総裁選挙に立候補し、UDFの分裂を阻止する。2001年国連のマケドニア平和維持活動に参加した後、政界を引退した。フランソワ・レオタール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポールの軍事

    シンガポールの軍事から見た国防国防

    シンガポールの軍事(シンガポールのぐんじ、英語:Singapore Armed Forces)は、シンガポール共和国の国防政策・軍事機構などについて述べる。シンガポールの軍事 フレッシュアイペディアより)

  • 青瓦台

    青瓦台から見た国防国防

    名称の由来は官邸の屋根に青い瓦が張られていることに因んだ。国防上の理由から、一部の外国人向け観光地図を除いて、地図上には記載されていない。警備は厳重であるものの、毎日観光バスで多くの外国人観光客が訪れる観光地でもある。なお、観光客も予約をすれば内部の見学ができる(但し身分証明書が必要)。青瓦台 フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン人民党

    パキスタン人民党から見た国防国防

    産業の国有化などの社会主義(イスラム教社会主義)政策、労働者や農民の生活向上、国民の国防参加、インドとの対抗上から親中・親米政策を掲げている。現在はこれに加えてイスラム主義勢力への対抗から、民主政治、世俗主義を強調している。パキスタン人民党 フレッシュアイペディアより)

  • 南北平行予備線

    南北平行予備線から見た国防国防

    南北線は元々国防の為に作られたが、台糖にとって最大の貢献は西部の各糖廠を結んだ事によって、各廠相互の支援が得られた事であり、実質上台湾の経済発展産生に大きな役割を果たした。南北平行予備線 フレッシュアイペディアより)

  • 国際戦略研究所

    国際戦略研究所から見た国防国防

    冷戦時代における国際安全保障、軍備縮小・防衛問題などの諸問題に関する情報と研究のための機関として設立され、理事会を有し、さらに60カ国以上にわたる会員を持っている。現在では、軍事問題以外にも、社会問題・経済問題なども幅広く扱っている。会員は、各国の国防問題の専門家・大学教授などから構成され、「国際顧問会議」が毎年開催されている他、年報(Military Balance)や隔月雑誌(Survival)、研究論文(Adelphi Paper)などの出版活動も活発である。国際戦略研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 李斗益

    李斗益から見た国防国防

    1948年8月に朝鮮人民軍に入隊し中尉任官、中隊長、大隊長となる。1950年から1953年まで朝鮮戦争に従軍。朝鮮戦争後、ソ連に留学。1956年6月に第24師団第3連隊長になる。1962年2月に第9師団長および朝鮮人民軍少将になる。1962年10月から1998年まで最高人民会議の代議員を務める。1963年5月、民族保衛省(国防省)特殊作戦局局長および朝鮮人民軍中将になる。1962年8月、第7軍団長。1968年6月に第2集団軍司令官になる。また同月、朝鮮民主主義人民共和国政府から第1級国旗勲章と英雄称号を受ける。李斗益 フレッシュアイペディアより)

150件中 51 - 60件表示

「国防・安全保障」のニューストピックワード