150件中 61 - 70件表示
  • 国防情報参謀部

    国防情報参謀部から見た国防国防

    全ての情報源を扱うが、イミント、シギントを主としており、偵察情報によるヒューミントも扱う。国防省の機関であるので予算は国防予算から支出される。国防情報参謀部 フレッシュアイペディアより)

  • ハリー・ハインズ・ウッドリング

    ハリー・ハインズ・ウッドリングから見た国防国防

    ウッドリングは前任長官ダーンの政策を継承し、常備軍・州兵・予備役の兵力増強を図った。人員と物資のバランスを考慮して動員計画の修正を行い、平時の国防体制を確立することの必要性を強調した。ウッドリングは他国との政治経済上の関係をきらう孤立主義者であった。ウッドリングはイギリスに物資を提供しようというルーズベルト政権の政策と対立し、1940年に辞任を要求された。ハリー・ハインズ・ウッドリング フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ノックス

    フランク・ノックスから見た国防国防

    だがその一方でノックスは、ルーズベルト大統領のニューディール政策の多く、とりわけ社会保障政策を支持していた。また国際主義者としてイギリスへの経済支援にも賛成していた。選挙後、ノックスは民主党との垣根を越えて、外交・国防政策の改善を求める超党派の提言を作成した。フランク・ノックス フレッシュアイペディアより)

  • イラク治安部隊

    イラク治安部隊から見た国防国防

    2011年の外国軍撤退後は、イラクの治安維持と国防を自力で担っている。イラク治安部隊 フレッシュアイペディアより)

  • 大統領令 (アメリカ合衆国)

    大統領令 (アメリカ合衆国)から見た国防国防

    1907年から大統領令に番号が振られ始め、エイブラハム・リンカーン大統領が1862年に発令した『奴隷解放令』まで遡って番号を振った。日本で有名なものに1942年2月19日付けのフランクリン・ルーズベルト大統領による『大統領令9066号』がある。これは軍が国防上の必要があると認めた場合には強制的に立ち退きさせることを認めたもので、これが大規模な日系人の強制収用の根拠となった。大統領令 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • 普選運動

    普選運動から見た国防国防

    1868年 (慶応4年3月) の五箇条の誓文、1874年(明治7年)の民撰議院設立建白書、1875年(明治8年)の立憲政体の詔書、1881年(明治14年)の国会開設の詔、1889年(明治22年)に発布された大日本帝国憲法及び衆議院議員選挙法に基づき帝国議会が成立し、1890年(明治23年)7月の第1回衆議院議員総選挙以来、選挙人を満25歳以上の男子に限り、また直接国税納税額などにより選挙人の範囲を限るなどした上で衆議院議員を選出する制限選挙の下での立憲政治が始まった。一方、日清戦争・義和団の乱・日露戦争・第一次世界大戦と、国防の義務は、財産の多寡によらず、成人男子全体に課せられた。日露戦争以後の都市騒擾事件の頻発など、命を懸けた国家への貢献を求められた国民の範囲と、政治参加が認められた国民の範囲のずれが顕在化する。さらに、1917年(大正6年)のロシア革命と、大戦後の欧米各国における民主主義(デモクラシー)の高揚は、普通選挙の実現をより緊急の課題とした。普選運動 フレッシュアイペディアより)

  • 統制会社

    統制会社から見た国防国防

    1937年(昭和12年)の支那事変(日中戦争)勃発に伴い、日本の経済も平時体制から戦時体制へ移行し、1938年(昭和13年)4月に「戦時(戦争ニ準ズベキ事変ノ場合ヲ含ム以下之ニ同ジ)ニ際シ国防目的達成ノ為国ノ全力ヲ最モ有効ニ発揮セシムル様人的及物的資源ヲ統制運用スル」ことを目的に「国家総動員法」(昭和13年4月1日法律第55号)を制定・公布した。統制会社 フレッシュアイペディアより)

  • デビルサバイバー2

    デビルサバイバー2から見た国防国防

    一方で、国防のためにその人生を費やしてきたせいか、たこ焼きを知らなかったりと世間知らずなところも見せる。なお、たこ焼きは主人公に勧められて食べてみた結果、いたく気に入ったらしく部下に高級食材を使ったたこ焼きを用意したりたこ焼きの写真を送ってきたりした。デビルサバイバー2 フレッシュアイペディアより)

  • 軍事学

    軍事学から見た国防国防

    軍事学(ぐんじがく、)は、軍事や国防に関する学問である。戦争学、防衛学とも呼ばれる。軍事学 フレッシュアイペディアより)

  • スリランカ海軍

    スリランカ海軍から見た国防国防

    スリランカ海軍(スリランカかいぐん、; Sri Lanka Navika Hamudawa、、)は、スリランカの海軍。スリランカは四方を海に囲まれた島国であり、スリランカ軍において海軍は国防と国益の保護のために重要なポジションを占める。スリランカ海軍 フレッシュアイペディアより)

150件中 61 - 70件表示

「国防・安全保障」のニューストピックワード