105件中 61 - 70件表示
  • 宇都隆史

    宇都隆史から見た国防国防

    自衛隊・国防力の強化に賛成。宇都隆史 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車製造事業法

    自動車製造事業法から見た国防国防

    1935年(昭和10年)8月9日、岡田啓介内閣は「自動車工業法要綱」を閣議決定、事業許可制の導入や日本フォードの工場拡張阻止といった方針を明確にした。これに対してアメリカ政府は日米通商航海条約1条違反だとの抗議を行ったが、日本側は単なる産業保護政策ではなく国防目的であると反論した。1936年1月には、鮎川義介個人への圧力など陸軍の強い干渉により、日産自動車と日本GMの合併計画が破棄に追い込まれた。自動車製造事業法 フレッシュアイペディアより)

  • ニート

    ニートから見た国防国防

    写真家・ジャーナリストの宮嶋茂樹は週刊文春の記事において、「税金も払わない上に、三十路になっても親がせっせと部屋に“エサ”を運び続け、パソコンに向かってしか他人と会話できん奴をニートと呼ぶそうだが、そんな穀潰しが何十万も生きておるんは世界広しと言えども我が国だけや!」となどと批判し、続けて「お隣の半島南半分ではサッカー選手から、大統領まで男は全員2年以上の徴兵だ。8ヶ月ぐらいでもいい。我が国でもニートに対して規律、勇気、自己犠牲、国防意識という美徳を自衛隊で徹底的に教育し直せ」と述べ、ニート対策として徴兵制度の導入を唱えている。ニート フレッシュアイペディアより)

  • 財政の崖

    財政の崖から見た国防国防

    アメリカはジョージ・W・ブッシュ政権の時から時限的なブッシュ減税を行っていたが、2010年12月にバラク・オバマ大統領は2008年のリーマン・ショック後の景気低迷に対応するためにブッシュ減税を2012年12月31日(以後、現地日時)までの2年間延長する法案に署名した。しかし、これによりアメリカ政府の財政赤字が積み上がり、2011年5月16日に米連邦債務は法定上限額に到達し、アメリカ財務省はデフォルト回避のために特別措置を行った。特別措置の期限日となる2011年8月2日に民主・共和両党は政府の歳出を削減する内容を含んだ債務上限引き上げ法案に合意・可決した。これにより、以後、具体的な歳出削減案の合意に至らなかった場合は、ブッシュ減税の延長措置が切れる2013年1月1日から9年間かけて公共事業・社会保障・国防等の政府の全ての分野の歳出が、合わせて1.2兆ドル分強制的に削減されることになった。1.2兆ドル削減の約半分は国防費となる。仮にこれが実施されれば、ブッシュ減税の終了と強制的な歳出削減により、GDP比で3.3%に相当する5000億ドル(約40兆円)分の財政赤字が解消されるとされたが、何らかの追加的な対策措置が行われない限り、ブッシュ減税の延長期限が切れて9割の家計が実質的増税となり家計平均税率が約4.5%上がる上に、大幅な歳出削減も加わるダブルパンチで、アメリカの景気が崖から落下するように悪化し、アメリカ経済のみならず世界経済に甚大な影響も与える可能性があると予想された。この懸念を「財政の崖」と呼ぶ。なお、これにより、2011年8月5日にスタンダード&プアーズは米国債の長期発行体格付けを格下げし、8月8日に世界の株式・通貨・債権市場で米国債ショックが起こった。財政の崖 フレッシュアイペディアより)

  • 総力戦研究所

    総力戦研究所から見た国防国防

    本来の目的は「国防」という問題について陸海軍人と一般文官とが一緒に率直な議論を行うことによって国防の方針と経済活動の指針を考察し、統帥の調和と国力の増強をはかることにあったとされている。総力戦研究所構想は沼田多稼蔵(企画院第一部長(昭和14年(1939年)8月1日?昭和16年(1941年)4月1日))の発案だったとされ、内閣情報局分室跡で開所されることとなった。総力戦研究所 フレッシュアイペディアより)

  • エスファハーン州

    エスファハーン州から見た国防国防

    主要な産業は、製鉄、製鋼などの鉄鋼産業、国防産業、医療品加工、ポリアクリル工業、繊維織物、および手工業である。エスファハーン州 フレッシュアイペディアより)

  • 標準軌

    標準軌から見た国防国防

    1845年に王立委員会は、国防上の観点からも軌間の統一を法制化すべきと勧告した。また広軌のほうが蒸気機関車の性能がよいことは認めつつも、その差はわずかであり、4フィート8.5インチ軌間が7フィート4分の1インチ軌間より多数派であることを理由として、より好ましいとした。引き続き1846年に軌間法で、グレートブリテン島の新規路線は4フィート8.5インチの軌間で建設されるべしと定めた。ただしコーンウォール、デヴォン、ドーセット、サマセットの各州のみは例外とされた。グレート・ウェスタン鉄道の広軌路線は少しづつ標準軌に改軌され、ロンドンからエクセターまでの幹線は三線軌条化された。最終的には1892年に全線改軌が完了し、グレートブリテン島の軌間は標準軌で統一された。標準軌 フレッシュアイペディアより)

  • 島国

    島国から見た国防国防

    こういった区分はあくまでも恣意的なものであり、全ての事例に対して当てはまるわけではないことは明記する。海洋国家として覇権を握ることに成功した、大陸に近い大きな島国を除き、近代以降は西洋文明の進出により多くが植民地化、半植民地化されていき、こういった特性は次第に薄れていった。それでも国防上、強力な海軍を擁したり、経済上巨大な港を建設するなどの特性はあったが、現代に入り、航空技術の発展や経済、情報のグローバル化、植民地独立の達成により均質化が進み、そういった特性も次第に薄れつつある。島国 フレッシュアイペディアより)

  • 安全保障会議

    安全保障会議から見た国防国防

    安全保障会議(あんぜんほしょうかいぎ、英訳名: Security Council)は、日本の行政機関の一つ。安全保障会議設置法に基づいて、内閣に置かれる。国防に関する重要事項および重大緊急事態への対処に関する重要事項を審議する。旧来の国防会議に替わり、1986年(昭和61年)7月に設置された。主任の大臣および議長は、内閣総理大臣。安全保障会議 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛省

    防衛省から見た国防国防

    戦争放棄及び"戦力"の不保持を定めた日本国憲法のもと、日本の国防を所管する行政機関であり、国家行政組織法第3条第2項および防衛省設置法第2条に基づき内閣の統轄の下に設置される。長である防衛大臣は、自衛隊を含む防衛省全体の組織を統括する。1954年(昭和29年)7月1日以来、防衛庁として総理府・内閣府の外局だったが、2007年(平成19年)1月9日に防衛省へ移行、内閣の統括の下に独立した行政機関である省の一つとなった。防衛省 フレッシュアイペディアより)

105件中 61 - 70件表示

「国防・安全保障」のニューストピックワード