105件中 71 - 80件表示
  • 第46回衆議院議員総選挙

    第46回衆議院議員総選挙から見た国防国防

    尖閣諸島や竹島などの領土問題や国防、外交に対する各政党の対応。第46回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国防総省

    アメリカ国防総省から見た国防国防

    アメリカ合衆国国防総省(アメリカがっしゅうこくこくぼうそうしょう、)は、アメリカ合衆国の国防・軍事を統合する官庁である。アメリカ軍の七武官組織のうち、沿岸警備隊・アメリカ公衆衛生局士官部隊・合衆国海洋大気局士官部隊を除く陸軍・海軍・空軍・海兵隊の四軍を傘下に収める。陸海空軍の各省の統括組織であるため、日本では「国防“総省”」と訳されることが多いが、単に「国防省」とされることもある。現在、同国の官庁の中で最大の規模を誇っている。アメリカ国防総省 フレッシュアイペディアより)

  • アンドラ

    アンドラから見た国防国防

    敵対する国家も存在しない上、近年まで外交をスペインとフランスにゆだねていたこともあり、軍隊は持たず、国防に関してはフランス及びスペインに委託している。ただし、アンドラはかつて第一次世界大戦及び第二次世界大戦に参戦していたこともある。アンドラ フレッシュアイペディアより)

  • モータリゼーション

    モータリゼーションから見た国防国防

    自動車を用いた犯罪者の逃走や広域犯罪の発生、自動車の違法改造・暴走族などの社会問題の要因にもなるが、これに対抗して警察組織の拡充・広域化、パトロールカーの増備・性能向上、自動車関連の各種法規の拡充も図られる。また、国家の国防においても、歩兵部隊・陸上機動部隊の展開速度・行動ルートや、自動車の最先端技術の導入による陸上戦闘用車両・運搬用車両の走行性能向上・大型化、外敵侵入時の各種想定の変更など、長期的に見れば随所に大きな影響を及ぼす。このように、治安・交通行政・軍事に対する社会整備の変革も招く。個人の生活から行政・治安のあり方まで大きな変革をもたらすモータリゼーションは、しばしば文明の発達具合の指標とされる。モータリゼーション フレッシュアイペディアより)

  • ミッドナイト・イーグル

    ミッドナイト・イーグルから見た国防国防

    山岳、テロ、国防と硬派な内容にもかかわらずモデル出身の俳優が多く出演した硬軟取り混ぜた内容の作品。ミッドナイト・イーグル フレッシュアイペディアより)

  • 国家安全保障問題担当大統領補佐官

    国家安全保障問題担当大統領補佐官から見た国防国防

    国防・外交問題の大統領最高顧問国家安全保障問題担当大統領補佐官 フレッシュアイペディアより)

  • 文民統制

    文民統制から見た国防国防

    シビリアンコントロールにおいては、職業的軍事組織は軍事アドバイスを行い、これを受けて国民の代表が総合的見地から判断・決定を行い、その決定を軍事組織が実施するということが原則となる。国防・安全保障政策の基本的判断や決定は、選挙で選出された国民の代表が行う。これは、彼らが軍人より優秀ということではなく、国民の代表という正当性を体現するからである。そして、何よりも国民の代表は、国民に対し説明責任を持ち、したがって、国民は、彼らの決定に不服があれば、選挙を通じて彼らを排除出来るからである。文民統制 フレッシュアイペディアより)

  • 田中直紀

    田中直紀から見た国防国防

    2012年1月13日、野田改造内閣で防衛大臣に任命され、初当選から約29年目にして初入閣。就任直後の1月15日、NHKの番組に出演した際、国連平和維持活動における武器使用基準の緩和と武器輸出三原則の見直しを混同した。田中は両者の取り違えを認めたものの、入閣前から懸念されていた国防知識の欠如を露呈した形となった。普天間基地移設問題については、2012年中の埋め立て工事着工を示唆する発言をおこない、県外移設を主張している沖縄県側の反発を招いた。田中は、「知事の了解を得られなければ着工できない。私が断定しているわけではない」と述べ、藤村修官房長官も、「(田中氏は)年内に埋め立てに着工するとか、目標にするという発言はしていない」と釈明するなど、火消しに追われた。その後2月2日、国会の場を利用して直紀に釈明をさせようと助け舟を出した若井康彦の質問に対し、「手順表を持っておりまして」と日米政府間の極秘文書を暴露しさらに事態を悪化させた。田中直紀 フレッシュアイペディアより)

  • ニューカレドニア

    ニューカレドニアから見た国防国防

    この後も自治への運動や協議が行われ、1998年にはヌーメア協定が結ばれた。この協定では住民への権限譲渡プロセスを「不可逆なもの」と位置づけ、フランス市民権とは別の「ニューカレドニア市民権」を導入すること、ニューカレドニアのアイデンティティを表す公的なシンボル(ニューカレドニア「国旗」など)をフランス国旗とは別に制定すること、フランス政府がニューカレドニア特別共同体に段階的に権限を譲渡し、最終的には外交、国防、司法権、通貨発行以外の権限はニューカレドニアに全面的に譲渡されること、2014年から2018年のいつかの時点で独立かフランス残留かの住民投票を行うこと、などが定められた。ニューカレドニア フレッシュアイペディアより)

  • 双界儀

    双界儀から見た国防国防

    アメリカ国防先進計画庁 - アメリカの国防のためガラン石の柱の調査をはじめる。双界儀 フレッシュアイペディアより)

105件中 71 - 80件表示

「国防・安全保障」のニューストピックワード