前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • ヒートポンプ

    ヒートポンプから見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    ヒートポンプを用いることで、地中熱・大気熱・廃熱などを移動させて給湯・暖房等に利用できる。実働時における環境性能は機器自体の性能のほか、稼働状況・設置地域の気候・駆動に用いる電力の排出原単位等に左右される。稼働条件によっては化石燃料の直接燃焼と比較して温暖化ガスの排出量が増える場合もあり得るが、適切な条件下で利用すれば、省エネルギーや、温暖化ガスの排出量削減が可能である。特に駆動に用いる電力の排出原単位は重要であり、原子力・再生可能エネルギー・ガス複合サイクル火力発電等による比較的低炭素な電力をより多く利用することで環境性能が上がる。省エネルギー技術・地球温暖化への対策技術の1つにも挙げられ、IPCC・国際エネルギー機関・シンクタンク等によって普及が国際的に推奨されている。ヒートポンプ フレッシュアイペディアより)

  • 再生可能エネルギー

    再生可能エネルギーから見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関の発行する統計「Renewables Information」では、「絶えず補充される自然の過程に由来し、様々な形態のうち太陽から直接供給される光や地球内部で発生する熱、太陽や風や海洋や水力やバイオマスや地熱資源から発生した熱や電力、そして再生可能資源に由来するバイオ燃料と水素」と定義している。「REInfo」によるとヒートポンプによる熱(地中熱、大気熱等)は別記している。再生可能エネルギー フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化のエネルギー供給面での緩和技術

    地球温暖化のエネルギー供給面での緩和技術から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    地球温暖化への対策のうち、温暖化そのものを抑制する「緩和」(mitigation)技術の一環として、エネルギー供給での対策の必要性が指摘されている。この目的のため、2030年や2050年までにエネルギー由来の排出量を数割?半分以上減らす必要性が指摘されている。その一方で世界のエネルギー需要は増大が予測されており、排出量削減とエネルギー供給量の増大の2つの目的を同時に満たすために国際的かつ大規模な対策の必要性が指摘されている。国際エネルギー機関(IEA)は「我々の現在の方針は持続可能ではない」と指摘した上で、「直ちに政策的措置を講じると共に、前例のないスケールで技術の転換を進める必要」があると指摘している。地球温暖化のエネルギー供給面での緩和技術 フレッシュアイペディアより)

  • 田中伸男

    田中伸男から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    田中 伸男(たなか のぶお、1950年3月3日 - )は日本の元経産官僚、前国際エネルギー機関(IEA)事務局長。2011年9月からは財団法人日本エネルギー経済研究所特別顧問を、2013年からは帝人株式会社監査役を、2015年からは千代田化工建設株式会社取締役、公益財団法人笹川平和財団理事長を務める。神奈川県出身。田中伸男 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化への対策

    地球温暖化への対策から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関による予測では、大気中のCO2濃度を450ppmで安定化させるため、2050年までの排出削減量のうち、再生可能エネルギーで21%、CCSで19%、原子力発電で6%を削減し、残りの54%を省エネルギーなどで削減するシナリオが示されている。地球温暖化への対策 フレッシュアイペディアより)

  • シェールオイル

    シェールオイルから見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    技術革新により増産が進んでおり、アメリカではシェールオイルを含む原油の増産が2008年の日量約500万バレルから2014年は800万バレルを超え、2014年5月、国際エネルギー機関(IEA)は「拡大する米国のシェールオイル生産によって今後5年の世界の石油需要増加分をほとんど賄うことができる」との予想を発表した。シェールオイル フレッシュアイペディアより)

  • フィンランドのエネルギー

    フィンランドのエネルギーから見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    隣国のスウェーデンは2010年時点ではデンマークからの供給に頼っているが、スウェーデンでは天然ガスが最終エネルギー消費の3.5%しか占めず(最終エネルギー消費376テラワット時、天然ガス消費13テラワット時)、フィンランドでの比率よりも低い。フィンランドとスウェーデンのガス依存率は2010年時点では経済協力開発機構(OECD)加盟国の平均より低く、国際エネルギー機関の加盟国28か国のうち16か国で天然ガスが一次エネルギー供給の2割以上を占めている。フィンランドのエネルギー フレッシュアイペディアより)

  • タイトオイル

    タイトオイルから見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関(IEA)の2012年11月の報告では、こうした非在来型原油の増産によって米国は2020年までにサウジアラビアを抜いて世界一の産油国になるとの見通しも示された。タイトオイル フレッシュアイペディアより)

  • 再生可能エネルギー

    再生可能エネルギーから見たIEA国際エネルギー機関

    再生可能エネルギーの開発普及状況は各国の政策等に大きく左右される。積極的に開発を続けた場合、枯渇性エネルギーと同等もしくはそれより安価なエネルギー源になると見ている。図にIEAによる電力コストに関する比較と楽観的予測 (BLUE Map) の例を示す(太陽光発電のコスト、風力発電等も参照)。再生可能エネルギー フレッシュアイペディアより)

  • 固定価格買い取り制度

    固定価格買い取り制度から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    低い買取価格での固定価格買い取り制度の優位性は多くの学術的報告や国際的な公的機関によって認められている(P.17)。地球温暖化への対策の政策の一環として、IPCC第4次評価報告書、スターン報告や国際エネルギー機関の報告書等でもその有効性が指摘されている。固定価格買い取り制度 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「国際エネルギー機関」のニューストピックワード