62件中 11 - 20件表示
  • 特定石油製品輸入暫定措置法

    特定石油製品輸入暫定措置法から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    IEA(国際エネルギー機関)の石油製品(ガソリン、灯油、軽油の3油種)の輸入自由化要求に対応して、国内石油業者を保護するため1986年(昭和61年)1月に施行された法律特定石油製品輸入暫定措置法 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化への対応の動き

    地球温暖化への対応の動きから見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    技術支援の国際的枠組みとしてはクリーン開発と気候に関するアジア太平洋パートナーシップやIEAなどがあり、主に先進国から発展途上国に対する技術供与という形で、技術協力が始まっている。地球温暖化への対応の動き フレッシュアイペディアより)

  • エネルギーの経済効率

    エネルギーの経済効率から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関(IEA)やアメリカ合衆国エネルギー省(EIA/DOE)でエネルギーインテンシティー(Energy Intensity)、国際連合の経済社会理事会(Economic and Social Affairs)でGDP当たりのエネルギー消費 (Energy Uses per Unit of GDP)と定義しているもので、総一次エネルギーをGDP PPPで割って得られる、GDP当たりのエネルギー消費量である(1ドルのGDP PPPを生産するのに費やしたエネルギーでいわば対GDPエネルギー消費指数)。エネルギーの経済効率 フレッシュアイペディアより)

  • 一柳良雄

    一柳良雄から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    1977年7月 国際エネルギー機関省エネルギー課長(在パリ)一柳良雄 フレッシュアイペディアより)

  • 石油ピーク

    石油ピークから見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関 (IEA) は2010年、世界の在来石油の生産量は2006年にピークを迎えていた可能性が高いとの報告書を発表した。報告書によれば、在来石油の生産量は同年の1日あたり7000万バレルをピークに、6800万?6900万バレル前後で停滞する可能性が高いとしている。ただし、今後も天然ガス液 (NGL) 等を含めた石油系燃料全体としての生産量は増加していくだろうとしている。石油ピーク フレッシュアイペディアより)

  • 石油換算トン

    石油換算トンから見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関/OECDでは 1toeは 41.868 ギガジュール、11.63 メガワット時と定義している。石油換算トン フレッシュアイペディアより)

  • ポスト京都議定書

    ポスト京都議定書から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    2008年1月のダボス会議、3月と6月にはIEA閣僚理事会、5月と6月には神戸と青森でG8環境・エネルギー大臣会合、6月と11月にはAPEC会合、7月には洞爺湖サミット、12月にCOP14/MOP4が開かれて協議が行われた。ポスト京都議定書 フレッシュアイペディアより)

  • 消費電力

    消費電力から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    電力のデータはOECD/IEAの2008年より、人口のデータはCIAザ・ワールド・ファクトブック 2009より。消費電力 フレッシュアイペディアより)

  • 若杉和夫

    若杉和夫から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    旧通商産業省の同期入省者は、小長啓一、豊島格、宮本二郎(科学技術庁官房長)、工藤敦夫(内閣法制局長官)、神谷和男(中小企業庁長官)、小林進(東洋学園大学教授)、寺田恵一(日本機械工業連合会副会長)、三島和夫(IEA緊急時システム局長(1978年3月~))など。若杉和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 発熱量

    発熱量から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関は2011年に天然ガスの高発熱量を公表したが、各国の計測値が分散している。発熱量 フレッシュアイペディアより)

62件中 11 - 20件表示

「国際エネルギー機関」のニューストピックワード