62件中 31 - 40件表示
  • ハリケーン・カトリーナ

    ハリケーン・カトリーナから見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関(IAE)は、日量200万バレルの緊急石油備蓄放出を決め、各国に協力を求めた。ハリケーン・カトリーナ フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島火力発電所

    鹿島火力発電所から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    なお、第二次石油危機の発生を受けて、1979年5月に行われた第3回国際エネルギー機関(IEA)閣僚理事会において、石油火力発電所の新設禁止が盛りこまれた「石炭利用拡大に関するIEA宣言」の採択が行われ、それ以降日本でも原則として石油火力発電所を新設することが出来なくなり、東京電力としては当発電所が最後の石油専焼火力(建設当時)となった。鹿島火力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • G7北九州エネルギー大臣会合

    G7北九州エネルギー大臣会合から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関(IEA):ファティ・ビロル(事務局長)G7北九州エネルギー大臣会合 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤嘉恭

    佐藤嘉恭から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    1992年7月 経済協力開発機構日本政府代表部特命全権大使(1994年2月 国際エネルギー機関(IEA)理事会議長)佐藤嘉恭 フレッシュアイペディアより)

  • 加納時男

    加納時男から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関(IEA 、パリ)専門家会合副議長加納時男 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大学大学院公共政策学連携研究部・公共政策学教育部

    東京大学大学院公共政策学連携研究部・公共政策学教育部から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    松浦正浩 - 交渉学。宿利正史 - 交通政策。元国土交通事務次官。鈴木寛 - 教育政策。元文部科学副大臣。田中伸男 - 経済政策。元国際エネルギー機関(IEA)事務局長。田中均 - 外交政策。元政務担当外務審議官。谷みどり - 環境政策。現経済産業省商務情報政策局消費者政策研究官。中村滋 - 外交政策。元駐マレーシア特命全権大使。山野岳義 - 公共管理論。元人事院事務総長。東京大学大学院公共政策学連携研究部・公共政策学教育部 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大学大学院公共政策学連携研究部・公共政策学教育部

    東京大学大学院公共政策学連携研究部・公共政策学教育部から見たIEA国際エネルギー機関

    松浦正浩 - 交渉学。宿利正史 - 交通政策。元国土交通事務次官。鈴木寛 - 教育政策。元文部科学副大臣。田中伸男 - 経済政策。元国際エネルギー機関(IEA)事務局長。田中均 - 外交政策。元政務担当外務審議官。谷みどり - 環境政策。現経済産業省商務情報政策局消費者政策研究官。中村滋 - 外交政策。元駐マレーシア特命全権大使。山野岳義 - 公共管理論。元人事院事務総長。東京大学大学院公共政策学連携研究部・公共政策学教育部 フレッシュアイペディアより)

  • 火力発電所

    火力発電所から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    第二次石油危機の発生を受けて、1979年5月に行われた第3回国際エネルギー機関(IEA)閣僚理事会において、「石炭利用拡大に関するIEA宣言」の採択が行われた。この宣言には石油火力発電所の新設禁止が盛りこまれていたため、それ以降日本でも原則として石油(原油)火力発電所を新設することが出来なくなった。そのため、現在建設される火力発電所は、石炭やLNG、あるいはそれらの混合等となっている。火力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野利男

    佐野利男から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    英語研修(米国スワースモア大学)、通産省資源エネルギー庁石油部、国際エネルギー機関、1987年経済協力局政策課課長補佐、1988年経済協力局無償資金協力課首席事務官、1990年在インドネシア日本大使館一等書記官、1993年国際連合日本政府代表部参事官、1997年経済局国際機関第二課企画官、同年経済局国際エネルギー課長、1998年総合外交政策局軍備管理軍縮課長、2001年軍縮会議日本政府代表部公使、在サウジアラビア日本国大使館公使、2006年外務省大臣官房総括審議官、2008年外務省総合外交政策局軍縮不拡散・科学部長・大使、2010年駐デンマーク特命全権大使。2013年軍縮会議日本政府代表部特命全権大使。2017年依願免。2017年内閣府原子力委員会委員。佐野利男 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化への対策

    地球温暖化への対策から見たIEA国際エネルギー機関

    IEAは2008年6月に発表した報告書において、450ppmで安定化させるためのエネルギー供給面での対策費用を世界のGDPの1.1%程度と見積もっている。さらに2011年には、2020年までの発電部門の排出量を減らす投資を1ドル減らす毎に、2020年以降に4.3ドルの追加投資が必要になると予測している。「行動の先送りは経済的に誤りである」「気候変動に対処するさらなる行動を先送りする余裕は無い」と指摘し、緊急かつ大規模な行動の必要性を訴えている。地球温暖化への対策 フレッシュアイペディアより)

62件中 31 - 40件表示

「国際エネルギー機関」のニューストピックワード