49件中 31 - 40件表示
  • エネルギー安全保障

    エネルギー安全保障から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    エネルギー安全保障(エネルギーあんぜんほしょう、)とは、市民生活、経済産業活動のために、環境への影響を考慮しつつ、必要十分なエネルギーを合理的な価格で継続的に確保することである。エネルギーの需要と供給は各国の最重要政策のひとつであり、その安定的な確保のために資源獲得競争が行われている。短期的視点から見ればエネルギー安全保障とは突発的なエネルギー需給の変化に即時的に対応することのみを指すが、長期的視点から見るとエネルギー安全保障とは経済発展や環境保全を考慮に入れた上でエネルギー供給のために必要な投資を適宜行うことまでを目指すものである。国際エネルギー機関はこれを主要な目的の一つとしている。エネルギー安全保障 フレッシュアイペディアより)

  • ナブッコ・パイプライン

    ナブッコ・パイプラインから見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関事務局長(当時)の田中伸男は、ナブッコ・パイプライン計画はガスの供給元を増やすことになり、ヨーロッパのエネルギー安全保障の観点からはサウス・ストリームよりもより効果的であると述べている。ナブッコ・パイプライン フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の経済

    中華人民共和国の経済から見たIEA国際エネルギー機関

    過去10年間、中国はエネルギー消費量の成長率がGDPの成長率の半分になるようなんとか維持してきた。しかし、IEAによると、2030年までには中国本土のエネルギー消費量は2005年の2倍以上になり、2010年にはアメリカ合衆国の消費量を上回る世界最大のエネルギー消費国家になると予測されている。中国は約15,000メガワットの発電量を毎年増やすと期待されており、その20%は外国からの供給である。中国は環境問題の観点から発電するエネルギー源を現在の石炭から、石油や天然ガス、再生可能エネルギー、原子力発電へと変えようとしている。中華人民共和国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都立田園調布高等学校

    東京都立田園調布高等学校から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    横江信義(元通産研究所次長兼官房審議官、元IEA石油市場緊急対策局長、ICU卒)東京都立田園調布高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 地熱発電

    地熱発電から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    The International Energy Agency (IEA) Implementing Agreement for a Cooperative Programme on Geothermal Energy Research and Technology, or Geothermal Implementing Agreement (GIA) …国際エネルギー機関の専門組織。地熱発電 フレッシュアイペディアより)

  • G20

    G20から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、アメリカ合衆国、欧州連合は、G7として定期的に財務大臣・中央銀行総裁会議を開催していたが、この先進7か国・1地域に主要国首脳会議(G8)参加国のロシアと新興経済国11か国が加わり、1999年より20か国・地域財務大臣・中央銀行総裁会議(G20 Finance Ministers and Central Bank Governors)を開催している。この会議には、国際通貨基金、世界銀行、国際エネルギー機関、欧州中央銀行など、関係する国際機関も参加している。世界金融危機の深刻化を受けて、2008年からは20か国・地域首脳会合(G20 Summit)も開催されている。正式名称は「金融・世界経済に関する首脳会合」(Summit on Financial Markets and the World Economy)であるが、金融サミットとも呼ばれる。議長は各国持ち回りで担当し、任期中は議長国が事務局機能を果たすため、恒久的な事務局や常勤職員などは存在しない。G20 フレッシュアイペディアより)

  • 聖光学院中学校・高等学校

    聖光学院中学校・高等学校から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    田中伸男(国際エネルギー機関事務局長、5期)聖光学院中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化への対策

    地球温暖化への対策から見たIEA国際エネルギー機関

    IEAは2008年6月に発表した報告書において、450ppmで安定化させるためのエネルギー供給面での対策費用を世界のGDPの1.1%程度と見積もっている。さらに2011年には、2020年までの発電部門の排出量を減らす投資を1ドル減らす毎に、2020年以降に4.3ドルの追加投資が必要になると予測している。「行動の先送りは経済的に誤りである」「気候変動に対処するさらなる行動を先送りする余裕は無い」と指摘し、緊急かつ大規模な行動の必要性を訴えている。地球温暖化への対策 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見たIEA国際エネルギー機関

    IEAは、2020年までの発電部門の排出量を減らす投資を1ドル減らす毎に、2020年以降に4.3ドルの追加投資が必要になると予測している。「行動の先送りは経済的に誤りである」「気候変動に対処するさらなる行動を先送りする余裕は無い」と指摘し、「より一層の取り組みが必要」と訴えている。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た国際エネルギー機関国際エネルギー機関

    技術支援の国際的枠組みとしてはクリーン開発と気候に関するアジア太平洋パートナーシップやIEAなどがあり、主に先進国から発展途上国に対する技術供与という形で、技術協力が始まっている。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

49件中 31 - 40件表示

「国際エネルギー機関」のニューストピックワード