前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示
  • 国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関から見たヘンリー・キッシンジャー

    国際エネルギー機関 (IEA:International Energy Agency)は28の加盟国が、その国民に信頼できる、安価でクリーンなエネルギーを提供する為の諮問機関。当初1973-74年の第1次石油危機を契機にアメリカのキッシンジャー米国務長官の提唱のもと、加盟国の石油供給危機回避―安定したエネルギー需給構造を確立すること―を目的に設立された。しかしエネルギー市場の変化に伴いその役割も変化した。現在は「スリーE:(バランスの取れたエネルギー政策立案)、エネルギー安全保障、経済発展と環境保護」を掲げている。現在の焦点は、気候変動に関する政策と市場改革、再生可能エネルギー技術開発におけるコラボレーションと加盟外国々へのアウトリーチ―特にエネルギー大国である中国、インド、ロシアそしてOPEC加盟国―である。2009年には意見の対立から国際再生可能エネルギー機関が生まれたが、現在は協力関係にある。国際エネルギー機関 フレッシュアイペディアより)

  • 国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関から見た再生可能エネルギー

    国際エネルギー機関 (IEA:International Energy Agency)は28の加盟国が、その国民に信頼できる、安価でクリーンなエネルギーを提供する為の諮問機関。当初1973-74年の第1次石油危機を契機にアメリカのキッシンジャー米国務長官の提唱のもと、加盟国の石油供給危機回避―安定したエネルギー需給構造を確立すること―を目的に設立された。しかしエネルギー市場の変化に伴いその役割も変化した。現在は「スリーE:(バランスの取れたエネルギー政策立案)、エネルギー安全保障、経済発展と環境保護」を掲げている。現在の焦点は、気候変動に関する政策と市場改革、再生可能エネルギー技術開発におけるコラボレーションと加盟外国々へのアウトリーチ―特にエネルギー大国である中国、インド、ロシアそしてOPEC加盟国―である。2009年には意見の対立から国際再生可能エネルギー機関が生まれたが、現在は協力関係にある。国際エネルギー機関 フレッシュアイペディアより)

  • 国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関から見たオイルショック

    国際エネルギー機関 (IEA:International Energy Agency)は28の加盟国が、その国民に信頼できる、安価でクリーンなエネルギーを提供する為の諮問機関。当初1973-74年の第1次石油危機を契機にアメリカのキッシンジャー米国務長官の提唱のもと、加盟国の石油供給危機回避―安定したエネルギー需給構造を確立すること―を目的に設立された。しかしエネルギー市場の変化に伴いその役割も変化した。現在は「スリーE:(バランスの取れたエネルギー政策立案)、エネルギー安全保障、経済発展と環境保護」を掲げている。現在の焦点は、気候変動に関する政策と市場改革、再生可能エネルギー技術開発におけるコラボレーションと加盟外国々へのアウトリーチ―特にエネルギー大国である中国、インド、ロシアそしてOPEC加盟国―である。2009年には意見の対立から国際再生可能エネルギー機関が生まれたが、現在は協力関係にある。国際エネルギー機関 フレッシュアイペディアより)

  • 国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関から見た経済協力開発機構

    OECD加盟国(現在34カ国)国際エネルギー機関 フレッシュアイペディアより)

  • 国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関から見た欧州委員会

    この他、欧州委員会もIEAの業務に参加している。国際エネルギー機関 フレッシュアイペディアより)

  • 国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関から見たパリ

    事務局所在地:パリ国際エネルギー機関 フレッシュアイペディアより)

  • 国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関から見た石油輸出国機構

    国際エネルギー機関 (IEA:International Energy Agency)は28の加盟国が、その国民に信頼できる、安価でクリーンなエネルギーを提供する為の諮問機関。当初1973-74年の第1次石油危機を契機にアメリカのキッシンジャー米国務長官の提唱のもと、加盟国の石油供給危機回避―安定したエネルギー需給構造を確立すること―を目的に設立された。しかしエネルギー市場の変化に伴いその役割も変化した。現在は「スリーE:(バランスの取れたエネルギー政策立案)、エネルギー安全保障、経済発展と環境保護」を掲げている。現在の焦点は、気候変動に関する政策と市場改革、再生可能エネルギー技術開発におけるコラボレーションと加盟外国々へのアウトリーチ―特にエネルギー大国である中国、インド、ロシアそしてOPEC加盟国―である。2009年には意見の対立から国際再生可能エネルギー機関が生まれたが、現在は協力関係にある。国際エネルギー機関 フレッシュアイペディアより)

  • 国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関から見た経済発展

    国際エネルギー機関 (IEA:International Energy Agency)は28の加盟国が、その国民に信頼できる、安価でクリーンなエネルギーを提供する為の諮問機関。当初1973-74年の第1次石油危機を契機にアメリカのキッシンジャー米国務長官の提唱のもと、加盟国の石油供給危機回避―安定したエネルギー需給構造を確立すること―を目的に設立された。しかしエネルギー市場の変化に伴いその役割も変化した。現在は「スリーE:(バランスの取れたエネルギー政策立案)、エネルギー安全保障、経済発展と環境保護」を掲げている。現在の焦点は、気候変動に関する政策と市場改革、再生可能エネルギー技術開発におけるコラボレーションと加盟外国々へのアウトリーチ―特にエネルギー大国である中国、インド、ロシアそしてOPEC加盟国―である。2009年には意見の対立から国際再生可能エネルギー機関が生まれたが、現在は協力関係にある。国際エネルギー機関 フレッシュアイペディアより)

  • 国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関から見たアメリカ合衆国

    国際エネルギー機関 (IEA:International Energy Agency)は28の加盟国が、その国民に信頼できる、安価でクリーンなエネルギーを提供する為の諮問機関。当初1973-74年の第1次石油危機を契機にアメリカのキッシンジャー米国務長官の提唱のもと、加盟国の石油供給危機回避―安定したエネルギー需給構造を確立すること―を目的に設立された。しかしエネルギー市場の変化に伴いその役割も変化した。現在は「スリーE:(バランスの取れたエネルギー政策立案)、エネルギー安全保障、経済発展と環境保護」を掲げている。現在の焦点は、気候変動に関する政策と市場改革、再生可能エネルギー技術開発におけるコラボレーションと加盟外国々へのアウトリーチ―特にエネルギー大国である中国、インド、ロシアそしてOPEC加盟国―である。2009年には意見の対立から国際再生可能エネルギー機関が生まれたが、現在は協力関係にある。国際エネルギー機関 フレッシュアイペディアより)

  • 国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関から見た環境保護

    国際エネルギー機関 (IEA:International Energy Agency)は28の加盟国が、その国民に信頼できる、安価でクリーンなエネルギーを提供する為の諮問機関。当初1973-74年の第1次石油危機を契機にアメリカのキッシンジャー米国務長官の提唱のもと、加盟国の石油供給危機回避―安定したエネルギー需給構造を確立すること―を目的に設立された。しかしエネルギー市場の変化に伴いその役割も変化した。現在は「スリーE:(バランスの取れたエネルギー政策立案)、エネルギー安全保障、経済発展と環境保護」を掲げている。現在の焦点は、気候変動に関する政策と市場改革、再生可能エネルギー技術開発におけるコラボレーションと加盟外国々へのアウトリーチ―特にエネルギー大国である中国、インド、ロシアそしてOPEC加盟国―である。2009年には意見の対立から国際再生可能エネルギー機関が生まれたが、現在は協力関係にある。国際エネルギー機関 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示

「国際エネルギー機関」のニューストピックワード