前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
286件中 1 - 10件表示
  • マリアノ・プエルタ

    マリアノ・プエルタから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    ところが、ナダルに敗れた決勝後の検査で、彼が禁止薬物である興奮剤の「エチレフリン」に陽性反応を示したことが明るみに出てしまう。プエルタは2003年にも、ドーピング違反で9ヶ月の出場停止処分を受けたことがあった。12月21日、国際テニス連盟(ITF)はプエルタに対して「出場資格停止8年」の処分を発表した。この処分は決勝戦のあった6月5日にさかのぼって有効となり、全仏オープン準優勝で獲得したポイントと賞金を含め、それ以後のランキング・ポイントと獲得賞金がすべて没収されることになった。マリアノ・プエルタ フレッシュアイペディアより)

  • ブラッド・パークス

    ブラッド・パークスから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    1988年、パークスら車いすテニス関係者と全米テニス協会、国際テニス連盟などに所属するメンバーらによる協議の結果、8カ国が原加盟国として参加する国際車いすテニス連盟(International Wheelchair Tennis Federation, IWTF)が創設された。この際、パークスは満場一致で初代会長に選出された。同連盟が国際テニス連盟の下部組織として公認を受けたことから、1990年には、ギリシアのアテネで開催された国際テニス連盟の年次総会に出席してスピーチを行った。このスピーチは会場から大きな称賛を受け、各国のテニス関係者の間に車いすテニスへの関心をさらに引き寄せることとなった。ブラッド・パークス フレッシュアイペディアより)

  • 1988年ウィンブルドン選手権

    1988年ウィンブルドン選手権から見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    国際テニス連盟トーナメントリンク(男子、女子)1988年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年全豪オープン

    1988年全豪オープンから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    国際テニス連盟トーナメントリンク(男子、女子)1988年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • 車いすテニス

    車いすテニスから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    1988年7月、国際テニス連盟が車いすテニスにおける2バウンドによる返球ルールを承認し、この新競技を正式に認可した。10月にはブラッド・パークスを会長とする国際車いすテニス連盟(IWTF)が設立された。最初の加盟国はオーストラリア、カナダ、フランス、イギリス、オランダ、イスラエル、日本、アメリカの8カ国である。車いすテニス フレッシュアイペディアより)

  • 1988年全米オープン (テニス)

    1988年全米オープン (テニス)から見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    国際テニス連盟トーナメントリンク(男子、女子)1988年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックにおけるテニス競技・男子シングルス

    北京オリンピックにおけるテニス競技・男子シングルスから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    IP = ワールドカード(国際テニス連盟推薦枠)北京オリンピックにおけるテニス競技・男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • グランドスラム (テニス)

    グランドスラム (テニス)から見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    グランドスラム()とは、一般的には国際テニス連盟が定める4大国際大会を全て制覇する事を指す。元々はトランプゲームのコントラクトブリッジで圧勝を示す言葉であり、本項のグランドスラムはその用語を拝借したもの。グランドスラム (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • ローラ・ロブソン

    ローラ・ロブソンから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    2007年5月からITFジュニアサーキット出場を開始。この年に早くもシングルスで1優勝2準優勝、ダブルスで1優勝2準優勝を挙げた。特にシングルス初優勝となった10月の大会では、体格、技術、メンタル等の年齢差が顕著に出るジュニアにおいて、予選から全て年上を下して勝ち上がり、決勝では3歳年上の第4シードを破って優勝している。ローラ・ロブソン フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラヴァ・ヴァヴリネック

    ミロスラヴァ・ヴァヴリネックから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    元やり投選手であった父ミロスラフと母ドラホミラの間に一人娘として生まれる。ミロスラヴァが2歳の頃に一家はスイスに亡命。後に同国に帰化し、両親はトゥールガウ州のクロイツリンゲンで宝石店を営みながらミロスラヴァを育てた。9歳の時に父に連れられて行ったドイツのテニス大会でマルチナ・ナブラチロワに会い、父がナブラチロワに懇願した結果ドイツでのテニスレッスンを手配してもらったのが彼女のテニスキャリアの始まりである。ナブラチロワのレッスンを受けるためミロスラヴァはフィルダーシュタットに向かい、そこで数日のレッスンを行った。当時バレリーナになる事を夢見ていたミロスラヴァにとって、これが初めてのテニス体験であり最初はあまり乗り気ではなかったが、ナブラチロワはレッスンを行う内にミロスラヴァのアスリートとしての恵まれた体格や運動神経を見抜いた上でテニス選手になることを強く勧め、チェコスロバキアの元トップ選手であり、当時ヴァヴリネック一家と同じくスイスに亡命していたイリ・グラナトの下で更なるレッスンが受けられるよう手配した。ナブラチロワの読みは正しく、ミロスラヴァのテニス技能はすぐに上達し、15歳でスイスの18歳以下ジュニアで優勝。この優勝が契機となりプロ選手になることを決意する。ミロスラヴァはジュニア大会には殆ど出場せず、14歳からシニアのITFサーキット大会転戦を開始。1994年7月に16歳でフェドカップスイス代表に初選出され、ワールドグループ1回戦、対カナダ戦でダブルスに起用されると、1995年シーズンはシングルスランクを337位で終了し、この時点で国内4番手の選手となった。しかし翌1996年にミロスラヴァがテニスキャリアで終生悩まされることになる踵の怪我を負い、これによりプロ転向が若干遅れたが、1998年1月に19歳でプロに転向する。ミロスラヴァ・ヴァヴリネック フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
286件中 1 - 10件表示

「国際テニス連盟」のニューストピックワード