286件中 11 - 20件表示
  • 愛甲霞

    愛甲霞から見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    8歳のときテニスを始め、朝日生命Jr.テニスクラブでテニスを学んだ。堀越高等学校を経て青山学院大学硬式庭球部に所属、4年時には主将を務める。2005年大学卒業後は同部の女子コーチに就任。同時にプロに転向。(所属はインドアテニススクールを運営する VIP・TOPグループ)また上記の活動と平行して横浜国立大学大学院に進学し、健康スポーツを専攻している。WTAポイントの付く国際大会には2008年8月の須玉でのITFサーキット大会ダブルス1回戦で敗退してから参戦しておらず、2008年からは単複ともWTAランキングを失っている。2009年からはビーチテニスの選手としても活動を開始。同年9月には高校テニスの名門校として知られる湘南工科大学附属高等学校のテニス部女子監督に就任した。愛甲霞 フレッシュアイペディアより)

  • 全米オープン (車いすテニス)

    全米オープン (車いすテニス)から見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    全米オープン(英語: US Open)はアメリカ合衆国で開催される車いすテニスの国際大会で、国際テニス連盟公認のNEC車いすテニスツアーに含まれるトーナメント。USオープンとも呼ばれる。全米オープン (車いすテニス) フレッシュアイペディアより)

  • 日本車いすテニス協会

    日本車いすテニス協会から見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    1986年、各地で開催される車いすテニスの国内大会の調整等のため、日本車いすテニス連絡協議会が発足、のちに日本車いすテニスプレーヤーズ協会に改組される。1989年、日本車いすテニス協会が組織され、1991年に日本車いすテニスプレーヤーズ協会と統合改組し、現在の日本車いすテニス協会となった。国際テニス連盟車いすテニス委員会の諮問機関、国際車いすテニス協会に加盟、日本国内のみならずアジア諸国でも車いすテニスの普及活動を行っている。日本車いすテニス協会 フレッシュアイペディアより)

  • メレディス・マグラス

    メレディス・マグラスから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    ITF World of Tennis 1997 (ワールド・オブ・テニス 1997) Collins Willow, London (1997) ISBN 0-00-218714-0 国際テニス連盟が毎年発刊するテニス年鑑。メレディス・マグラス フレッシュアイペディアより)

  • キャシー・リナルディ

    キャシー・リナルディから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    ITF World of Tennis 1989 (ワールド・オブ・テニス 1989) Willow Books Collins, London (1989) ISBN 0-00-218311-0 国際テニス連盟が毎年発刊するテニス年鑑。キャシー・リナルディ フレッシュアイペディアより)

  • コリン・グレゴリー

    コリン・グレゴリーから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    彼のフルネームが「ジョン・コリン・グレゴリー」であることから、テニス文献や優勝記録表では「コリン・グレゴリー」(Colin Gregory)と「ジョン・グレゴリー」(John Gregory)が混在していることが多いが、これは同一人物を指している。デビスカップサイトには「コリン・グレゴリー」の名前で登録されており、国際テニス連盟のプロフィールでもこの名前で掲載されている。コリン・グレゴリー フレッシュアイペディアより)

  • ジル・ヘザリントン

    ジル・ヘザリントンから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    ITF World of Tennis 1989 (ワールド・オブ・テニス 1989) Willow Books Collins, London (1989) ISBN 0-00-218311-0 国際テニス連盟が毎年発刊するテニス年鑑。ジル・ヘザリントン フレッシュアイペディアより)

  • 全英オープン (車いすテニス)

    全英オープン (車いすテニス)から見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    全英オープン(英語:British Open)はイギリスで開催される車いすテニスの国際大会で、国際テニス連盟公認のNEC車いすテニスツアーに含まれるトーナメント。ブリティッシュオープンとも呼ばれる。全英オープン (車いすテニス) フレッシュアイペディアより)

  • 石津幸恵

    石津幸恵から見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    小学2年生の時に出場した福島県大会(U-12部門)で優勝したのを皮切りに、以降の県大会では18回連続優勝を成し遂げる。小学6年生の時に出場した全国大会で初めて全国優勝を飾る。2006年からITFジュニアサーキットへ参戦。翌2007年からはITFウーマンサーキットへ参戦。ウーマンサーキットでは、2010年現在まで5度優勝している。ジュニアサーキットでは2010年1月にカサブランカカップで優勝すると、7月にウィンブルドンの女子ジュニア部門で準優勝を飾る。日本人選手としては、1969年の沢松和子以来41年ぶりの快挙であった。2010年8月11日に同年10月1日付けでのプロ転向を発表。所属先はヨネックスとなる見込み。石津幸恵 フレッシュアイペディアより)

  • ボニー・ガドゥセク

    ボニー・ガドゥセクから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    ITF World of Tennis 1985 (ワールド・オブ・テニス 1985) Willow Books Collins, London (1989) ISBN 0-00-218172-X 国際テニス連盟が毎年発刊するテニス年鑑。ボニー・ガドゥセク フレッシュアイペディアより)

286件中 11 - 20件表示

「国際テニス連盟」のニューストピックワード