286件中 21 - 30件表示
  • アン・スミス

    アン・スミスから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    1984年の全仏オープン混合ダブルスで、アン・スミスは同じアメリカのディック・ストックトンとペアを組んで4年ぶり2度目の優勝を果たす。これが彼女の最後の4大大会ダブルス優勝になった。1985年に「テキサス・テニス殿堂」入りを果たし、シングルスでは1991年、ダブルスでは1992年まで現役を続行した。その後、彼女は2005年-2006年の2年間アメリカ国内のITFサーキット大会に再挑戦し、ダブルスでは1勝を記録した。その後、彼女はスタン・スミスと組んで全米オープンの「レジェンド部門」混合ダブルスに出場し、2007年と2008年の2年連続で優勝を遂げている。アン・スミス フレッシュアイペディアより)

  • ロザリン・フェアバンク

    ロザリン・フェアバンクから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    ITF World of Tennis 1989 (ワールド・オブ・テニス 1989) Willow Books Collins, London (1989) ISBN 0-00-218311-0 国際テニス連盟が毎年発刊するテニス年鑑。ロザリン・フェアバンク フレッシュアイペディアより)

  • レジナ・マルシコワ

    レジナ・マルシコワから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    World of Tennis 1979 (ワールド・オブ・テニス 1979) Macdonald and Jane's, London (1979) ISBN 0354-09068-2 国際テニス連盟が毎年発刊するテニス年鑑。レジナ・マルシコワ フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・グーレイ

    ヘレン・グーレイから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    World of Tennis 1979 (ワールド・オブ・テニス 1979) Macdonald and Jane's, London (1979) ISBN 0354-09068-2 国際テニス連盟が毎年発刊するテニス年鑑。ヘレン・グーレイ フレッシュアイペディアより)

  • ベッツィ・ナゲルセン

    ベッツィ・ナゲルセンから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    (本記事では、国際テニス連盟が毎年発刊するテニス年鑑を3冊使用した。)ベッツィ・ナゲルセン フレッシュアイペディアより)

  • ジュジャ・ケルメツィ

    ジュジャ・ケルメツィから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    選手生活からの引退後、ケルメツィはハンガリーで後進の育成に携わった。彼女が65歳の時、1989年にハンガリーの共産主義政権が崩壊する。2006年8月25日、ケルメツィは82歳の誕生日に国際テニス連盟から「テニスに貢献した選手の賞」(Awards for Services to the Game)を授与された。一緒に受賞した選手は総計13名で、その中にはクルト・ニールセン(デンマーク)、加茂公成(日本)、バルバラ・シェット(オーストリア)、アンナ・スマシュノワ(イスラエル)、ジーナ・ガリソン(アメリカ)などがいた。しかし、国際テニス連盟の表彰から1ヶ月もたたないうちに、ジュジャ・ケルメツィは2006年9月16日に82歳と22日で死去した。ジュジャ・ケルメツィ フレッシュアイペディアより)

  • ギリェルモ・カナス

    ギリェルモ・カナスから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    ところが、2005年2月21日にメキシコ・アカプルコで開かれた「メキシコ・テニス選手権」において、カナスが禁止薬物である利尿剤の「ヒドロクロロチアシド」に陽性反応を示したことが発覚する。2005年全仏オープンで2度目のベスト8に進出した直後、このドーピング問題が明らかにされ、カナスは国際テニス連盟(ITF)から2年間の出場停止処分を受けた。(全仏でカナスを破ったプエルタも、ラファエル・ナダルとの全仏決勝終了後に「エチレフリン」の薬物違反が発覚した。)この件はスポーツ仲裁裁判所(CAS)に持ち出され、カナスの出場停止処分は当初の2年間から9ヶ月短縮されて「15ヶ月」になった。問題が発覚した2005年6月11日から起算し、15ヶ月後の2006年9月11日に処分が解除された。ギリェルモ・カナス フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・フィッツジェラルド (テニス選手)

    ジョン・フィッツジェラルド (テニス選手)から見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    ITF World of Tennis 1989 (ワールド・オブ・テニス 1989) Willow Books Collins, London (1989) ISBN 0-00-218311-0 国際テニス連盟が毎年発刊するテニス年鑑。ジョン・フィッツジェラルド (テニス選手) フレッシュアイペディアより)

  • ラファエラ・レジ

    ラファエラ・レジから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    ITF World of Tennis 1989 (ワールド・オブ・テニス 1989) Willow Books Collins, London (1989) ISBN 0-00-218311-0 国際テニス連盟が毎年発刊するテニス年鑑。ラファエラ・レジ フレッシュアイペディアより)

  • カーリン・バセット=セグソ

    カーリン・バセット=セグソから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    ITF World of Tennis 1985 (ワールド・オブ・テニス 1985) Willow Books Collins, London (1989) ISBN 0-00-218172-X 国際テニス連盟が毎年発刊するテニス年鑑。カーリン・バセット=セグソ フレッシュアイペディアより)

286件中 21 - 30件表示

「国際テニス連盟」のニューストピックワード