286件中 31 - 40件表示
  • ブラッド・ギルバート

    ブラッド・ギルバートから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    ITF World of Tennis 1989 (ワールド・オブ・テニス 1989) Willow Books Collins, London (1989) ISBN 0-00-218311-0 国際テニス連盟が毎年発刊するテニス年鑑。ブラッド・ギルバート フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ラミレス

    ラウル・ラミレスから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    World of Tennis 1979 (ワールド・オブ・テニス 1979) Macdonald and Jane's, London (1979) ISBN 0354-09068-2 国際テニス連盟が毎年発刊するテニス年鑑。ラウル・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • オルガ・モロゾワ

    オルガ・モロゾワから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    World of Tennis 1979 (ワールド・オブ・テニス 1979) Macdonald and Jane's, London (1979) ISBN 0354-09068-2 国際テニス連盟が毎年発刊するテニス年鑑。オルガ・モロゾワ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・ピリッチ

    ニコラ・ピリッチから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    1973年、ニキ・ピリッチの人生で最大の波乱が訪れる。この年から男子団体戦のデビスカップもオープン化され、プロ選手の出場が可能になったが、ピリッチはユーゴスラビア・テニス連盟からのデビスカップ出場要請を拒否し続けた。そのため、彼はユーゴテニス連盟から9ヶ月の出場停止処分を言い渡される。この件は全仏オープン直前に明らかになり、「国際ローンテニス連盟」(International Lawn Tennis Federation, 略称ILTF:現在の国際テニス連盟)は緊急会合を開いて、彼の出場停止処分を9ヶ月から1ヶ月へ短縮することを検討した。1ヶ月の出場停止処分は、ウィンブルドンから発効する。この騒動のさなかで、ピリッチは全仏オープン男子シングルス準優勝者となり、同じく共産主義国であったルーマニアのイリ・ナスターゼに 3-6, 3-6, 0-6 で敗れた。当時発足したばかりの男子プロテニス協会(Association of Tennis Professionals, 略称ATP)に加盟していた選手たちは、この件は単にピリッチ1人の問題ではなく「ATPツアー全体の問題」と重く受け止めた。当時はどこの国でも、選手たちの活動が自国のテニス連盟に拘束され、海外遠征などを自由にできないケースが多かったため、彼らはピリッチとユーゴテニス連盟の摩擦を「他人事ではない」とみなした。その結果として、ウィンブルドン開幕直前に「ピリッチが出場できないトーナメントはすべてボイコットする」決議が採択され、総計「79名」のATPツアー加盟選手たちがウィンブルドンをボイコットした。出場停止処分が明けた後、ピリッチは全米オープンでヤン・コデシュ(チェコスロバキア)との準々決勝まで勝ち進んだ。その後、彼は問題視されたデビスカップにも1974年から1977年まで4年間ユーゴ代表選手として出場し、1978年全仏オープンまで4大大会に出場した。ニコラ・ピリッチ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・セグソ

    ロバート・セグソから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    ITF World of Tennis 1989 (ワールド・オブ・テニス 1989) Willow Books Collins, London (1989) ISBN 0-00-218311-0 国際テニス連盟が毎年発刊するテニス年鑑。ロバート・セグソ フレッシュアイペディアより)

  • 斎田悟司

    斎田悟司から見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    1996年、アトランタパラリンピックでパラリンピックに初出場。1999年、地元を離れ、吉田記念テニス研修センターの丸山弘道コーチのもとでトレーニングを開始する。2000年のシドニーパラリンピックでは8位入賞した。2002年にはジャパンオープンで優勝、2003年、日本人選手としては初めて国際テニス連盟が選出する世界車いすテニスプレイヤー賞を受賞した。2004年のアテネパラリンピックでは国枝慎吾と組み、男子ダブルスで優勝、2008年の北京パラリンピックでは男子ダブルスで銅メダルを獲得した。斎田悟司 フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚国際車いすテニス大会

    飯塚国際車いすテニス大会から見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    飯塚国際車いすテニス大会(いいづかこくさいくるまいすテニスたいかい、英語:Japan Open)は1985年から毎年5月頃に福岡県飯塚市で開催される車いすテニスの国際大会。国際テニス連盟公認のNEC車いすテニスツアーに含まれるトーナメントで、2004年よりスーパーシリーズに格付けされ、ジャパンオープンとも呼ばれる。飯塚国際車いすテニス大会 フレッシュアイペディアより)

  • ロビン・アマラーン

    ロビン・アマラーンから見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    1999年にはNEC車いすテニスマスターズで初優勝し、一躍、世界のトップ選手となる。リッキー・モリールと組んだ2000年のシドニーパラリンピック男子ダブルス、2004年のアテネパラリンピック男子シングルスでそれぞれ金メダルを獲得した。2006年には国際テニス連盟(ITF)が選出するITF世界チャンピオンとなった。ロビン・アマラーン フレッシュアイペディアより)

  • 大前千代子

    大前千代子から見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    車いすテニスにおけるパラリンピック自己最高順位は、八筬美恵と組んで出場した2004年のアテネパラリンピックにおける女子ダブルス4位であり、これは日本女子の最高順位ともなっている。国際テニス連盟(ITF)車いすテニスランキング上位選手のみが出場できるNEC車いすテニスマスターズには1998年、2001年〜2003年に、全豪オープンクラシックエイトにも2002年〜2004年にそれぞれ出場した。大阪車いすテニス協会会長、日本車いすテニス協会副会長を務める。大前千代子 フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・ホール (テニス選手)

    デビッド・ホール (テニス選手)から見た国際テニス連盟国際テニス連盟

    1995年、全米オープンで外国人選手として初めて優勝し、1990年代から2000年代にかけて数多くの車いすテニスの主要大会を制した。世界ランキング自己最高位はシングルス、ダブルスともに1位。1995年、1998年、2000年、2002年からは3年連続で、計6度にわたり国際テニス連盟(ITF)が選出するITF世界チャンピオンとなった。デビッド・ホール (テニス選手) フレッシュアイペディアより)

286件中 31 - 40件表示

「国際テニス連盟」のニューストピックワード