前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
235件中 1 - 10件表示
  • 竹島 (島根県)

    竹島 (島根県)から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    その後、1965年に締結された日韓基本条約と共に李承晩ラインは廃止されるが、現在に至るまで韓国は竹島を韓国領として不法に実効支配を継続している。日本は毎年韓国に対して不法な支配であるとの口上書を提出し、また国際司法裁判所での司法解決の提案をしているが韓国はこれを拒否している。竹島 (島根県) フレッシュアイペディアより)

  • 国際法

    国際法から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    フランス語では、「国際法」として、"Droit international public"(国際公法)と"Droit des gens"(万民法)という二つの用語がある。今日では前者が一般に用いられるが、後者は古典的な用語法で、現代では特に個人の保護を念頭においたときに用いられる(例えば、ジェノサイドを"un crime de droit des gens"と表現するものとして、「ジェノサイド条約に対する留保」国際司法裁判所勧告的意見、C.I.J.Recueil 1951, p.23)。ヨーロッパの大学における国際法の講義の名称として、"Droit des gens"を今日でも続けて用いている大学もある。国際法 フレッシュアイペディアより)

  • 領土問題

    領土問題から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    領土問題は当事国同士での外交で解決されるのが望ましいが、当事国間で解決することが困難な場合には、国際司法裁判所 (ICJ) への付託ができる。もっとも国際司法裁判所への付託は、紛争当事国の一方が拒否すれば審判を行うことができず、つまり強制管轄権はない。ただし、双方の当事国が義務的管轄権受託宣言を事前に行っている場合には例外的に付託される。領土問題 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所規程

    国際司法裁判所規程から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    国際司法裁判所規程(こくさいしほうさいばんしょきてい、The Statute of the International Court of Justice)は、国際司法裁判所の構成、管轄、手続きなどを規定する国際条約。1945年6月26日にサンフランシスコ会議で採択され、同年10月24日発効。国際連合憲章と不可分であり、すべての国連加盟国は本規程の当事国となることが義務づけられている。国際司法裁判所規程 フレッシュアイペディアより)

  • ペテル・トムカ

    ペテル・トムカから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    ペテル・トムカ(Peter Tomka、1956年6月1日 -)は、スロバキア出身の外交官であり、2013年12月現在国際司法裁判所の所長を務める。ペテル・トムカ フレッシュアイペディアより)

  • ヴァン・フリート特命報告書

    ヴァン・フリート特命報告書から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    この領土問題は国際司法裁判所を通じて解決されることが望まれるヴァン・フリート特命報告書 フレッシュアイペディアより)

  • 常設国際司法裁判所

    常設国際司法裁判所から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    常設国際司法裁判所(、、両言語共に正式名)は、1922年に設立された国際連盟における国際司法機関で、国際社会に初めて登場した本格的な常設の司法裁判所である。オランダのハーグにある平和宮に本部を置いていた。1922年から1940年までの期間に裁判を行ったが、処理した事件の件数については38の判決と27のとする説や、21の判決と26の勧告的意見とする説がある。1940年、ナチス・ドイツがオランダに侵攻したのを機に活動を停止し、1946年4月に国際連盟とともに消滅した。国際連合のもとに設立された国際司法裁判所がこれを継承した。常設国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • デン・ハーグ

    デン・ハーグから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    スターテン・ヘネラールと称されるオランダ議会の議事堂が所在している。議事堂のほかに、王室の宮殿、中央官庁、各国の大使館などが置かれており、ほぼすべての首都機能を担う、国内政治の中心都市である。そのほかにも、国際司法裁判所や旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷、国際刑事裁判所等の重要な国際機関が複数置かれ、「平和と司法の街」とも呼ばれる。一般に首都とされているアムステルダムは、憲法において首都と規定され、かつ王宮も存在する(ただし実質的には離宮)ものの、歴史的に首都機能はハーグが担ってきている。デン・ハーグ フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合

    国際連合から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    国際連合の主要機関として、総会、安全保障理事会、経済社会理事会、信託統治理事会、国際司法裁判所、事務局の6つの主要機関を設けている。国際連合 フレッシュアイペディアより)

  • 判決 (国際司法裁判所)

    判決 (国際司法裁判所)から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    本項目では国際司法裁判所の判決について述べる。国際司法裁判所(ICJ)の係争事件では基本的に国家のみが当事者となることができるが、国連総会や国連安保理などといった国連機関による諮問に対してICJが下す意見のことを勧告的意見といい、国家間の裁判における係争事件の判決とは区別される。ICJ規程第59条によりICJの判決は紛争当事国に対してだけ法的拘束力がおよぶことと定められており、これにより判例としての先例拘束性は否定されている。しかし実際には裁判で多くの過去の裁判例が引用されており、実質的に判例法としての役割を果たしている。判決 (国際司法裁判所) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
235件中 1 - 10件表示

「国際司法裁判所」のニューストピックワード