164件中 91 - 100件表示
  • コソボ紛争

    コソボ紛争から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1999年4月29日、ユーゴスラビアはハーグにある国際司法裁判所でNATO加盟諸国(ベルギー、ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、カナダ、オランダ、ポルトガル、スペイン、アメリカ合衆国)を相手に訴えを起こした。裁判所は、紛争当時、ユーゴスラビアが国連の加盟国ではないために、この訴えについての判断を避けた。コソボ紛争 フレッシュアイペディアより)

  • 市民的及び政治的権利に関する国際規約

    市民的及び政治的権利に関する国際規約から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    このように、規約の適用範囲は日本政府による日本語訳では「その領域内にあり、かつ、その管轄の下にある」全ての個人であるが、その英語正文はである。この解釈において、締約国の領域内にいるがその管轄下にない個人や、管轄下にあるが領域内にいない個人に対して、本規約が適用されるかが問題となる。当初、国連人権委員会が起草した草案2条1項では、単に(その管轄の下にある)となっていたが、アメリカ合衆国が、自国の占領下にある他国民の人権を保障する義務から免れるため、領域内にあることという要件を追加するよう提案した結果、上記のような条文となったものである。これを受けて、初期の学説は「領域内にあり、かつ(and)、管轄の下にある」ことが必要と解するものが支配的であった(日本政府による日本語訳もこうした解釈に沿って作成された)。しかし、規約人権委員会は、締約国の「領域内にいる全ての人」及び(and)「管轄の下にある全ての人」に対し規約上の権利を確保することが締約国の義務であるとの解釈を一貫してとり、2004年の一般的意見31でもそれを明確にした。国際司法裁判所も、2004年の「パレスチナ占領地域における分離壁建設の法的効果」事件において、規約人権委員会の一貫した実行を支持しており、学説上も規約人権委員会の実行を支持する見解が有力になっている。市民的及び政治的権利に関する国際規約 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス委任統治領パレスチナ

    イギリス委任統治領パレスチナから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    国際連合の国際司法裁判所による法分析では、国際連盟憲章は、パレスチナの諸共同体を暫定的に独立国家相当と認めていたとされる。委任統治は一時的なもので、その地域を独立の国家へと導くことをその目的としていた。ヒギンス判事は、パレスチナの人々にはその土地で自治を行う資格があり、自身の国家を持つ資格もあると説明している。国際司法裁判所は、移動の自由や聖地への接近に関する、1878年のベルリン条約で認められていた特別な保証は、パレスチナ委任統治の下でも、国際連合総会決議181(国連パレスチナ分割案、1947年)の下でも保存されていたとしている。イギリス委任統治領パレスチナ フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島国有化

    尖閣諸島国有化から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    少数ながら、ICJ(国際司法裁判所)に付託すべきという意見もある。尖閣諸島国有化 フレッシュアイペディアより)

  • ラスク書簡

    ラスク書簡から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    この領土問題は国際司法裁判所を通じて解決されることが望まれるラスク書簡 フレッシュアイペディアより)

  • 子どもの権利

    子どもの権利から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    「子どもの権利条約」は、国際司法裁判所やユーゴスラビア・ルワンダ裁判所(旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷・ルワンダ国際戦犯法廷)やシエラ・レオネ特別裁判所などのような国際的司法責任機構と共に、子どもの権利の注目度を世界中に高めたと言われている。子どもの権利 フレッシュアイペディアより)

  • あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約

    あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    この条約の解釈或いは適応に関する2以上の締約国の紛争であって、交渉またはこの条約に明示的に定められている手続によって解決されないものは、紛争当事国方の解決方法について合意しない限り、いずれかの紛争当事国の要請により、決定のため国際司法裁判所に付託される。あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約 フレッシュアイペディアより)

  • チャドの歴史

    チャドの歴史から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    ハブレは、反対派を残忍なやり方で粛清した。グクーニ派は、リビアの後ろ盾を得て、ハブレ派と度々衝突した。1983年、リビア軍が侵入するとフランスとザイールが政府軍を支援して、リビア軍を押し戻した。1984年9月にフランスとリビアの間で休戦と互いの撤退の合意がなされた。フランスとザイールは1984年末までに撤退を終えたが、リビアはチャド北部の占領を続けた。1987年、トヨタ戦争()。アフリカ統一機構の調停で、リビアとの休戦協定が成立する。問題となっていたアオゾウ地帯は、外交による解決を図ることになった(1994年の国際司法裁判所の決定で、チャドに帰属権が認められた)。1988年にはリビアとの間で、国交が回復した。チャドの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 小田稔

    小田稔から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1923年:北海道に生まれる。父は医学者の小田俊郎、母方の祖父は台湾の医学教育に尽くした堀内次雄。元国際司法裁判所判事で、文化勲章受賞者の小田滋は弟。小田稔 フレッシュアイペディアより)

  • ツバル

    ツバルから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    海面上昇の懸念の中、50年以内に人の住めない土地になるかもしれないとされたことをふまえ、ツバルは、およそ30年で国民全員を国外へ移住させることを目標に、オーストラリアとニュージーランドに国民を環境難民として受け入れることを要請した。 この要請はオーストラリアからは拒絶されたものの、2001年にニュージーランドから労働移民として毎年 75 人を受け入れるという約束を取り付けることができた。 また2002年にアメリカが京都議定書を離脱する決定をすると、実際に実行されることはなかったものの、ツバルはキリバスやモルジブとともに、京都議定書を批准していないアメリカとオーストラリアを国際司法裁判所へ提訴すると表明し注目を集めた。ツバル フレッシュアイペディアより)

164件中 91 - 100件表示

「国際司法裁判所」のニューストピックワード