235件中 91 - 100件表示
  • プリイェドルの虐殺

    プリイェドルの虐殺から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    国際司法裁判所でのボスニアとセルビアによるジェノサイド裁判(Bosnia v. Serbia Genocide Case)での専門家委員会報告書では、コザラツへの攻撃は3日間続き、兵士らが「あらゆる動くもの」を射撃する中、森へと逃げ込んだと述べた。生存者によると、少なくとも2000人の村人がこの間に殺害された。村人たちによる防戦は5月26日に終わりを迎えた。村人らは10分以内にコザラツのサッカー競技場に集まるよう呼びかけられた。しかし、多くの人々は家を去る機会を与えられる前に、彼らの家で殺害された。ある証言によると、数千人の人々が白旗を掲げて投降を試みたが、3台のセルビア人勢力の戦車は彼らに対して攻撃を加え、多くの人々を殺害したとしている。プリイェドルの虐殺 フレッシュアイペディアより)

  • スレブレニツァの虐殺

    スレブレニツァの虐殺から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    2007年2月、国際司法裁判所(ICJ)は、スレブレニツァの虐殺がジェノサイドであったとするICTYの判断を確認し、次のとおり言明した。スレブレニツァの虐殺 フレッシュアイペディアより)

  • 南極海における捕鯨事件

    南極海における捕鯨事件から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    南極海における捕鯨事件(なんきょくかいにおけるほげいじけん、英語:Case concerning Whaling in the Antarctic、フランス語:Affaire du Chasse à la baleine dans l'Antarctique)とは、日本による第二期南極海鯨類捕獲調査(以下JARPA II)の国際法上の是非を巡って、2010年5月31日にオーストラリアが日本を国際司法裁判所に提訴した国際紛争である。日本が国際司法裁判所の紛争当事国となる初めてのケースであり、3年間におよぶ提訴内容の調整を経て、2013年6月に口頭弁論が開始された。2014年3月31日に本案判決が下され裁判は終了した。その内容は日本にとって全面敗訴に等しいものとなった。南極海における捕鯨事件 フレッシュアイペディアより)

  • ハーグ国際法アカデミー

    ハーグ国際法アカデミーから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    ハーグ国際法アカデミー(ハーグこくさいほうアカデミー、英:The Hague Academy of International Law)は、国際関係の法的側面を科学的進歩的に研究することを目的とし、国際私法および国際公法の高度な研究・教育を行っている機関。国際法の普及と研究の面で最も権威があるとされる。ノーベル平和賞受賞者であるトビアス・アッセルが提唱し、カーネギー国際平和財団の協力により、1923年に創設された。国際司法裁判所(ICJ)や常設仲裁裁判所(PCA)と共にオランダ王国ハーグ市の平和宮に設置されている。国際法の多くの研究者や国際司法裁判所の幾人かの判事は、このアカデミーの修了生であるか教授経験者である。ハーグ国際法アカデミー フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋伸欣

    高嶋伸欣から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1974年(昭和49年)、文部省検定を通過した付図について、「尖閣諸島は沖縄返還で話題になったから意識的に表記された」とし、「しかし、竹島は当時問題になっていないし、日本人はずっと関心がなかったので、目立たない程度に表示されているだけだった」と韓国マスコミのインタビューに答えている(しかし日本は竹島問題について1952年(昭和27年)から韓国に対して国際司法裁判所への付託を韓国側に提案してきており、1965年(昭和40年)の日韓基本条約で日本側は竹島問題は紛争処理事項であるとしている)。そしてこれまで竹島を問題としていなかった日本が、近年竹島を領土問題として浮上させた理由は、安倍晋三を中心とした自民党勢力が、票田のために、領土紛争を引き起こしてナショナリズムを拡散させるように島根県をけしかけたものであると主張している(しかし1977年(昭和52年)2月5日には、すでに福田赳夫首相が「竹島は一点疑う余地のない日本固有の領土」と公言している)。民主党政権になっても竹島問題は同じく浮上し続けている点については、「民主党自体が半分は隠れた自民党だから」と主張している。高嶋伸欣 フレッシュアイペディアより)

  • ダグラス・マッカーサー2世

    ダグラス・マッカーサー2世から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    次期政権にいかなる形においても竹島を返還する意思がない場合には、米国は最低限でもこの件を国際司法裁判所に付託し仲裁を求めるよう主張すべきである。ダグラス・マッカーサー2世 フレッシュアイペディアより)

  • 国籍

    国籍から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    国籍の国際法的機能の一つとして、国家の外交的保護権、すなわち国家は自国民が他国によって身体や財産の侵害を被った場合に、加害国に対して適切な救済を与えるよう要求することが認められる。ここで、国内法上有効に付与された国籍であっても、国際法上の対抗力を欠く場合がある。国際司法裁判所はノッテボーム事件において、個人と国籍国との間に真正の連関基準が無い場合には外交的保護権を発動できないとした。国籍 フレッシュアイペディアより)

  • アリエル・シャロン

    アリエル・シャロンから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    2002年からパレスチナ自治区ヨルダン川西岸の占領地(ユダヤ・サマリア地区)との間に、長大な分離壁の建設を開始した。2003年12月、これを受けた国連総会は国際司法裁判所に対して、分離壁の建設に関する勧告意見を出す要請をした。2004年7月、この要請を受けた国際司法裁判所は、「パレスチナ人の土地に壁を建設することは違法であり、撤去されなければならず、パレスチナ人に対してイスラエルは補償を支払わなければならない。」とする勧告意見を出している。また、同年8月にはイスラエル最高裁判所は政府に対し、分離壁が、上に建設されないことの説明を求める命令を下している。2005年9月には分離壁の経路変更を命じる最高裁判決も下されている。同判決はパレスチナ人の村を併合すべきではないとしている。その後もパレスチナ人およびイスラエルの人権団体による分離壁の経路変更を求める裁判が数多く提起され、最高裁の判決が相次いで出されている。この中には違法ではなく承認する判決もある。また、西側諸国からも「かつてあったベルリンの壁を彷彿させる」「報復措置としての包囲・破壊」などと非難された。アリエル・シャロン フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    こうした排他的経済水域に関わる問題は、国連海洋法条約において「関係国の合意到達の努力」に委ねられているが、解決が見られない場合は調停を要請できる。それでも解決が見られない場合は各裁判所に要請する事ができる。当条約は平和的解決を要求しているが、条文には強制力がないため、関係国がこれに応じない場合調停や裁判所での解決ができない。日本・中国共に国連海洋法条約に批准しており、日本は国際司法裁判所や国際海洋法裁判所に付託する事を中国に要請しているが、中国はこれに応じていない。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 国民国家

    国民国家から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1991年6月、スロベニアとクロアチアの両共和国はユーゴスラビア連邦からの独立を宣言し、セルビアが主導するユーゴスラビア連邦軍とスロベニアとの間に十日間戦争、クロアチアとの間にクロアチア紛争が勃発した。十日間戦争は短期間で終結したものの、クロアチア紛争は長期化し、それまで地域社会で共存していたセルビア人とクロアチア人が相互に略奪、虐殺、強姦を繰り返す「憎しみの連鎖」が生まれた。また、1992年3月に発せられたボスニア・ヘルツェゴビナの独立宣言をきっかけに、独立に反対するセルビア人と独立を推進するボシュニャク人(ムスリム人)が軍事的に衝突、多くは独立に賛成の立場をとるクロアチア人がこれに加わった。これが同年4月よりはじまったボスニア・ヘルツェゴビナ紛争である。ボスニア・ヘルツェゴビナでは、セルビア人・クロアチア人・ボシュニャク人の混住が進行していたため、状況はさらに深刻で、セルビア、クロアチア両国が介入したこともあって戦闘は泥沼化し、その過程で民族浄化が発生した。1995年7月、セルビア人勢力は、国際連合の指定する「安全地帯」であったスレブレニツァに侵攻し、同地のボシュニャク人男性すべてを絶滅の対象とし、8,000人以上を組織的に殺害するスレブレニツァの虐殺が引き起こされた。この虐殺は、旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷および国際司法裁判所によってジェノサイドと認定された。1996年に起こったコソボ紛争でも1999年にジェノサイド(ラチャクの虐殺)が発生し、国際問題へと発展した。国民国家 フレッシュアイペディアより)

235件中 91 - 100件表示

「国際司法裁判所」のニューストピックワード