164件中 11 - 20件表示
  • 国際裁判所

    国際裁判所から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    現在設置されている常設的な国際裁判所のうち、全世界的なものとしては、固有の施設を持ち15人の裁判官が常駐する国際司法裁判所をはじめ、国連海洋法条約の解釈・適用に関する紛争を処理する国際海洋法裁判所などがあり、また地域的な常設の裁判所としては欧州司法裁判所や米州人権裁判所などがある。以下活動地域ごとに分けて主なものを紹介する。国際裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の国際関係

    日本の国際関係から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    中華人民共和国(中国)との間における、東シナ海で両国が主張する排他的経済水域の範囲の違いに起因する。日本は、両国の国境の中間線を境界線として主張し、中国は、ユーラシア大陸の大陸棚部分を自国の領域と主張する。国際的には、日本の主張が優勢であるが、中国と同様の主張をする国も存在し、現在、平行線を辿る。近年、この問題が重要化したのは、この海域の地下に豊富な天然ガスの存在が明らかになったためである。中国は、天然ガスを採掘するプラント(春暁ガス田)を日本が主張する境界の近辺(中国側)に建設するなど強硬な姿勢を取る。これに対して日本は、日本側の資源も採掘される可能性があるとして抗議し、また、この海域での試掘権を設定し、日本の企業が取得した。日本が国際司法裁判所に判断を委ねようとする立場なのに対し、これに同意しない中国は、両国での共同開発を提示するが、日本は、これを中国に有利な条件と認識するなど、依然、解決の糸口が見えない。日本の国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • 田中耕太郎

    田中耕太郎から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    田中 耕太郎(たなか こうたろう、1890年(明治23年)10月25日 - 1974年(昭和49年)3月1日)は、日本の法学者、法哲学者。東京帝国大学大学法学部長、第1次吉田内閣文部大臣、第2代最高裁判所長官、国際司法裁判所判事、日本学士院会員。文化勲章、勲一等旭日桐花大綬章を受章。大勲位菊花大綬章を没後叙勲、正二位を追贈。田中耕太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合

    国際連合から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    国際司法裁判所(ICJ)は、国連の主要な司法機関である(国連憲章92条)。所在地はオランダのハーグである。15名の裁判官で構成され、そのうちのいずれの2人も同一の国籍であってはならない(国際司法裁判所規程3条)。実際には、西欧・北米5名、東欧2名、中南米2名、アジア3名、アフリカ3名という地理的配分の原則がとられている。任期は9年で、3年ごとに5名が改選される(規程13条)。国際連合 フレッシュアイペディアより)

  • グアテマラ

    グアテマラから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    現在グアテマラとベリーズとの間には、国境未確定の部分があり、両国の問題となっている。両国はこの国境確定を国際司法裁判所に提訴することに合意した。しかし、国際司法裁判所の判決を受諾するためには、管轄権をあらかじめ受諾することが必要であり、両国は国民投票をして管轄権を受諾するか否か決定することとなっているが、国民投票を行う期日は未定であり、グアテマラ国内には国民投票を行おうとする機運は全くない。他方、ベリーズでは、2009年3月にも国民投票を行うとの情報もあったが、実施されていない。2008年12月8日、両国は合意文書を署名し、国境紛争を国際司法裁判所に付託することに最終的に合意した。グアテマラ フレッシュアイペディアより)

  • ジェノサイド

    ジェノサイドから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    国際司法裁判所は、1996年の「ジェノサイド条約の適用に関する事件」(ボスニア・ヘルツェゴビナ対ユーゴスラビア)(管轄権)判決において、ジェノサイド条約によって承認された権利と義務が、ジェノサイド条約という枠組みを超えて、対世的な(erga omnes)権利と義務であると認定した。ジェノサイド フレッシュアイペディアより)

  • ペドラ・ブランカ島

    ペドラ・ブランカ島から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    論争の発端は、1980年、マレーシアは新しい地図にペドラ・ブランカ島を自国領土として記載し、シンガポールが異議を提出したことによる。以後、両国間で数年にわたり協議が行われてきたが、両国の領土問題が解決できず、国際連合の最高司法機関である国際司法裁判所(ICJ)に判断を委ねることになった。ペドラ・ブランカ島 フレッシュアイペディアより)

  • 平和への課題

    平和への課題から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    ガリは紛争発生する前から国連が予防外交として行う。ここでの予防外交とは当事者間の紛争の発生がエスカレートすることを防ぐだけでなく、その規模を限定するような外交である。そして予防外交は当事者間の信頼醸成措置や紛争原因の事実調査、早期警戒、国連職員の配置、非武装地帯の設置を実施するものと論じた。もし予防外交が失敗すれば紛争を平和的に解決するための平和創造を開始し、国連を介した交渉や国際司法裁判所への付託、紛争原因の援助を行うものと考えた。しかし平和創造も失敗すれば、強制力を伴った平和強制の段階へと移行する。平和強制とは国連憲章によって定められた侵略行為を停止させるための武力行使であり、加盟国の有志により兵力提供を受けた平和強制部隊によって実施すると計画された。そして既に当時行われていた平和維持活動に対してはその活動の範囲や規模が拡大しているために加盟国の協力を受ける必要があると指摘している。紛争が停止されても平和を定着させるためには平和建設の試みが不可欠である。平和建設では経済成長を伴う民主主義の国家を建設することで民主的平和を目指すものと構想されている。平和への課題 フレッシュアイペディアより)

  • 国際紛争

    国際紛争から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    国際法上、国際紛争の処理手続きには、交渉(negotiataion)、周旋(good office)、仲介(mediation)、調停(conciliation)、審査(inquriry)がある。法律的紛争は裁判手続きをとるが、政治的紛争に対しては調停などにより処理を図ることとされる。即ち、国際紛争を平和的処理を履行する上ではこれらの手法に基づき、国際司法裁判所や国際海洋法裁判所などにおいて国際司法の判断を仰ぐか、或いは外交努力により解決するのが望ましい。しかし、紛争当事国が原告として国際司法に提訴した場合、被告となる国が応訴しなければ国際裁判として成立せず、この場合、国際司法は国際紛争の平和的処理に十分な機能を果たせない。これはそもそも国家は国際司法における応訴義務を批准しない限り、国家に裁判義務がないことによるものである。国際紛争 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所所長

    国際司法裁判所所長から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    国際司法裁判所所長 フレッシュアイペディアより)

164件中 11 - 20件表示

「国際司法裁判所」のニューストピックワード