235件中 11 - 20件表示
  • カオプラウィハーン国立公園

    カオプラウィハーン国立公園から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    さらにカオプラウィハーン国立公園には景勝地として知られている場所が数多くある。モーイーデーン岩壁展望台、チョーンポーイ岩壁展望台、サラトラーウ森林地・岩石園、ルーシー(仙人)洞窟、石切り場、ツイン・ストゥーパ(2基の仏塔)、パー・モーイーデーン崖下壁面レリーフ、パー・チョーンポーイ滝、プー・シアンモー展望台、プラーサート・ドーントゥアン遺跡、そしてプラーサート・プラウィハーン遺跡である。プラーサート・プラウィハーン遺跡は重要な遺跡であり、1962年にハーグの国際司法裁判所によりカンボジア領であると決定された(詳細は当該記事参照のこと)。しかし、プラーサート・プラウィハーンに続く参道、階段はタイ王国側に属しており、さらにシーサケート県パー・モーイーデーン地域から登るのが近道となっている。カオプラウィハーン国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • タイとカンボジアの国境紛争

    タイとカンボジアの国境紛争から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    第二次世界大戦後は、タイが自国の警備兵をプレア・ビヒアに常駐させて実効支配していたが、独立後のカンボジアが同寺院の領有権の確認を求めて国際司法裁判所に提訴、1962年の判決で寺院周辺におけるカンボジア側の主権が認められている。タイ側は不満を示しながらも、つい最近まで同判決に従ってきた。タイとカンボジアの国境紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ペドラ・ブランカ島

    ペドラ・ブランカ島から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    論争の発端は、1980年、マレーシアが新しい地図にペドラ・ブランカ島を自国領土として記載し、これに対しシンガポールが異議を提出したことによる。以後、両国間で数年にわたり協議が行われてきたが、両国間では領土問題が解決できず、国際連合の最高司法機関である国際司法裁判所(ICJ)に判断を委ねることになった。ペドラ・ブランカ島 フレッシュアイペディアより)

  • プレア・ビヘア寺院事件

    プレア・ビヘア寺院事件から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    プレア・ビヘア寺院事件(Temple of Preah Vihear case)とは、カンボジアとタイが互いに領有権を主張していたプレアヴィヒア寺院の帰属を巡り、カンボジア王国の帰属であるとしたハーグの国際司法裁判所の判例である。なお、この項目では日本語参考文献出典のプレア・ビヘア寺院に統一するが、タイ側の呼称はプラーサート・プラウィハーンという。プレア・ビヘア寺院事件 フレッシュアイペディアより)

  • リビア・マルタ大陸棚事件

    リビア・マルタ大陸棚事件から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    リビア・マルタ大陸棚事件(リビア・マルタたいりくだなじけん、英語:Case concerning the Continental Shelf between Libya and Malta、フランス語:Affaire du plateau continental entre Libye et Malte)は、大陸棚の境界画定をめぐりリビアとマルタの間で争われた国際紛争である。1973年より中間線を境界線とすべきと主張するマルタと、全ての関連事情を考慮に入れて合意による境界画定を行うべきと主張するリビアとの間で見解の相違があったが、1985年に国際司法裁判所(ICJ)は中間線を北側に緯度18分移動させた線を境界線とする判決を下し、両国はこの判決に従い1986年に大陸棚の境界画定に関して合意に至った。リビア・マルタ大陸棚事件 フレッシュアイペディアより)

  • 西サハラの歴史

    西サハラの歴史から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1975年の国際司法裁判所による西サハラの地位についての勧告では、一部の部族がモロッコとの歴史的な繋がりをもっているが、それは西サハラとモロッコの間に"領土主権の繋がり"をもたらすには足らないと看做していた。西サハラの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約

    日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1953年10月21日の会談で韓国側は久保田発言を撤回し、悪かったと認めなければ会談の続行は不可能と述べた。久保田参与は、韓国は日本が非建設的であるというが、韓国は1952年の日韓会談直前に李承晩ライン宣言を強行したり、日本の漁船を拿捕し、雰囲気を悪化させたし、これは国際法違反であり、国際司法裁判所に提訴するのが原則であると述べ、国際会議で見解を発表するのは当然のことであるし、まるで暴言したかのように外国に宣伝することは妥当ではないし、撤回はしない、また発言が誤りであったとは考えないと答えた。韓国側は会談に今後出席できないが、これは完全に日本に責任があると述べ、会談は終了し、韓国は「久保田妄言」への報復として李承晩ラインを設定し、竹島を占領した。日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 常設仲裁裁判所

    常設仲裁裁判所から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    常設仲裁裁判所(じょうせつちゅうさいさいばんしょ、、)は、1899年の第1回ハーグ平和会議で設立された常設の国際仲裁法廷で、オランダのハーグに設置されている。1899年に採択された原条約は1907年の第2回ハーグ平和会議で改正され、103の国が原条約または改正条約のいずれかを批准している。国際司法裁判所と同じハーグの平和宮殿内に設置されているが、別の機関である。常設仲裁裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • セルビアとコソボの関係

    セルビアとコソボの関係から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    2008年7月24日、召還していた各国駐在のセルビア大使のうち、欧州連合加盟国には大使を復員させた。その他の国々から召還していた大使は、この後10月の国際連合総会で、コソボ独立宣言の合法性について国際司法裁判所に諮るべしとする決議が可決された後に復員した。この決議の直後にコソボを国家承認したモンテネグロおよびマケドニア共和国およびマレーシアに対しては、大使の召還とともに、これらの国々のセルビア駐箚大使を追放する対処をとった。セルビアとコソボの関係 フレッシュアイペディアより)

  • ニカラグア事件

    ニカラグア事件から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    ニカラグア事件(ニカラグアじけん、英語:Nicaragua Case、フランス語:Affaire Nicaragua)は、ニカラグアに対する軍事行動などの違法性を主張し、1984年4月9日にニカラグアが違法性の宣言や損害賠償などを求め、国際司法裁判所(ICJ)にアメリカを提訴した国際紛争である。1986年6月27日に本案判決が下されICJはアメリカの行動の違法性を認定したが、結局アメリカの賠償がないままニカラグアの請求取り下げを受けてICJは1991年9月26日に裁判終了を宣言した。ニカラグア事件 フレッシュアイペディアより)

235件中 11 - 20件表示