235件中 21 - 30件表示
  • 北海大陸棚事件

    北海大陸棚事件から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    北海大陸棚事件(ほっかいたいりくだなじけん、英語:North Sea Continental Shelf Cases、フランス語:Affaires du plateau continental de la mer du Nord)は、北海における大陸棚の境界画定を巡って西ドイツ、デンマーク、オランダが争った国際紛争である。1967年2月20日にこの3カ国は紛争を国際司法裁判所(ICJ)に付託することで合意し、1969年2月20日に判決が下された。大陸棚の境界画定について定めた大陸棚条約第6条の等距離基準が同条約に加盟していない西ドイツに対して適用されるかが争点となったが、ICJはこれを否定し、境界画定は関連するすべての状況を考慮に入れて衡平な結果を実現できるように合意によって行われなければならないとし、当事国に対し誠実に交渉を行うことを命じる判決を下した。この判例は大陸棚の境界画定に関するリーディングケースであり、この問題に関する後の判例に大きな影響を与えている。北海大陸棚事件 フレッシュアイペディアより)

  • ジェノサイド

    ジェノサイドから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    国際司法裁判所は、1996年の「ジェノサイド条約の適用に関する事件」(ボスニア・ヘルツェゴビナ対ユーゴスラビア)(管轄権)判決において、ジェノサイド条約によって承認された権利と義務が、ジェノサイド条約という枠組みを超えて、対世的な(erga omnes)権利と義務であると認定した。ジェノサイド フレッシュアイペディアより)

  • コソボ

    コソボから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    その一方で、セルビア政府はコソボの分離独立を「永遠に認めない」と明言しており、2008年の国連総会では、同国の要請を受けて国際司法裁判所に独立の是非の判断を求めた。ロシアもコソボの独立をセルビア政府の合意なしには承認しない意向で、中国もこれに同調しており、国連安全保障理事会で拒否権を持つ両国の反対により、国際連合の安全保障理事会での承認は困難となっている。またインドやスペインなどの少数民族の独立運動の問題を抱えている国々も承認しない意向を表明している。大アルバニアの利害国としてはギリシャが承認を行っていない。コソボ フレッシュアイペディアより)

  • ミドル・ロックス

    ミドル・ロックスから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    ミドル・ロックス (、、)は、南シナ海南部、シンガポール海峡東に位置する、2つの無人の岩礁。以前はマレーシアとシンガポールが領有をめぐって争っていたが、2008年、国際司法裁判所はマレーシアに属していると判決を出した。ミドル・ロックス フレッシュアイペディアより)

  • ガブチコボ・ナジュマロシュ計画事件

    ガブチコボ・ナジュマロシュ計画事件から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    ガブチコボ・ナジュマロシュ計画事件(ガブチコボ・ナジュマロシュじけん、英語:Case concerning the Gabčíkovo-Nagymaros Project、フランス語:Affaire relative au projet Gabčíkovo-Nagymaros)は、チェコ・スロバキアとハンガリーが合意したドナウ川における等建設計画をめぐり、チェコ・スロバキアの地位を継承したスロバキアとハンガリーとの間で争われている国際紛争である。1993年4月7日に両国は国際司法裁判所(以下ICJと略)に付託することで合意し、1997年9月25日にICJは両国の活動の違法性を認定し両国に交渉を命ずる判決を下したが、両国は合意に至ることができず2008年9月3日にスロバキアが追加判決の申請を行った。2017年7月21日になってICJはスロバキアから追加判決申請を取り下げる通告を受けた旨を発表したが、ガブチコボ・ナジュマロシュ計画事件 フレッシュアイペディアより)

  • 国際裁判所

    国際裁判所から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    現在設置されている常設的な国際裁判所のうち、全世界的なものとしては、固有の施設を持ち15人の裁判官が常駐する国際司法裁判所をはじめ、国連海洋法条約の解釈・適用に関する紛争を処理する国際海洋法裁判所などがあり、また地域的な常設の裁判所としては欧州司法裁判所やなどがある。以下活動地域ごとに分けて主なものを紹介する。国際裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 内水

    内水から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    [[File:Ph Territorial Map.png|thumb|300px|濃い青で示した海域がフィリピンの群島水域。]]基線は領海、接続水域、排他的経済水域、大陸棚の幅を測定するための起算点となる線のことであり、群島基線方式の場合を除いて陸地側から見て基線よりも内側が内水となる。線の引き方に応じて通常基線、直線基線、群島基線に分けられる。通常基線は大縮尺海図上の低潮線に沿って線を引く方式であり、この通常基線方式が最も古くより採用されてきた基線の引き方である。直線基線は海岸線が複雑な形状の場合に採用される方式であり、1951年ににおいて国際司法裁判所がノルウェーの海岸線の特殊性に鑑み同国の直線基線方式採用を認め、1958年に採択された領海条約第4条にも取り入れられた。通常基線方式を採用していた国が直線基線方式を採用する場合には、通常基線では内水とみなされなかった海域が内水として扱われることになり、その内水部分においては領海においてと同じように他国の無害通航権を認めなければならない。群島基線は、多数の島で構成される群島国家にのみ認められた基線の引き方で、群島の最も外側に位置する島々を直線基線方式で結ぶ方式である。他方式の領海基線と同じように領海などの幅を外側に向かって測定する起算点となるが、群島国家の場合には群島基線の内側ではなく各島に引いた閉鎖線より内側の水域が内水となり、閉鎖線と群島基線の間にある水域は群島水域となる。内水 フレッシュアイペディアより)

  • 小和田恆

    小和田恆から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    2003年(平成15年)に国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)判事に任命された。前任は、小田滋(1976年 - 2003年まで3期27年間)。2009年(平成21年)国際司法裁判所所長に選出された。ICJの所長に日本人が就任するのは初めて。所長任期は3年で、2012年(平成24年)2月に退任した。所長選挙は、15人の判事による互選方式で実施された。2010年(平成22年)7月22日にセルビアからのコソボの独立の是非に関して、国際法違反には当たらないとの判断を下した(コソボも参照)。所長退任後は判事を継続。小和田恆 フレッシュアイペディアより)

  • グアテマラ

    グアテマラから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    現在グアテマラとベリーズとの間には、国境未確定の部分があり、両国の問題となっている。両国はこの国境確定を国際司法裁判所に提訴することに合意した。しかし、国際司法裁判所の判決を受諾するためには、管轄権をあらかじめ受諾することが必要であり、両国は国民投票をして管轄権を受諾するか否か決定することとなっているが、国民投票を行う期日は未定であり、グアテマラ国内には国民投票を行おうとする機運は全くない。他方、ベリーズでは、2009年3月にも国民投票を行うとの情報もあったが、実施されていない。2008年12月8日、両国は合意文書を署名し、国境紛争を国際司法裁判所に付託することに最終的に合意した。グアテマラ フレッシュアイペディアより)

  • 領海

    領海から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    基線は領海、接続水域、排他的経済水域、大陸棚の幅を測定するための起算点となる線のことであり、前述の通り現代において領海とは基線から沖合に12海里までの範囲で沿岸国が設定した水域を指し(国連海洋法条約第3条)、群島基線の場合を除いて基線は領海と内水との間の境界線となる。この基線は線の引き方に応じて通常基線、直線基線、群島基線に分けられる。通常基線は大縮尺海図上の低潮線に沿って線を引く方式であり、この通常基線方式が最も古くより採用されてきた基線の引き方である。直線基線は海岸線が複雑な形状の場合に採用される方式であり、1951年ににおいて国際司法裁判所がノルウェーの海岸線の特殊性に鑑み同国の直線基線方式採用を認め、1958年に採択された領海条約第4条にも取り入れられた。通常基線方式を採用していた国が直線基線方式を採用する場合には、通常基線では領海や排他的経済水域などとしてみなされていた海域が内水として扱われることになり、その内水部分においては領海においてと同じように他国の無害通航(参照)を認めなければならない。群島基線は、多数の島で構成される国家の最も外側に位置する島々を直線基線方式でむすんだ線のことで、他方式の領海基線と同じように領海などの幅を測定する起算点となるが、群島基線は領海と群島水域との間の境界線となる。この群島水域は領海とほぼ同じ性質をもつ。領海 フレッシュアイペディアより)

235件中 21 - 30件表示

「国際司法裁判所」のニューストピックワード