164件中 21 - 30件表示
  • 国際連合アオゾウ帯監視団

    国際連合アオゾウ帯監視団から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1994年2月3日に国際司法裁判所の裁定により、アオゾウ地帯はチャド領とされた。両国は境界画定や残存リビア勢力の撤退のために協議を行い、国際連合へ支援を求めた。4月には国連の先遣要員が調査に入っていたが、国際連合安全保障理事会は5月4日に決議915を出し、最大40日間の期限で国際連合アオゾウ帯監視団(UNASOG)を設立、両国の動きを支援することとした。国際連合アオゾウ帯監視団 フレッシュアイペディアより)

  • 田岡良一

    田岡良一から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1967年 常設国際仲裁裁判所判事(1985年まで)田岡良一 フレッシュアイペディアより)

  • 光華寮訴訟

    光華寮訴訟から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    2007年(平成19年)4月3日:被上告人(原告・台湾)代理人弁護団(小田滋・畑口紘・庭山正一郎・金子憲康)が都内で記者会見を開き、「国際法上の知識及び歴史上の事実認識への理解を全く欠如した内容に、驚きを禁じえない」などとする反論声明を発表した。元国際司法裁判所裁判官の小田滋弁護士は、「きわめて残念であり、司法のためにも誠に遺憾である」と表明、意見書提出期限の延期を最高裁に拒否されたことに関連して「(上告から)20年近く放置された事件について、なぜこのように急ぐのか」「何らかの政治的配慮があったのではないかと、邪推もしたくなる」と痛烈に批判した。光華寮訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • ノーマン・カーク

    ノーマン・カークから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    首相就任後はとりわけ外交問題に尽力し、アジア諸国とアフリカ諸国との連携に力を発揮した。1972年にフランスによる大気圏内核実験に反対し、ニュージーランドとオーストラリアは国際司法裁判所へ提訴する。1973年には南太平洋のムルロア環礁へニュージーランド海軍の艦船を派遣し核実験に対する抗議行動を起こす。また、南アフリカ共和国のアパルトヘイトに反対し、南アフリカのラグビーチーム訪問を拒否した。ノーマン・カーク フレッシュアイペディアより)

  • セプルベダ

    セプルベダから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    ベルナルド・セプルベダ・アモール - メキシコ出身の国際司法裁判所裁判官。セプルベダ フレッシュアイペディアより)

  • アオゾウ地帯

    アオゾウ地帯から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    チャドはこれに反発し、両国の境界は1955年のフランスとリビアの協定に基づくものと主張した。1986年から1987年にかけてのトヨタ戦争時にチャド軍は攻勢を行い、リビア軍をほぼ撃退した。1987年に停戦となり、1994年の国際司法裁判所の裁定により、この地域はチャド領とされた。これを受け、残存リビア勢力も国際連合アオゾウ帯監視団(UNSOG)の監視の下、リビアに撤退している。アオゾウ地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 国際紛争平和的処理条約

    国際紛争平和的処理条約から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    その後、一般的な司法裁判所として1921年に国際連盟により常設国際司法裁判所が設置され、次いで第二次世界大戦後、国際連合の一機関として国際司法裁判所が発足したことにより、今日では常設仲裁裁判所が利用されることはほとんどなくなっている。国際紛争平和的処理条約 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史的湾

    歴史的湾から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1951年、フィヨルドが形成した島々を直線で結んだ線(直線基線)の内側を自国の内水として漁業管轄権が及ぶと主張したノルウェーとこれに反対するイギリスの間で行われた紛争に対して国際司法裁判所はノルウェーの主張を認めた。歴史的湾 フレッシュアイペディアより)

  • コソボ地位問題

    コソボ地位問題から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    独立宣言が国際法に違反しているとのセルビアの主張を受け、2008年10月に国際連合総会が国際司法裁判所に対して適法か否か勧告的意見を出すよう求め、2010年7月22日には独立宣言は国際法に違反していないと表明した。ただし、これには法的拘束力はない。コソボ地位問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋伸欣

    高嶋伸欣から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1974年(昭和49年)、文部省検定を通過した付図について、「尖閣諸島は沖縄返還で話題になったから意識的に表記された」とし、「しかし、竹島は当時問題になっていないし、日本人はずっと関心がなかったので、目立たない程度に表示されているだけだった」と韓国マスコミのインタビューに答えている(しかし日本は竹島問題について1952年(昭和27年)から韓国に対して国際司法裁判所への付託を韓国側に提案してきており、1965年(昭和40年)の日韓基本条約で日本側は竹島問題は紛争処理事項であるとしている)。そしてこれまで竹島を問題としていなかった日本が、近年竹島を領土問題として浮上させた理由は、安倍晋三を中心とした自民党勢力が、票田のために、領土紛争を引き起こしてナショナリズムを拡散させるように島根県をけしかけたものであると主張している(しかし1977年(昭和52年)2月5日には、すでに福田赳夫首相が「竹島は一点疑う余地のない日本固有の領土」と公言している)。民主党政権になっても竹島問題は同じく浮上し続けている点については、「民主党自体が半分は隠れた自民党だから」と主張している。高嶋伸欣 フレッシュアイペディアより)

164件中 21 - 30件表示

「国際司法裁判所」のニューストピックワード