164件中 31 - 40件表示
  • ノッテボーム事件

    ノッテボーム事件から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    ノッテボーム事件(ノッテボームじけん、英語:Nottebohm Case、フランス語:Affaire Nottebohm)とは、1951年12月17日にリヒテンシュタインがグアテマラに損害賠償などを求めて国際司法裁判所に提訴をし、1955年4月6日に本案判決が下された国際訴訟事件である。リヒテンシュタイン国内法に基づいてドイツ人がリヒテンシュタインに帰化したことが、第三国グアテマラに対抗しうるかが争点となり、国際法上の国籍付与の要件などが示された。ノッテボーム事件 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    こうした排他的経済水域に関わる問題は、国連海洋法条約において「関係国の合意到達の努力」に委ねられているが、解決が見られない場合は調停を要請できる。それでも解決が見られない場合は各裁判所に要請する事ができる。当条約は平和的解決を要求しているが、条文には強制力がないため、関係国がこれに応じない場合調停や裁判所での解決ができない。日本・中国共に国連海洋法条約に批准しており、日本は国際司法裁判所や国際海洋法裁判所に付託する事を中国に要請しているが、中国はこれに応じていない。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 日本原水爆被害者団体協議会

    日本原水爆被害者団体協議会から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1996年(平成8年) 国際司法裁判所が勧告的意見「核兵器の使用と威嚇は一般的には国際法違反」日本原水爆被害者団体協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 近代から現代にかけての世界の一体化

    近代から現代にかけての世界の一体化から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    スイスのジュネーヴに本部をおき、総会・理事会・連盟事務局を中心に運営され、国際労働機関と常設国際司法裁判所が付置された。しかし、ドイツなどの敗戦国とソヴィエト・ロシアは排除され、アメリカ合衆国も共和党が多数を占める上院が国際的負担に反対してヴェルサイユ条約批准を拒否したため参加しなかった。そのため連盟の構成国はヨーロッパ諸国に偏り、また最高決定機関は「理事会」ではなく「総会」であり、議決は多数決ではなく「全会一致」を原則としていた。さらに、軍事的制裁は実施できず経済制裁にとどまることから、侵略国家への制裁手段は不十分であるなどの問題があった。しかし、中小諸国の国際紛争の調停や文化交流などには成果をあげており、史上初の国際平和機関として参加国の総意をもって意見を集約をするという理念は、評価されるべきものと考えられている。近代から現代にかけての世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 人権と基本的自由の保護のための条約

    人権と基本的自由の保護のための条約から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    欧州人権条約の最大の特色は、条約の履行を確保するための措置、いわゆる実施措置にあり、市民的及び政治的権利に関する国際規約(国際人権規約自由権規約)の個人通達制度や米州人権条約も実施措置の面ではこの条約をモデルにしている。しかしながら欧州人権条約における実施措置は欧州人権裁判所によるものであり、条約の大部分(第19から第51条)を欧州人権裁判所についての規定に費やしている。欧州人権裁判所の判決は強制力を有しその執行の監視は欧州評議会閣僚委員会が行っている。(第46条)この点において自由権規約にかかる自由権規約人権委員会の総括所見や国際司法裁判所の判決の履行とは異なる。人権と基本的自由の保護のための条約 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見

    核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見(かくへいきのいかくまたはしようのごうほうせいこくさいしほうさいばんしょかんこくてきいけん、英語:Advisory Opinion of the International Court of Justice on the Legality of the Threat or Use of Nuclear Weapons、フランス語:Avis consultatif de la Cour internationale de Justice sur la licéité de la menace ou de l'emploi d'armes nucléaires)は、国際連合総会による「核兵器による威嚇又はその使用は国際法の下のいかなる状況においても許されるか」という諮問に対して1996年7月8日にを下した、国際司法裁判所の判例である。1940年代に核兵器が開発されて以降、国際的な司法機関が核兵器の威嚇または使用の合法性(違法性)について判断を下した初めての事例である。国連総会の諮問に対して裁判所は、「核兵器の威嚇または使用は武力紛争に適用される国際法の規則(中略)に一般的には違反するであろう」としながらも、「国家の存亡そのものが危険にさらされるような、自衛の極端な状況における、核兵器の威嚇または使用が合法であるか違法であるかについて裁判所は最終的な結論を下すことができない」とした。この裁判所の判断については様々な評価や解釈がなされている。核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見 フレッシュアイペディアより)

  • カプリビ回廊

    カプリビ回廊から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    また、カプリビ回廊はナミビアとボツワナが国境線をめぐる長年の争いを国際司法裁判所に託した際にも注目を集めた。議論の中心は、どの水路がチョベ川の真の国境線かというものであった。これは、川の中央にあった大きな島(ナミビアではカシキリ島、ボツワナではセドウドウ島と呼ばれる)がどちらの国に属するかを決定付ける重要性を持っていた。ボツワナ政府は、この島はチョベ国立公園の一体不可分なものと主張した。一方ナミビア政府は、カプリビ回廊東部の住民の多くが、ドイツとイギリスの条約の一部として保有するだけではなく、数世代にわたって季節牧草地としてアシ集めや埋葬地に使ってきたことを主張した。1999年12月、国際司法裁判所は、主要な水路と今後の国境線を島の北側と定め、島はボツワナの領土として決定された。カプリビ回廊 フレッシュアイペディアより)

  • 友好関係原則宣言

    友好関係原則宣言から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    国連憲章2条4項は戦争だけでなく武力の行使を一般的に禁止した。友好関係原則宣言は国家による武力の行使、または武力による威嚇を、国際法に違反する行為として位置付け、禁止される具体的な武力行使・威嚇の形態を明らかにした。武力の行使には「間接的な武力行使」も含まれ、例えば他国領域に侵入するために傭兵などの非正規軍や武装集団を組織することも禁止する。また、他国領域に実効的支配を確立しても、それが武力の行使・威嚇によるものである場合には違法であるとした。国際司法裁判所は判決において、この宣言に規定された武力行使禁止原則は、単に国連憲章の規定を具体化したというだけでなく、「法的確信を表明したもの」として、この原則が国際慣習法化し全国家を拘束するとした。友好関係原則宣言 フレッシュアイペディアより)

  • 侵略犯罪に関する特別作業部会

    侵略犯罪に関する特別作業部会から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    国連憲章第39条1に則り、「行為としての侵略」の有無を判断できるのは国連安全保障理事会にのみであり、国連総会の要請に基づく国際司法裁判所の勧告的意見(advisory opinion)にはその権能はない。侵略犯罪に関する特別作業部会 フレッシュアイペディアより)

  • ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争

    ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1995年7月6日、ムラディッチ率いるセルビア人勢力は、国際連合の指定する「安全地帯」であったスレブレニツァに侵攻をはじめ、7月11日には中心部を制圧した。7月12日には、セルビア人勢力はスレブレニツァに居住していたボシュニャク人の男性すべてを絶滅の対象とし、8000人以上が組織的に殺害されるスレブレニツァの虐殺が引き起こされた。スレブレニツァの虐殺は、旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷および国際司法裁判所によってジェノサイドと認定された。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争 フレッシュアイペディアより)

164件中 31 - 40件表示

「国際司法裁判所」のニューストピックワード