164件中 41 - 50件表示
  • ジェフリ・パルマー

    ジェフリ・パルマーから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    ジェフリ・パルマー(Sir Geoffrey Winston Russell Palmer, KCMG, AC, SC, 1942年4月21日 - )は、ニュージーランドネルソン生まれの政治家。第33代ニュージーランド首相。ヴィクトリア大学ウェリントン名誉講師。国際司法裁判所判事。日本語では、「ジェフリー・パールマー」「ジェフリー・パルマ」と表記されることもある。ジェフリ・パルマー フレッシュアイペディアより)

  • スルプスカ共和国軍

    スルプスカ共和国軍から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    スルプスカ共和国軍はハーグの国際司法裁判所(ICJ)によって、ボシュニャク人やボスニアのクロアチア人に対する戦争犯罪ならびにジェノサイドに加担した機関であると裁定された。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中のスルプスカ共和国軍の参謀総長であったラトコ・ムラディッチは、旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷によってジェノサイドなどの罪で訴追され、2011年5月26日にセルビア共和国にて拘束された事実がボリス・タディッチセルビア大統領により発表された。スルプスカ共和国軍 フレッシュアイペディアより)

  • 外交関係に関するウィーン条約

    外交関係に関するウィーン条約から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    この条約に併せて、「紛争の義務的解決に関する選択議定書」と、「国籍の取得に関する選択議定書」(日本は未加入)が採択された。前者は、この条約の解釈または適用から生じる紛争を国際司法裁判所の義務的管轄の範囲内に属するものとし、一方当事国の請求により国際司法裁判所に付託することができる旨定める。外交関係に関するウィーン条約 フレッシュアイペディアより)

  • ヨウェリ・ムセベニ

    ヨウェリ・ムセベニから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    ルワンダとウガンダの部隊はコンゴの豊かな鉱物資源と木材を略奪した。ウガンダをアフリカ危機対応構想の中心に据えるべく軍事援助を行っていた米国のクリントン政権はウガンダへのすべての軍事援助を停止した。カガメとムセベニの関係悪化と緊張に伴い2000年にはルワンダ軍とウガンダ軍がコンゴのキサンガニで3度砲火を交えた。ムセベニはイトゥリ紛争にも介入し非難を浴びた。2005年12月19日国際司法裁判所はウガンダに第二次コンゴ戦争における人権侵害への補償をコンゴ民主共和国に支払うよう判決を下した。ヨウェリ・ムセベニ フレッシュアイペディアより)

  • 水の危機

    水の危機から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    また、1992年にはハンガリーとチェコスロバキアがドナウ川の水の利用とダムの設置をめぐって対立し、国際司法裁判所の裁定にゆだねられた。この係争は、正論と法理が解決の道筋となりえた少数例である。北朝鮮と韓国、イスラエルとパレスチナ、エジプトとエチオピアなどの対立は、調整がさらに難航したケースといえるかもしれない。今後問題になりうるケースとしては、メコン川において中国がメコン川上流に建設しているシャオワン(小湾)ダムが流砂を止めるためにメコン・デルタや沿岸農地が縮小されるのではないかという懸念が流域諸国で構成される「メコン川委員会」で問題になっており、対応を誤ると新たなアジアの不安要因になりかねないという指摘もある。水の危機 フレッシュアイペディアより)

  • ダグラス・マッカーサー2世

    ダグラス・マッカーサー2世から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    万が一新政権が竹島を返還する気がない場合、最低限我々(米国)はこの件を国際司法裁判所に付託し仲裁を求めるよう主張すべきである。ダグラス・マッカーサー2世 フレッシュアイペディアより)

  • 9月12日クーデター

    9月12日クーデターから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1981年、軍政当局は、元国際司法裁判所判事のオルハン・アルドゥカチトゥを委員長とする憲法起草委員会を選任し、新憲法草案の作成を開始した。新憲法草案は、1982年7月17日に国家安全保障評議会議長のエヴレンに提出され、若干の修正を経て、1982年11月7日に、国民投票にかけられた。軍政当局が、国民投票の棄権者に対して、向こう5年間の参政権剥奪を行う罰則を設けたこともあり、91.4%の賛成を得て新憲法案は承認された。9月12日クーデター フレッシュアイペディアより)

  • 緑の行進

    緑の行進から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    モロッコは主張の正当性確保を目的として国際司法裁判所へ提訴。国際司法裁判所は、歴史における忠誠の誓いについて法的拘束を認めたものの、しかしそれは「若干の、わずかに若干の」サハラウィー部族とモロッコのスルターンのあいだのものであって、別のサハラウィー部族とモーリタニアの関係に認められる権利と異なるところはない、とした1。さらにスペインの植民地化の時点で、西サハラ地域に対するモロッコおよびモーリタニアの領土主権の関係は存せず、両国の取り持った関係は、両国によるスペイン領サハラ地域併合を支持するほど広範な関係とは言えず、むしろ土着民(サハラウィー)は土地の所有者であり、したがって自決権を持つと裁判官は述べている。これは、主権をめぐる問題の政治的解決策がスペイン、モロッコ、モーリタニアによる統合、あるいは分割、また独立のいずれであっても、スペイン領サハラの人びとによって明確に承認されなければならないことを意味するものであった。この裁判の結果発行される国際司法裁判所勧告意見は10月16日に発行されることとなっていた。しかし発行前日10月15日、国際連合の派遣団がサハラウィーは「圧倒的に」独立を支持していると結論づけていたことが問題をややこしくした。緑の行進 フレッシュアイペディアより)

  • ハーグ国際法アカデミー

    ハーグ国際法アカデミーから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    ハーグ国際法アカデミー(ハーグこくさいほうアカデミー、英:The Hague Academy of International Law)は、国際関係の法的側面を科学的進歩的に研究することを目的とし、国際私法および国際公法の高度な研究・教育を行っている機関。国際法の普及と研究の面で最も権威があるとされる。ノーベル平和賞受賞者であるトビアス・アッセルが提唱し、カーネギー国際平和財団の協力により、1923年に創設された。国際司法裁判所(ICJ)や常設仲裁裁判所(PCA)と共にオランダ王国ハーグ市の平和宮に設置されている。国際法の多くの研究者や国際司法裁判所の幾人かの判事は、このアカデミーの修了生であるか教授経験者である。ハーグ国際法アカデミー フレッシュアイペディアより)

  • プレア・ビヘア寺院事件

    プレア・ビヘア寺院事件から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    プレア・ビヘア寺院事件(Temple of Preah Vihear case)とは、プレアヴィヒア寺院の帰属をカンボジア王国であるとしたハーグの国際司法裁判所の判例である。なお、この項目では日本語参考文献出典のプレア・ビヘア寺院に統一するが、タイ側の呼称はプラーサート・プラウィハーンという。プレア・ビヘア寺院事件 フレッシュアイペディアより)

164件中 41 - 50件表示

「国際司法裁判所」のニューストピックワード

  • デ杯ワールドグループ決勝

  • もう一回、本塁打を意識した方がいい。そっちの方が投手としては嫌

  • カレント・バイオロジー(Current Biology)