235件中 51 - 60件表示
  • 平和への課題

    平和への課題から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    ガリは紛争発生する前から国連が予防外交として行う。ここでの予防外交とは当事者間の紛争の発生がエスカレートすることを防ぐだけでなく、その規模を限定するような外交である。そして予防外交は当事者間の信頼醸成措置や紛争原因の事実調査、早期警戒、国連職員の配置、非武装地帯の設置を実施するものと論じた。もし予防外交が失敗すれば紛争を平和的に解決するための平和創造を開始し、国連を介した交渉や国際司法裁判所への付託、紛争原因の援助を行うものと考えた。しかし平和創造も失敗すれば、強制力を伴った平和強制の段階へと移行する。平和強制とは国連憲章によって定められた侵略行為を停止させるための武力行使であり、加盟国の有志により兵力提供を受けた平和強制部隊によって実施すると計画された。そして既に当時行われていた平和維持活動に対してはその活動の範囲や規模が拡大しているために加盟国の協力を受ける必要があると指摘している。紛争が停止されても平和を定着させるためには平和建設の試みが不可欠である。平和建設では経済成長を伴う民主主義の国家を建設することで民主的平和を目指すものと構想されている。平和への課題 フレッシュアイペディアより)

  • 水の危機

    水の危機から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    また、1992年にはハンガリーとチェコスロバキアがドナウ川の水の利用とダムの設置をめぐって対立し、国際司法裁判所の裁定にゆだねられた。この係争は、正論と法理が解決の道筋となりえた少数例である。北朝鮮と韓国、イスラエルとパレスチナ、エジプトとエチオピアなどの対立は、調整がさらに難航したケースといえるかもしれない。今後問題になりうるケースとしては、メコン川において中国がメコン川上流に建設しているシャオワン(小湾)ダムが流砂を止めるためにメコン・デルタや沿岸農地が縮小されるのではないかという懸念が流域諸国で構成される「メコン川委員会」で問題になっており、対応を誤ると新たなアジアの不安要因になりかねないという指摘もある。水の危機 フレッシュアイペディアより)

  • 顧維鈞

    顧維鈞から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1956年台湾総統府資政、その後1957年?1967年国際司法裁判所判事に任命される。1967年に引退してニューヨークに移住、コロンビア大学で回想録を口述し、死の直前まで健康であったが、1985年11月入浴中に倒れ、死去した。顧維鈞 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合アオゾウ帯監視団

    国際連合アオゾウ帯監視団から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1994年2月3日に国際司法裁判所の裁定により、アオゾウ地帯はチャド領とされた。両国は境界画定や残存リビア勢力の撤退のために協議を行い、国際連合へ支援を求めた。4月には国連の先遣要員が調査に入っていたが、国際連合安全保障理事会は5月4日に決議915を出し、最大40日間の期限で国際連合アオゾウ帯監視団(UNASOG)を設立、両国の動きを支援することとした。国際連合アオゾウ帯監視団 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州人権裁判所

    欧州人権裁判所から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    国家間の紛争を処理する国際連合の国際司法裁判所とは異なり、国家対国家だけでなく個人や団体の国家に対する提訴も受け付けるが、この点は欧州連合の欧州司法裁判所と同じである。欧州人権裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 大陸棚

    大陸棚から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    法的な大陸棚の境界画定をめぐっては、沿岸国間でしばしば紛争が生じ、そのいくつかは国際司法裁判所に付託された結果、北海大陸棚事件判決などの判例が形成された。境界の決定方法について等距離・中間線原則と衡平原則が主張されるが、海洋法条約はどちらにも言及しておらず、今後の国家実行に委ねている。大陸棚 フレッシュアイペディアより)

  • コルフ島事件

    コルフ島事件から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    9月6日大使会議は「在アテネ英仏伊代表者に対するギリシャ最高軍憲の謝罪」「被害者の葬儀をアテネのカトリック寺院で、閣僚出席の元で行う」「葬儀後、入港した英仏伊三国軍艦に対して二十一発の礼砲を撃つ」「犠牲者の遺骸を乗せる軍艦に対して礼を払う」「ギリシャ政府は捜査と犯人処罰にあらゆる措置を執ることを約束する」「英仏伊日四国委員会がギリシャ政府の捜査を監督する。捜査の必要性によってはアルバニア領内への立ち入りやアルバニア官憲の協力も許可する」「ギリシャ政府は大使会議の承認を得た委員会報告書に基づいて、国際司法裁判所が決定した賠償金を支払う。支払いの保証として、ギリシャ政府はスイス国立銀行に5千万リラを供託する」という新たな7条件を策定し、ギリシャ政府もこれを了承した。これにより、9月10日に大使会議は、捜査開始から5日後の段階で委員会が「ギリシャ政府が捜査にあらゆる措置を執る」という第五条件が達成されたと認めた際にはイタリア政府に通告し、ケルキラ島撤退に関する声明を行うという決定を行った。また第五条件が達成されない場合には、英仏伊三国による新たな制裁案をケルキラ島占領に変わって行うこととされた。コルフ島事件 フレッシュアイペディアより)

  • レーガン・ドクトリン

    レーガン・ドクトリンから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1984年にニカラグア事件を審理した際、国際司法裁判所は積極的に反乱でコントラを支援しニカラグアの海軍海域に地雷を仕掛けることで国際法を侵害した為にアメリカ合衆国はニカラグアに賠償金を支払わなければならないと判決した。アメリカ合衆国は裁判所が国際司法裁判所には事件を聴取する権限が欠如しているとの主張を却下すると司法手続きに参加することを拒否した。アメリカ合衆国は後に国際連合安全保障理事会で拒否権を行使することで審理の遂行を妨害し、故にニカラグアにいかなる賠償金を課すことも妨げた。レーガン・ドクトリン フレッシュアイペディアより)

  • 谷山雄二朗

    谷山雄二朗から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    また、平和かつ民主的に竹島問題を解決する為に、国際司法裁判所において法廷を開き、国際法に結論を委ねることを請願すべく2013年2月22日の「竹島の日」までに10,000万人のサインを集める「竹島問題ー国際司法裁判所で法廷を開く請願書チャレンジ」を開始。谷山雄二朗 フレッシュアイペディアより)

  • イッセン・ハブレ

    イッセン・ハブレから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    ハブレはその後、民族浄化・人道に対する罪と戦争犯罪により、EUやヒューマン・ライツ・ウォッチ(ハブレのあまりの残虐ぶりにヒューマン・ライツ・ウォッチは彼のことを「アフリカのピノチェト」と呼んでいる)により国際法廷への引渡しが要請され、2006年に引渡しが決定した。しかし、ハブレの亡命受け入れ国のセネガル政府は引渡しを拒否しており、国際司法裁判所は、2009年2月、セネガルの対応が「国際法を破っている」として非難した。イッセン・ハブレ フレッシュアイペディアより)

235件中 51 - 60件表示

「国際司法裁判所」のニューストピックワード