164件中 51 - 60件表示
  • ハルティ (ダロッド)

    ハルティ (ダロッド)から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    アブドゥルカウィ・アハメド・ユスフ(Abdulqawi Yusuf) - 2009年2月6日、 国際司法裁判所裁判官に就任。ハルティ (ダロッド) フレッシュアイペディアより)

  • 外交的保護権

    外交的保護権から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    国籍は国籍国が自由に決める基準で与えられるが、しかしその基準は他国に対し一定の対抗力がなければならず、便宜的に与えられた国籍の場合には外交的保護権の行使は認められない。国際司法裁判所が「ノッテボーム事件」で示した判決において、二重国籍者に対する理論を用いてはじめて認めた。外交的保護権 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国の国際関係

    大韓民国の国際関係から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    日本とは竹島(韓国名:独島)に関する領有権問題を抱えている。日本政府は度々韓国政府に対して国際司法裁判所への付託を呼びかけているも、韓国政府は一貫して「独島は明確な韓国領であり、領土問題は存在しない」というスタンスを採っており、問題の解決には至っていない。大韓民国の国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • 王立グリーンランド貿易会社

    王立グリーンランド貿易会社から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    結局、グリーンランドは、デンマーク政府によって実効支配され、他国の領有権主張に対して、国際司法裁判所に提訴、1933年にグリーンランドをデンマーク領とする決定に至った。同社は、グリーンランドの統治権が移動した後もグリーンランド貿易を独占し続けたが、1940年に本国が第二次世界大戦によってナチス・ドイツに占領されると経営難に陥り営業停止状態となった。その後、グリーンランドはデンマークへ返還され、同社も経営を再開したが、貿易独占権は廃止された。これによって同社は、水産会社「ロイヤル・グリーンランド社」として社名を変え、再出発をはかった。王立グリーンランド貿易会社 フレッシュアイペディアより)

  • レノア・バーマスター

    レノア・バーマスターから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1953年7月22日、バーマスターは竹島に関する国務省文書「日韓間リアンクール岩紛争のあり得べき解決策」を作成し、極東局北東アジア部の副部長ロバート・マクラーキンおよび同部職員アリス・ダニングに送付した。このメモランダムにおいてバーマスターは、竹島問題に関して日本政府から法的意見の問い合わせがあった場合、「1951年8月10日付のラスク書簡にて表明されている通りである」との回答をすべきと提言した。また日本政府がアメリカ合衆国政府に対して竹島問題の仲裁を依頼してきた場合は、国際司法裁判所への付託が適切であると伝達すべきと言及した。レノア・バーマスター フレッシュアイペディアより)

  • リンカーン法曹院

    リンカーン法曹院から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    Muhammad Zafrulla Khan:国際司法裁判所長官、 国際連合総会議長、パキスタン・イスラム共和国初代外務大臣リンカーン法曹院 フレッシュアイペディアより)

  • イヴォ・ヨシポヴィッチ

    イヴォ・ヨシポヴィッチから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    ユーゴスラビア紛争のときは、セルビア人の強制収容所に捕らわれていた180人のクロアチア人の捕虜の救出のために活動し、国際司法裁判所(ICJ)や旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(ICYT)でクロアチア代表を務めた。複数の国際的なプロジェクトにも参加し、欧州評議会の専門家としてウクライナやモンゴル国、アゼルバイジャンの刑務所の評価に携わった。イヴォ・ヨシポヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • 人身売買及び他人の売春からの搾取の禁止に関する条約

    人身売買及び他人の売春からの搾取の禁止に関する条約から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    当条約は第1条で『売春を目的として他の者を、その者の同意があった場合においても、勧誘、誘引すること』と『本人の同意があっても、その売春から搾取すること』を禁じている。第2条は売春宿の経営を禁じ、第3条はその未遂行為も禁じている。第5条は外国人の被害者に自国民と同等の権利を明記し、第16条は売春の防止とこの条約の違反行為の被害者の更生と社会的補導のための措置を奨励し、第19条は被害者の送還及び保護について規定している。第20条では求職者、特に婦人と児童が売春の危険に晒されないよう職業紹介事業の監督のための手段を講じることが明記され、さらに第22条はこの条約の解釈と適応に関して紛争が生じた場合には、いずれかの紛争当事国の請求により国際司法裁判所に付託するものとすることが規定される。人身売買及び他人の売春からの搾取の禁止に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日豪関係

    日豪関係から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    2010年5月31日、オーストラリアは日本による第二期南極海鯨類捕獲調査の国際法上の違法性を主張し、日本を国際司法裁判所に提訴した。2012年1月現在裁判は継続中である。詳細は南極海における捕鯨事件を参照。日豪関係 フレッシュアイペディアより)

  • イスラエル西岸地区の分離壁

    イスラエル西岸地区の分離壁から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    イスラエル政府は分離壁の建設を自爆テロ防止のためと説明している。一方、分離壁のルートは入植地を囲むためにグリーンライン (1949年停戦ライン) より内側に入り込んでおり、入植地を恒久的な領土とするための既成事実化を目論んでいるとも言われている。さらに、分離壁そのものがパレスチナ人の生活を分断して大きな影響を与えていることから、分離壁の建設は国際的に不当な差別であると非難されており、国際連合総会でも建設に対する非難決議がなされている。国際司法裁判所は2004年7月9日にイスラエル政府の分離壁の建設を国際法に反し、パレスチナ人の民族自決を損なうものとして不当な差別に該当し、違法であるという判決を下している。 国連総会での非難決議もこれを踏まえたものである。 イスラエル西岸地区の分離壁 フレッシュアイペディアより)

164件中 51 - 60件表示

「国際司法裁判所」のニューストピックワード