235件中 61 - 70件表示
  • アブドゥルカウィ・アハメド・ユスフ

    アブドゥルカウィ・アハメド・ユスフから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    アブドゥルカウィ・アハメド・ユスフ(Abdulqawi Ahmed Yusuf (, , 1948年9月12日 - )は、ソマリア出身の国際弁護士・法学者。現在、国際連合 国際司法裁判所(ハーグ、オランダ王国)裁判官、副所長。アブドゥルカウィ・アハメド・ユスフ フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ケロッグ

    フランク・ケロッグから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    彼は、1925-1929年にはカルビン・クーリッジ大統領の内閣に国務長官として加わった。1928年には、彼は、アイルランドのダブリン市から自由勲章を授与された。国務長官として彼は、1928年に調印されたケロッグ・ブリアン協定(パリ不戦条約)をフランスの外務大臣アリスティード・ブリアンと共に取りまとめた。1930-35年には国際司法裁判所に判事の1人としても係わっている。1929年ノーベル平和賞を受賞。1937年セント・ポールで死去。フランク・ケロッグ フレッシュアイペディアより)

  • サイモン・ワーン

    サイモン・ワーンから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    同じ頃、ワーンの主張は『週刊新潮』によっても取り上げられた。この記事では、ワーンは、映画『ザ・コーヴ』の隠し撮りについて「非常識」と述べ、その理由に、動物の利用は残酷さを伴うが、オーストラリアの農場で、同じような無許可の撮影が許されるだろうかと、指摘した。また、ケネディ駐日米国大使のツイッターでのつぶやきについては、「彼女は捕鯨やイルカ漁についてさほどの知識を持たずに発言している」と述べ、更に、大使は、太地町を訪問し、現地を知って公平な目で判断せねばならないと指摘した。また、国際司法裁判所の判決については、私は悲観していない。西洋は、鯨油により莫大な利益を得て発展してきた歴史を忘れて、西洋の論理を都合よく押し付けることは許されることではなく、日本はこれを機会に自らの正当性を主張すべきだ。とする意見を述べた。サイモン・ワーン フレッシュアイペディアより)

  • 英仏大陸棚事件

    英仏大陸棚事件から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    すでに述べたようにこの英仏大陸棚事件仲裁判決は、大陸棚の境界画定に関する判例としては1969年の北海大陸棚事件国際司法裁判所(ICJ)判決に続く判例であり、実際に仲裁裁判所は判決の中で北海大陸棚事件で示された判断を先例として参照している。この英仏大陸棚事件の後も1982年のチュニジア・リビア大陸棚事件ICJ判決、1985年のリビア・マルタ大陸棚事件ICJ判決、1985年のギニア・ギニアビサウ海域境界画定事件仲裁判決、1999年のエリトリア・イエメン間の仲裁判決と、海域の境界画定に関する判例は積み重ねられていく。これらの判例から大陸棚の境界画定に関しての画定的な原則を導き出すことは難しいが、これらの判例において判断材料とされているのは、例えば本件で問題となった係争海域における島の存在、海岸の長さ、陸地の境界線からの継続、といった地理的要因が重視される傾向にある。等距離原則は境界画定のための義務的な方法とはされてこなかったが、この英仏大陸棚事件のように境界画定の過程で暫定的に等距離・中間線が用いられ、他の事情を考慮に入れてその中間線を修正したものが境界線として設定される場合が多い。1973年から行われた第3次国連海洋法会議では、大陸棚の境界画定は等距離・中間線によってなされるべきと主張する等距離原則派の国々と、等距離・中間線のみによって境界画定を行うと海岸の地形によっては不衡平な結果が生じうるため境界画定は衡平原則によって行うべきとする衡平原則派の国々との間で対立があり、等距離原則と衡平原則双方に中立的に言及した条文案も両陣営から反対された結果、1982年に採択された国連海洋法条約第83条第1項は最終的に大陸棚の境界画定の原則が等距離原則なのか衡平原則なのか明示しない形の条文とせざるを得なかったが、この点に関してこの英仏大陸棚事件仲裁判決では、問題の海域の大陸棚境界画定のためには等距離原則と衡平原則が不可分の原則と判断されたのである。英仏大陸棚事件 フレッシュアイペディアより)

  • コルフ海峡

    コルフ海峡から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    安保理は1947年4月に事件を国際司法裁判所に付託する様勧告した。そこでイギリスが同年5月に事件を一方的に裁判所に付託した。裁判所は1949年4月9日の判決及び同年12月15日の判決で、コルフ海峡を国際海峡と認定し、アルバニアの損害賠償責任を認めた。この事件は国際海峡が国際法上の論点となった最初の事件として知られている。コルフ海峡 フレッシュアイペディアより)

  • バカシ半島

    バカシ半島から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1993年にナイジェリアが派兵し南部を占領したことで両国間の紛争となった。1996年にもカメルーンの警察部隊とナイジェリアの陸軍部隊が半島内で衝突、両国間の緊張が高まった。1994年3月29日、チャド湖周辺の国境問題も併せカメルーンが国際司法裁判所に提訴した。バカシ半島 フレッシュアイペディアより)

  • アオゾウ地帯

    アオゾウ地帯から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    チャドはこれに反発し、両国の境界は1955年のフランスとリビアの協定に基づくものと主張した。1986年から1987年にかけてのトヨタ戦争時にチャド軍は攻勢を行い、リビア軍をほぼ撃退した。1987年に停戦となり、1994年の国際司法裁判所の裁定によってこの地域はチャド領とされた。これを受け、残存リビア勢力も国際連合アオゾウ帯監視団 (UNASOG) の監視の下、リビアに撤退している。アオゾウ地帯 フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ分割決議

    パレスチナ分割決議から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    2003年国連総会はイスラエルの分離壁建設と東エルサレムを含む領地の占拠について、勧告的意見を求める決議を行い、法的な問題点を国際司法裁判所に尋ねた。アブドゥル・コロマ判事は「国際法の下で確立され認められた権利として自己決定権はパレスチナの領地と人々にも適用されると裁判所は考える。それゆえパレスチナの人々はそのような権利の行使によって、元は決議181号(II)で想定され確認された彼ら自身の国家を持つ資格を有する。パレスチナ領土における壁の建設はそのような権利の実現を妨げ、したがって違法であると裁判所は考える。」と意見を示した。これを受けてPaul De Waart教授は、1922年の国際連盟のパレスチナ委任統治と1947年の分割案が合法であることを裁判所はきっぱりと示したと語った。パレスチナ分割決議 フレッシュアイペディアより)

  • アーデル・ヤーノシュ

    アーデル・ヤーノシュから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    裁判官の妻ヘルチェグフ・アニタとの間に、1男3女がいる。アーデルの義父にあたるヘルチェグフ・ゲーザは、1993年から2003年までハーグの国際司法裁判所裁判官であった。アーデル・ヤーノシュ フレッシュアイペディアより)

  • ベルナルド・セプルベダ・アモール

    ベルナルド・セプルベダ・アモールから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    ベルナルド・セプルベダ・アモール(Bernardo Sepúlveda Amor、1941年12月14日 - )は、メキシコシティ出身の法学者、政治家、外交官である。2012年から2015年まで国際司法裁判所の副所長を務めた。セプルベダ以下が姓である。ベルナルド・セプルベダ・アモール フレッシュアイペディアより)

235件中 61 - 70件表示

「国際司法裁判所」のニューストピックワード