235件中 71 - 80件表示
  • 大モーリタニア

    大モーリタニアから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1975年、国際司法裁判所は、西サハラの住民に民族自決権を認め、大モーリタニア フレッシュアイペディアより)

  • プレアヴィヒア寺院

    プレアヴィヒア寺院から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    プレアヴィヒア寺院の帰属はカンボジア・タイ両国の長年の懸案であったが、1962年6月15日にハーグの国際司法裁判所によりカンボジア領であると認められた。プレアヴィヒア寺院 フレッシュアイペディアより)

  • 太寿堂鼎

    太寿堂鼎から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    この理論を具体的な領土問題に適用した論文が「極地の帰属」(1957年)、「竹島紛争」(1966年)、「明治初年における日本領土の確定と国際法(一)」(1977年)等である。これらの中で、南極については、極地帰属の原則としては「実効的先占の原則」以外になく、その結果南極の大部分はなお所属未定であるとし、将来の紛争回避のため国際管理下に置く必要性を説いた。竹島については、朝鮮が15世紀初めから450年にわたり鬱陵島を空棄の地とする政策をとっており、竹島に関する知見に疑いがあること、これに対し日本では鎖国後も竹島への渡航は禁止されていなかったことを指摘し、次いで国際法的評価として、日韓両国が古くからの事実に基づいて領有を争っているケースについては、国際司法裁判所の判例から見て、1905年以後の竹島に対する日本の実効的支配の継続に意義が認められるという議論を展開した。太寿堂鼎 フレッシュアイペディアより)

  • 留保

    留保から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    しかし、ジェノサイド条約留保事件において国際司法裁判所(ICJ)は、留保の許容性は留保と条約の趣旨・目的との両立性、すなわち、留保を付した結果それが条約の趣旨及び目的を失わせるかどうかによって判断されるという「両立性の基準」を採用した。これは条約法条約の規定にも受け継がれ、条約法条約は「当該留保が条約の趣旨及び目的と両立しないものであるとき」は留保を付することができないとした。ほかにも、上述した通り、条約が留保を付することを禁止している場合、条約が特定の留保のみを付することができると定めている場合で、その特定の留保に該当しないときにも留保を付することができない。留保 フレッシュアイペディアより)

  • クリミア・タタール人

    クリミア・タタール人から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    国際司法裁判所(ICJ)は2017年4月19日、クリミア・タタール人への差別が存在すると認定し、ウクライナ語教育の機会提供やメジュリスへの活動制限の停止などを求める仮保全措置を命じた。クリミア・タタール人 フレッシュアイペディアより)

  • メイン湾

    メイン湾から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1960年代と1970年代、カナダとアメリカ合衆国の間で、メイン湾特にジョージズ堆での漁業権など資源に対する権利を巡って論争があった。この論争は国際司法裁判所に持ち込まれ、1984年にメイン湾の海上境界線が定められた。カナダとアメリカ合衆国は現在でも、メイン湾北東部にあるマチャイアスシール島とその周辺海域について、その主権にかんする合意ができていない。メイン湾の海洋生物生息域である重要性は両国とも認識し、湾の南部にあるジョージズ堆でのオフショア石油とガスの開発に対する制限を維持している。メイン湾 フレッシュアイペディアより)

  • あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約

    あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    この条約の解釈或いは適応に関する2以上の締約国の紛争であって、交渉またはこの条約に明示的に定められている手続によって解決されないものは、紛争当事国方の解決方法について合意しない限り、いずれかの紛争当事国の要請により、決定のため国際司法裁判所に付託される。あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約 フレッシュアイペディアより)

  • 外交関係に関するウィーン条約

    外交関係に関するウィーン条約から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    この条約に併せて、「紛争の義務的解決に関する選択議定書」と、「国籍の取得に関する選択議定書」(日本は未加入)が採択され、日本は1962年に署名、1964年に批准した。前者は、この条約の解釈または適用から生じる紛争を国際司法裁判所の義務的管轄の範囲内に属するものとし、一方当事国の請求により国際司法裁判所に付託することができる旨定める。外交関係に関するウィーン条約 フレッシュアイペディアより)

  • 国際紛争平和的処理条約

    国際紛争平和的処理条約から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    その後、一般的な司法裁判所として1921年に国際連盟により常設国際司法裁判所が設置され、次いで第二次世界大戦後、国際連合の一機関として国際司法裁判所が発足したことにより、今日では常設仲裁裁判所が利用されることはほとんどなくなっている。国際紛争平和的処理条約 フレッシュアイペディアより)

  • 戦争犯罪

    戦争犯罪から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    以降、常設の国際法廷設置議論が見直され、1998年7月にローマで国際刑事裁判所設立のための外交会議が開かれ、国際刑事裁判所規程が採択された。条約の発効に必要な60カ国が批准し、2002年7月から正式に発効、既に設置されている国際司法裁判所と共に2003年からオランダのハーグに設置された。戦争犯罪 フレッシュアイペディアより)

235件中 71 - 80件表示

「国際司法裁判所」のニューストピックワード