235件中 81 - 90件表示
  • 万国国際法学会

    万国国際法学会から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    2005年の会議は8月にポーランドのクラクフで行われたが、会議は事務局長の出身地で行われることになっている。現在のメンバーには著名な弁護士や法学の研究者、国際司法裁判所や国際刑事裁判所の裁判官等がいる。万国国際法学会 フレッシュアイペディアより)

  • レノア・バーマスター

    レノア・バーマスターから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1953年7月22日、バーマスターは竹島に関する国務省文書「日韓間リアンクール岩紛争のあり得べき解決策」を作成し、極東局北東アジア部の副部長ロバート・マクラーキンおよび同部職員アリス・ダニングに送付した。このメモランダムにおいてバーマスターは、竹島問題に関して日本政府から法的意見の問い合わせがあった場合、「1951年8月10日付のラスク書簡にて表明されている通りである」との回答をすべきと提言した。また日本政府がアメリカ合衆国政府に対して竹島問題の仲裁を依頼してきた場合は、国際司法裁判所への付託が適切であると伝達すべきと言及した。レノア・バーマスター フレッシュアイペディアより)

  • ディストモ

    ディストモから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    数十年後、ギリシャの裁判所は、ギリシャ人犠牲者に対する賠償を認める判決を下した。しかし、ドイツ政府はギリシャ政府に対し、判決を無効化するよう政治的な圧力をかけた。ギリシャ政府の判決を行使するために、ギリシャ当局にとっては不本意なことながら、事件はイタリアの法廷に持ち出されて争われることになった。裁判はイタリア北部・メナッジョのVilla Vigoniで開催された。ドイツ政府はイタリア最高裁の判決を不服とし、国家無答責を主張して国際司法裁判所に上告している。ディストモ フレッシュアイペディアより)

  • マキアスシール島

    マキアスシール島から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    カナダと米国は1979年、オランダのハーグにある国際司法裁判所 (International Court of Justice, ICJ) に、メイン湾内の浅瀬であるジョージズバンク (Georges Bank) の漁業および鉱物資源探査を目的とした洋上の境界線画定に関する共同提訴を行った。このとき米加両国にマキアスシール島(およびノースロック)の領有権も確定させようとする意志があったなら、現在この島は米加いずれかに帰属していたかもしれない。だがジョージズバンクでの漁業や鉱物資源では争っても、マキアスシール島については大きな変化を両国ともに望まなかった。マキアスシール島 フレッシュアイペディアより)

  • トレンティーノ=アルト・アディジェ州

    トレンティーノ=アルト・アディジェ州から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1971年、オーストリアとイタリアの間の新たな条約が調印・批准された。南チロルをめぐる紛争についてはハーグの国際司法裁判所に仲裁を求めること、南チロルはイタリア国内において大幅な自治を認められること、オーストリアは南チロルの内政に干渉しないことを規定したものであった。新しい条約は当事者の多くを満足させ、分離独立問題による緊張を終息に向かわせた。1995年、オーストリアが欧州連合(EU)に加盟することによって、国境を越えた協力関係はより盛んになった。トレンティーノ=アルト・アディジェ州 フレッシュアイペディアより)

  • フォンセカ湾

    フォンセカ湾から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1992年、国際司法裁判所はフォンセカ湾の土地・島・海洋上の国境を決定し、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグアがフォンセカ湾の支配権を共有するとした。エルサルバドルにはとメアンゲリータ島が与えられ、ホンジュラスにはが与えられた。フォンセカ湾 フレッシュアイペディアより)

  • 友好関係原則宣言

    友好関係原則宣言から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    国連憲章2条4項は戦争だけでなく武力の行使を一般的に禁止した。友好関係原則宣言は国家による武力の行使、または武力による威嚇を、国際法に違反する行為として位置付け、禁止される具体的な武力行使・威嚇の形態を明らかにした。武力の行使には「間接的な武力行使」も含まれ、例えば他国領域に侵入するために傭兵などの非正規軍や武装集団を組織することも禁止する。また、他国領域に実効的支配を確立しても、それが武力の行使・威嚇によるものである場合には違法であるとした。国際司法裁判所はニカラグア事件判決において、この宣言に規定された武力行使禁止原則は、単に国連憲章の規定を具体化したというだけでなく、「法的確信を表明したもの」として、この原則が国際慣習法化し全国家を拘束するとした。友好関係原則宣言 フレッシュアイペディアより)

  • ナトゥナ諸島

    ナトゥナ諸島から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    インドネシアは中国を国際司法裁判所に提訴することも検討している。中国は政府レベルでは「ナトゥナ諸島の主権はインドネシアに属しており、中国が異議を示したことはない」としつつ、メディアが「ナトゥナ諸島は宋代から清代にかけて中国か、中国系王国の支配下にあった」と報じている。ナトゥナ諸島 フレッシュアイペディアより)

  • カプリビ回廊

    カプリビ回廊から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    また、カプリビ回廊はナミビアとボツワナが国境線をめぐる長年の争いを国際司法裁判所に託した際にも注目を集めた。議論の中心は、どの水路がチョベ川の真の国境線かというものであった。これは、川の中央にあった大きな島(ナミビアではカシキリ島、ボツワナではセドウドウ島と呼ばれる)がどちらの国に属するかを決定付ける重要性を持っていた。ボツワナ政府は、この島はチョベ国立公園の一体不可分なものと主張した。一方ナミビア政府は、カプリビ回廊東部の住民の多くが、ドイツとイギリスの条約の一部として保有するだけではなく、数世代にわたって季節牧草地としてアシ集めや埋葬地に使ってきたことを主張した。1999年12月、国際司法裁判所は、主要な水路と今後の国境線を島の北側と定め、島はボツワナの領土として決定された。カプリビ回廊 フレッシュアイペディアより)

  • チベット問題

    チベット問題から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    酒井信彦は、ガンデンポタン(チベット亡命政府)や西側諸国政府による調査の結果、チベット動乱前後の中国によるチベット侵攻および併合政策の過程で、チベット全域で120万人にのぼる犠牲者が出たとしている。この犠牲者のなかには、自殺者や行方不明者も含まれるという。チベット亡命政府や国際司法裁判所の『チベットと中華人民共和国』報告、医師ジョン・アーカリーとブレーク・カーによる『チベットにおける拷問と投獄の報告』、アムネスティの『中国における拷問』(1992年)、国連人権委員会の『チベットにおける真実』などが、中国政府の恐怖政治を告発したが、中国は、これらの主張を強く否定している。ICJは1997年にも、中国によるチベットへの抑圧が激化していると報告している。チベット問題 フレッシュアイペディアより)

235件中 81 - 90件表示

「国際司法裁判所」のニューストピックワード