164件中 81 - 90件表示
  • 顧維鈞

    顧維鈞から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1956年台湾総統府資政、その後1957年?1967年国際司法裁判所判事に任命される。1967年に引退してニューヨークに移住、コロンビア大学で回想録を口述し、死の直前まで健康であったが、1985年11月入浴中に倒れ、死去した。顧維鈞 フレッシュアイペディアより)

  • 南極海における捕鯨事件

    南極海における捕鯨事件から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    南極海における捕鯨事件(なんきょくかいにおけるほげいじけん、英語:Case concerning Whaling in the Antarctic、フランス語:Affaire du Chasse à la baleine dans l'Antarctique)とは、日本による第二期南極海鯨類捕獲調査(以下JARPA II)の国際法上の是非を巡って、2010年5月31日にオーストラリアが日本を国際司法裁判所に提訴した、国際紛争である。裁判は2012年12月現在係属中である。南極海における捕鯨事件 フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ケロッグ

    フランク・ケロッグから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    彼は、1925-1929年にはカルビン・クーリッジ大統領の内閣に国務長官として加わった。1928年には、彼は、アイルランドのダブリン市から自由勲章を授与された。国務長官として彼は、1928年に調印されたケロッグ・ブリアン協定(パリ不戦条約)をフランスの外務大臣アリスティード・ブリアンと共に取りまとめた。1930-35年には国際司法裁判所に判事の1人としても係わっている。1929年ノーベル平和賞を受賞。1937年セント・ポールで死去。フランク・ケロッグ フレッシュアイペディアより)

  • 西サハラの歴史

    西サハラの歴史から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1975年の国際司法裁判所による西サハラの地位についての勧告では、いくつかの部族がモロッコとの歴史的なつながりをもっているが、それは西サハラとモロッコの間に"領土主権のつながり"をもたらすには足らないと見なしていた。西サハラの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アーデル・ヤーノシュ

    アーデル・ヤーノシュから見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    裁判官の妻ヘルチェグフ・アニタとのあいだに、一男三女がいる。アーデルの義父にあたるヘルチェグフ・ゲーザは1993年から2003年まで、ハーグの国際司法裁判所裁判官であった。アーデル・ヤーノシュ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ戦争

    トヨタ戦争から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1986年に入ると、チャドの重要拠点を失ったGUNTはカッザーフィーに反旗を翻す。これを知ったハブレは、チャド北部を奪回し、リビアのチベスチ近辺で戦っているGUNT離脱者と合流するために、12月16日から軍を16度線を越えて進軍させた。政府軍は、3か月に渡ってゲリラ戦と正規戦を駆使して北部チャドを奪回した。また、1987年9月に停戦条約に合意するまでの間リビア軍と戦闘を続け、大きな被害を与えた。停戦条約ではアオゾウ地帯の帰属について話し合われ、1994年、国際司法裁判所はこの地域をチャド領と裁定した。トヨタ戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 中川小十郎

    中川小十郎から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    その後、西園寺公の同族・橋本実斐伯爵の邸宅に保存されてあった扁額が学園に寄贈された。この扁額は1869(明治2)年に西園寺が私塾立命館を開設したときに揮毫されたものである。このときの扁額は学宝として現存しているが、レプリカが中川会館正面玄関、衣笠キャンパス図書館などに掲げられている。また1918(大正7)年には、西園寺公望の好意で新たに書かれた「立命館」の三文字の大扁額も寄贈されている。西園寺公望は、中川小十郎らが設立した立命館学園に対して有形、無形の援助を続け学園の発展に貢献したことから、財団法人立命館は西園寺公望を学祖と位置づけ今日に至っている。国際司法裁判所元判事で、立命館名誉総長など学園の要職を歴任した織田萬は西園寺の精神と立命館について、「一たびこの立命館の名称の由来に想到すれば、何人も感奮興起せざるを得ないのでありませう。教職員にせよ、学生々徒にせよ、苟も学園の門をくぐつた者が公の心を以て心とし、精神を練り学業に勉むれば、一身の修養に於ても、社会の活動場裏に立つ場合に於ても、欠けることはありますまい。学園は指導精神をここに置き、あらゆる精神教育の流れは悉くこの源泉より発することになつてゐるのであるが、これが又学園の天下に誇り得べき一大特色である」と述べている。中川小十郎 フレッシュアイペディアより)

  • イランの歴史

    イランの歴史から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    1979年11月4日、アメリカ大使館人質事件が起こった。これはモジャーヘディーネ・ハルクの支持を背景として、好戦的なイラン人学生がテヘランのアメリカ大使館を占拠・人質を監禁したもので、1981年1月20日まで続く(詳細はイーグルクロー作戦を参照)。カーター政権は国交を断絶、1980年4月7日には経済制裁を発動、同月末には救出作戦に踏み切った。しかしこの救出作戦ではヘリコプターに技術的問題が生じたこと、これに伴う空中衝突で8人の米兵を失ったことで4月25日に作戦中止が指令されている。国際司法裁判所は5月24日に人質解放を要求、最終的にロナルド・レーガン大統領就任の日、イラン側の要求をほぼ受け入れて事件は解決した。イランの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 平和宮

    平和宮から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    同宮殿には常設仲裁裁判所、国際司法裁判所、ハーグ国際法アカデミー、図書館、カーネギー財団がある。平和宮 フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ問題

    パレスチナ問題から見た国際司法裁判所国際司法裁判所

    また、イスラエルは自国領・占領地・入植地と、パレスチナ人居住区とを分断する壁を一方的に築いている。イスラエルは「壁(????, wall)」ではなく「フェンス、柵(???, fence)」であると主張し、「反テロフェンス」と呼んでいる。壁は、イスラエル領土だけで無く、イスラエル領域外の入植地を囲む形で建設が進められている。第1次中東戦争の停戦ラインでパレスチナ側とされた領域も壁の内部に取り込まれており、事実上の領土拡大を進めている。2004年7月9日、国際司法裁判所は、イスラエルによる占領下にあるパレスチナにおける壁の建設が国際法に違反するという勧告的意見を下した。イスラエル側は現在も壁の建設を続行している(エルサレム周辺地図(英語) 青地がイスラエル入植地、灰地がパレスチナ人居留区、黒実線が壁、灰実線が計画中の壁。全体図は外部リンクからパレスチナ赤新月社による地図参照)パレスチナ問題 フレッシュアイペディアより)

164件中 81 - 90件表示

「国際司法裁判所」のニューストピックワード