42件中 21 - 30件表示
  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見たバカシ半島

    2002年 ・ - バカシ半島の領有権をカメルーンに認めた。ナイジェリアは判決の受け入れを拒否したが、両国間の交渉で国境を画定した。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た国際海洋法裁判所

    国際法一般を扱う常設司法裁判所という点において、常設仲裁裁判所、国際海洋法裁判所、国際刑事裁判所(ICC、2003年3月発足)などとは区別され、異なる意義を有する。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た裁判官

    裁判官は、国籍の違う9年任期の裁判官15人で構成される(規程3条)。徳望が高く、かつ各国で最高の裁判官に任ぜられるのに必要な資格を有する者、もしくは、国際法に有能で名のある法律家の中から、各国が候補者を指名して選挙によって選ばれる(規程2条)。選挙は、候補者の名簿から安全保障理事会および総会でそれぞれ別個に選挙して行う。裁判官には双方で絶対多数を得た者が選ばれる(規程8条ほか)。所長の任期は3年。所長選挙は、15人の判事による互選方式で実施される。現在の所長は、ペーテル・トムカで、2012年に選ばれた。2009年から2012年まで小和田恆が日本人として初めて所長を務めた。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た管轄権

    裁判は、管轄権に関する事項と本案に分かれる。前者は、付託された紛争に裁判所の管轄権があるか、つまりはその紛争をそもそも裁判所が裁きうるか、という点についての審理である。管轄権については相手国側から先決的抗弁が提出されることがある。また、管轄権が認められても、「受理可能性」(admissibility)、すなわち、本判決が第三国の権利義務に影響を与えるおそれなど、判決を下すに適さないかどうかも審理される。通常、裁判所の管轄権が認められた後に、本案に進むが、事件によっては、管轄権判決と本案判決が一括して行われる場合もある(1995年「東チモール事件」判決)。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見たアオゾウ地帯

    1994年 ・ - サハラ砂漠のアオゾウ地帯からリビア軍が撤退。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た司法機関

    国際司法裁判所(こくさいしほうさいばんしょ、、)は、国際連合の主要な常設の国際司法機関のことで、オランダのハーグに本部を置く。その役割は、国家間の法律的紛争、即ち国際紛争を裁判によって解決、または、法律的問題に意見を与えることである。国際法における権威であり、その法律的意見は、国際法に多大な影響を与える。英語の略称はICJ。World Courtとも呼ばれる。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た国際紛争

    国際司法裁判所(こくさいしほうさいばんしょ、、)は、国際連合の主要な常設の国際司法機関のことで、オランダのハーグに本部を置く。その役割は、国家間の法律的紛争、即ち国際紛争を裁判によって解決、または、法律的問題に意見を与えることである。国際法における権威であり、その法律的意見は、国際法に多大な影響を与える。英語の略称はICJ。World Courtとも呼ばれる。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た国際連合加盟国

    当事者となりうるのは国家のみである(規程34条)。個人や法人は訴訟資格を有さない。国際司法裁判所規程は、国際連合憲章とは不可分の一体であるために国際連合加盟国は当然ながら、当事国である国際連合非加盟国も、安全保障理事会の勧告のもとに国際連合総会でなされる決議によって当事国となることができる。日本は、国際連合に加盟した1956年(昭和31年)より前の1954年(昭和29年)より当事国となっている。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見たエクィティ

    また同条第2項では、当事国の合意がある場合には、「衡平と善 (ex aequo et bono)」に基づき裁判することができると規定している。この場合の「衡平と善」とは、「法に反する衡平」(Equity contra legem)のことである。英米法のエクィティと同じものと考えて良い。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た国籍

    裁判官は、国籍の違う9年任期の裁判官15人で構成される(規程3条)。徳望が高く、かつ各国で最高の裁判官に任ぜられるのに必要な資格を有する者、もしくは、国際法に有能で名のある法律家の中から、各国が候補者を指名して選挙によって選ばれる(規程2条)。選挙は、候補者の名簿から安全保障理事会および総会でそれぞれ別個に選挙して行う。裁判官には双方で絶対多数を得た者が選ばれる(規程8条ほか)。所長の任期は3年。所長選挙は、15人の判事による互選方式で実施される。現在の所長は、ペーテル・トムカで、2012年に選ばれた。2009年から2012年まで小和田恆が日本人として初めて所長を務めた。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

42件中 21 - 30件表示

「国際司法裁判所」のニューストピックワード