42件中 21 - 30件表示
  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た国家

    国際司法裁判所(こくさいしほうさいばんしょ、、)は、6つある国際連合の主要機関のひとつであり、自治的な地位を持つ常設の国際司法機関である。オランダのハーグに本部を置く。国家間の法律的紛争について裁判をしたり(国連憲章第36条第3項、ICJ規程第36条)、国連総会や国連安保理などの要請に応じて勧告的意見を与える(国連憲章第96条、ICJ規程第4章)。判決や勧告的意見による国際司法裁判所の意見は、国際法の発展に多大な影響を与える。世界法廷(World Court)とも呼ばれる。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た外交関係に関するウィーン条約

    裁判官は、裁判所の事務に従事する間は外交官としての外交特権が認められる(外交関係に関するウィーン条約参照)。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た管轄権

    裁判は、管轄権に関する事項と本案に分かれる。前者は、付託された紛争に裁判所の管轄権があるか、つまりはその紛争をそもそも裁判所が裁きうるか、という点についての審理である。管轄権については相手国側から先決的抗弁が提出されることがある。また、管轄権が認められても、「受理可能性」(admissibility)、すなわち、本判決が第三国の権利義務に影響を与えるおそれなど、判決を下すに適さないかどうかも審理される。通常、裁判所の管轄権が認められた後に、本案に進むが、事件によっては、管轄権判決と本案判決が一括して行われる場合もある(1995年「東チモール事件」判決)。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た国連海洋法条約

    日本は、国際司法裁判所が扱う範囲の内容であれば、同じく宣言をしている他国の訴えに応諾する義務を負う宣言を1958年9月(昭和33年9月24日 外務省告示第114号)に行っている。2007年7月この宣言に関して、いわゆる「不意打ち提訴」に対して、日本はICJの強制管轄を承認しないこととした。2015年10月には、海洋生物資源の調査、保存、管理または開発について、他の特別の合意が存在しない限り、国連海洋法条約上の紛争解決手続を用いることがより適当であるとの考えに基づく宣言修正を行っている。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た法律家

    裁判官は、国籍の違う9年任期の裁判官15人で構成される(規程3条)。徳望が高く、かつ各国で最高の裁判官に任ぜられるのに必要な資格を有する者、もしくは、国際法に有能で名のある法律家の中から、各国が候補者を指名して選挙によって選ばれる(規程2条)。選挙は、候補者の名簿から安全保障理事会および総会でそれぞれ別個に選挙して行う。裁判官には双方で絶対多数を得た者が選ばれる(規程8条ほか)。所長の任期は3年。所長選挙は、15人の判事による互選方式で実施される。現在の所長はロニー・アブラハムで、2015年に選ばれた。2009年から2012年まで小和田恆が日本人として初めて所長を務めた。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た西ヨーロッパ

    慣行でアジアから3人、アフリカから3人、中南米から2人、東欧から2人、北米・西欧・その他から5人が選ばれている。また、この15人の中には国連安保理常任理事国5か国の判事が一人ずつ含まれることになっている。判事の年収は約1600万円。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た国際連合加盟国

    当事者となりうるのは国家のみである(規程34条)。個人や法人は訴訟資格を有さない。国際司法裁判所規程は、国際連合憲章とは不可分の一体であるために国際連合加盟国は当然ながら、当事国である国際連合非加盟国も、安全保障理事会の勧告のもとに国際連合総会でなされる決議によって当事国となることができる。日本は、国際連合に加盟した1956年(昭和31年)より前の1954年(昭和29年)より当事国となっている。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見たエクィティ

    また同条第2項では、当事国の合意がある場合には、「衡平と善 (ex aequo et bono)」に基づき裁判することができると規定している。この場合の「衡平と善」とは、「法に反する衡平」(Equity contra legem)のことである。英米法のエクィティと同じものと考えて良い。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た常設国際司法裁判所

    第1次世界大戦後、国際連盟の機関として1921年に常設国際司法裁判所(PCIJ)がオランダのハーグに設置された。その後第2次世界大戦後の国際連合の成立とともに、1946年これを継承したのが国際司法裁判所である。国際司法裁判所規程(1945年発効)に基づいて国際連合の主要な司法機関として(規程1条)設立された。裁判所は、原則として常に開廷されることが宣言されており(規程23条)、常設性が明言されている。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た中南米

    慣行でアジアから3人、アフリカから3人、中南米から2人、東欧から2人、北米・西欧・その他から5人が選ばれている。また、この15人の中には国連安保理常任理事国5か国の判事が一人ずつ含まれることになっている。判事の年収は約1600万円。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

42件中 21 - 30件表示

「国際司法裁判所」のニューストピックワード