42件中 31 - 40件表示
  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た国際連合

    国際司法裁判所(こくさいしほうさいばんしょ、、)は、国際連合の主要な常設の国際司法機関のことで、オランダのハーグに本部を置く。その役割は、国家間の法律的紛争、即ち国際紛争を裁判によって解決、または、法律的問題に意見を与えることである。国際法における権威であり、その法律的意見は、国際法に多大な影響を与える。英語の略称はICJ。World Courtとも呼ばれる。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見たプレア・ビヘア寺院事件

    1962年 ・ - 1952年からタイが支配していたプレアヴィヒア寺院からタイが撤退(プレア・ビヘア寺院事件)。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た条約

    すなわち条約、慣習法、法の一般原則に基づき裁判がなされ、そしてそれらを明らかにするために判例・学説が援用される。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た平和宮

    オランダのハーグに本部を置く。本部はオランダ政府より提供された宮殿を使用しており、その宮殿は「平和宮(Vredespareis)」と呼ばれている。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た国際連合憲章

    当事者となりうるのは国家のみである(規程34条)。個人や法人は訴訟資格を有さない。国際司法裁判所規程は、国際連合憲章とは不可分の一体であるために国際連合加盟国は当然ながら、当事国である国際連合非加盟国も、安全保障理事会の勧告のもとに国際連合総会でなされる決議によって当事国となることができる。日本は、国際連合に加盟した1956年(昭和31年)より前の1954年(昭和29年)より当事国となっている。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た学説

    すなわち条約、慣習法、法の一般原則に基づき裁判がなされ、そしてそれらを明らかにするために判例・学説が援用される。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た外交特権

    裁判官は、裁判所の事務に従事する間は外交官としての外交特権が認められる(外交関係に関するウィーン条約参照)。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た国際刑事裁判所

    国際法一般を扱う常設司法裁判所という点において、常設仲裁裁判所、国際海洋法裁判所、国際刑事裁判所(ICC、2003年3月発足)などとは区別され、異なる意義を有する。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た判例

    すなわち条約、慣習法、法の一般原則に基づき裁判がなされ、そしてそれらを明らかにするために判例・学説が援用される。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見たジャージー

    1953年 ・ - マンキエ諸島・エクレウ諸島(ジャージー)の領有権をイギリスに認めた。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

42件中 31 - 40件表示

「国際司法裁判所」のニューストピックワード