113件中 91 - 100件表示
  • 三大証券取引所

    三大証券取引所から見た先物市場商品先物取引

    大阪証券取引所(大証、現在は大阪取引所):第1部および第2部ならびに新興企業向けのジャスダック(かつてはヘラクレスとNEOも)、日経平均株価(日経225)先物市場がある。特にデリバティブ取引は日本で最も活発に行われており、株価指数先物取引の日本におけるシェアは60%、同オプション取引についてはほぼ100%となっている。三大証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪取引所

    大阪取引所から見た商品先物取引商品先物取引

    諸藩の蔵屋敷があった江戸時代の大坂の米穀取引所を起源に、五代友厚らが発起人となって設立された大阪株式取引所が前身である。なお、1730年(享保15年)に設立 された堂島米会所で行われた帳簿上の差金の授受によって決済を行う「帳合米取引」が、世界で最初の公設の商品先物取引と言われる。この伝統から、大阪株式取引所の草創期から帳合米取引をベースにした定期取引(および後の清算取引、現行法でいう先物取引(futures)の方法にあたる)が行われていた(終戦後、証券業界では証券取引法に基づく証券取引所開設の際に証券業界で清算取引の再開を求めていたが、GHQにより清算取引の禁止を求められた経緯もあり個別株式の先物取引の復活は今日に至るまで実現されていない)。大阪取引所 フレッシュアイペディアより)

  • コーヒー豆

    コーヒー豆から見た商品先物取引商品先物取引

    アラビカ種はインター・コンチネンタル取引所(ICE Futures U.S.)傘下のニューヨーク商品取引所(NYBOT)やブラジル商品・先物取引所で、ロブスタ種はユーロネクスト傘下のロンドン国際金融先物オプション取引所(:en:LIFFE)などで、商品先物取引の主要銘柄として上場され、取引金額も大きい。コーヒー豆 フレッシュアイペディアより)

  • アズキ

    アズキから見た商品先物取引商品先物取引

    アズキは商品先物取引の対象になっているが、生産が天候に左右されやすく年によって価格が乱高下するほか、投機の対象としても国内外の資金が大量に流入することによる暴騰暴落が古くより幾度も繰り返されてきた歴史があるなど、他品目との比較でもハイリスクハイリターンという一面があり、かつては「素人は小豆と生糸には手を出すな」という言葉もあった。また梶山季之の著書にも小豆市場を題材とした小説『赤いダイヤ』がある。ただ、現状では商品先物取引においてアズキの取引高は他の上場商品と比べて少なくなっており、生産技術の向上もあって、それも『過去のもの』となっている。ちなみに、商品先物取引においては、小豆は「アズキ」より「ショウズ」という言い方が一般的である。アズキ フレッシュアイペディアより)

  • 資源

    資源から見た商品先物取引商品先物取引

    植民地支配以来の、資源メジャー、すなわち油田や鉱山の採掘権や生産設備等を持ち市場を支配する多国籍企業に対して、1970年代には資源ナショナリズムが高揚し、多くの国で油田や鉱山の国有化が行われた。しかしその後、商品先物市場の設置や新興資源国の増加、代替エネルギーの開発、内部での利害対立などでOPEC、OAPECなどの旧来の資源輸出国機構は価格への影響力を低下させた。資源 フレッシュアイペディアより)

  • ジャパンネット銀行

    ジャパンネット銀行から見た商品先物取引商品先物取引

    個人間および、個人と法人間のインターネットを利用したオークションやネットショッピングなどによる小額の決済業務、証券会社・商品先物取引会社・FX業者などの口座への入出金等の決済業務に特化している。例えば、Yahoo! オークションと提携し、落札後の決済を行なえるようにするなどである。他にも、投資信託の販売業務、カードローンなどの個人向け融資業務にも注力している。また、2008年(平成20年)6月19日にはtoto(サッカーくじ)の販売が開始された(イーバンク銀行(現:楽天銀行)に次いで2行目)。VISAデビットサービスも2013年12月より参入。ジャパンネット銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 本間宗久

    本間宗久から見た商品先物商品先物取引

    しかし、現在ではこれら手法が一般に本間宗久が考案したものと信じられ紹介されている事実があり、また大阪が「天下の台所」と称され全国の米が集まる先駆的な先物市場であった、堂島(大阪)、蔵前(江戸・東京)の米会所では、後のチャールズ・ダウと並んでテクニカル分析が行われており、彼の生きた時代から200年以上がたった今もなおその基本的な手法が「宗久が考案した酒田罫線法」として伝わり、株式相場や商品先物相場などの投機の世界で相場の指標を求める手段として国境を超えて活用されている。本間宗久 フレッシュアイペディアより)

  • 資源ナショナリズム

    資源ナショナリズムから見た商品先物商品先物取引

    1980年代、アメリカにおいて次々と商品先物市場が形成された。商品先物市場で決まる先物の価格が、現物の価格の指標となった。資源価格は市場で決まるようになった。また、高騰した資源価格は世界各地で試掘投資を活性化させ新興資源国が生まれた。こうして旧来の資源輸出連合諸国は価格の主導権を失い、市場価格に基づき増減産や設備投資を迫られることになった。資源ナショナリズム フレッシュアイペディアより)

  • 原油

    原油から見た商品先物取引商品先物取引

    世界的な原油価格は商品先物市場での取引価格が1つの指標として採用されており、これを基準に、原油品質や引き渡し地といった個別取引での事情が加味されて価格形成される。また主要産油国の世界の中での相対的国力も原油価格に微妙に影響してくる。基本的に産油国は原油高が継続するよう様々な政治活動をするためである。商品先物取引での価格は、原油の需給バランスや投機資金の流入流出によって形成される将来価格の予測となって現れる。原油 フレッシュアイペディアより)

  • B・N・F

    B・N・Fから見た商品先物取引商品先物取引

    「感覚というより慣れ。トータルの値動きへの洞察力が、最も大事。日経平均や先物市場の動きを見ている」と述べている。B・N・F フレッシュアイペディアより)

113件中 91 - 100件表示

「国際商品取引相場」のニューストピックワード