113件中 51 - 60件表示
  • ひまわり証券

    ひまわり証券から見た商品先物取引商品先物取引

    2010年 3月 - 「商品先物取引」の取扱いを開始ひまわり証券 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年-2008年の世界食料価格危機

    2007年-2008年の世界食料価格危機から見た商品先物取引商品先物取引

    不安定要素の1つとして、金融機関の無差別な貸付と不動産への投機は、2008年1月の証券市場危機に繋がり、商品先物取引への投機にも影響を与えた。 特に米国は景気後退に繋がりうる重大な経済危機に瀕している。2007年-2008年の世界食料価格危機 フレッシュアイペディアより)

  • 上場

    上場から見た商品先物取引商品先物取引

    上場(じょうじょう)とは、株式や債券などの有価証券や商品先物取引の対象となる商品(石油、砂糖など)を取引所(市場)において売買可能にすること。上場 フレッシュアイペディアより)

  • 東京商品取引所

    東京商品取引所から見た商品先物取引商品先物取引

    株式会社東京商品取引所(とうきょうしょうひんとりひきじょ、Tokyo Commodity Exchange, Inc., 略称TOCOM)は、商品取引所法に基づいて商品先物取引市場を開設することを目的とする法人(会員商品取引所)として設立。2008年12月1日に株式会社化され、株式会社東京工業品取引所となり、2013年2月12日に現在の商号に変更した。また、旧東京商品取引所は明治27年(1894年)に蛎殻町で誕生したが営業不振に陥り、明治41年(1908年)に東京米穀取引所に吸収合併されているため、ここでは、第2次東京商品取引所について述べる。東京商品取引所 フレッシュアイペディアより)

  • デポジット

    デポジットから見た商品先物商品先物取引

    商品先物・外国為替証拠金取引専業業者においては、先述と同様のプール口座として使用されており、顧客の注文に応じて商品買付代金・取引証拠金へ振替される。デポジット フレッシュアイペディアより)

  • 空売り

    空売りから見た商品先物取引商品先物取引

    空売り(からうり、)は、投資対象である現物を所有せずに、対象物を(将来的に)売る契約を結ぶ行為である。商品先物や外国為替証拠金取引でも用いられる用語だが、差金決済を前提としたこれらの市場では売り買いとも「空(から)」である事が前提であるため端的に売り、ショートと呼ぶことが多い。対象物の価格が下落していく局面でも取り引きで利益を得られる手法のひとつ。「信用売り」「ハタ売り」も同義語である。対義語は「空買い」。空売り フレッシュアイペディアより)

  • 仕手

    仕手から見た商品先物商品先物取引

    仕手(して)とは、人為的に作った相場で短期間に大きな利益を得ることを目的に、公開市場(株式、商品先物、外国為替等)で大量に投機的売買を行う相場操縦の一種(英語の:en:Market manipulationに相当)。摘発が厳格でない事を逆手に、脱法・違法まがいの手法を取り入れ価格操作をおこなう不正な売買筋のことを仕手筋(してすじ)と呼ぶ。大規模なものでは米や大豆など商品の買い占めがあり、成功者は莫大な富を得る一方、失敗したものは破産は元より自殺するものも少なくない。以下では株式市場を例に記述する。仕手 フレッシュアイペディアより)

  • ジム・ロジャーズ

    ジム・ロジャーズから見た商品先物取引商品先物取引

    投資手法は保守的な"BUY AND HOLD"ではなく、利益が出る状況に応じてロング(買い持ち)とショート(売り持ち)のどちらでもポジションをとり、投資対象も株式だけでなく通貨・商品と幅広く、また現物取引だけでなく先物取引やオプション取引も行う等、ジョージ・ソロスともに1970年代におけるヘッジファンドの先駆者であった。国際情勢、マクロ経済、金融政策、社会のトレンドなどによる需給の変化を徹底的に調査して、そこから価格の大きな上昇または下落を予想してポジションをとる、後にグローバル・マクロと呼ばれたスタイルの走りでもあった。ただし、いつもポジションをとるのが早過ぎるとして、下手なトレーダーを自称している。クォンタム・ファンドを2人で始めたときは、ジム・ロジャーズがアナリスト的な役割で、ジョージ・ソロスがトレーダー的な役割だったと、ジャック・D・シュワッガーの著書「マーケットの魔術師」で答えている。また、ジョージ・ソロスも自著"Soros on Soros"の中で、クォンタム・ファンド運営ではジム・ロジャーズがアナリストだったと述べている。ジム・ロジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • 是川銀蔵

    是川銀蔵から見た商品先物取引商品先物取引

    1931年、34歳で70円を元手に大阪株式取引所で株式投資を始め、年末までに7000円に増やした。1933年に大阪堂島で「昭和経済研究所」(後の是川経済研究所)を設立し、研究と指導を行った。商品先物を扱う大阪三品取引所では1935年に綿の世界的凶作を見越して綿を買い、売りに回った昭和綿花株式会社の駒村資平と仕手戦を数ヶ月続けた。買い方が優勢で約300万円の利益があったが、解け合いを断った後に相場が反転し、逆に1万数千円の損失を受けた。是川銀蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野正美

    宇野正美から見た商品先物取引商品先物取引

    宇野正美の預言は、まず、自身の開催する国際時事講演会に於いて会社経営者などに向けて注意喚起のために提示される。代表的な例を挙げればバブル景気、金融ビッグバンに関する警鐘などがそれに当たる。前者は、引き金となった裁定取引についての予想が欠けていたため予想的中とはいかなかったが、そのベースとなった民活・内需拡大、プラザ合意(当時の竹下登大蔵大臣が産業構造調整として合意)、「日本の世界工場化」 → 円高不況 → 公定歩合引下・財テク(投機熱) → 産業の空洞化に対して警鐘を鳴らし続けた。また、後者については、金融経済の危険性を江戸時代の帳合米取引を例にして説き、再来する公定歩合引下と投機ブーム、ペイオフに伴う個人資産1200兆円の流出や日本企業買収を懸念し、日本は、菜根譚、上杉鷹山や石田梅岩に学ぶべきと主張した。なお、結果として、日本が上手く危機を回避できたため予想としては外れたが、この「金融経済の危険性」は10年の歳月を経て、前述のリーマン・ショックという形で姿を表すに到った。なお、デリバティブによるアメリカ崩壊の危険性については、1998年から明快に述べている。この他にも、2008年初頭から、その情報網から収集した新型インフルエンザの危険性について訴え始めていた。2009年、新型インフルエンザは世界的流行の兆しを見せた。宇野正美 フレッシュアイペディアより)

113件中 51 - 60件表示

「国際商品取引相場」のニューストピックワード