104件中 61 - 70件表示
  • 大発会・大納会

    大発会・大納会から見た商品先物取引商品先物取引

    商品取引所の場合、大発会・大納会が行われる日付は証券取引所と同じである。ただし、夜間にも取引が行われている東京工業品取引所等では、大納会当日は日中立会のみ行う(夜間立会は行わない)。大発会・大納会 フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・マーカンタイル取引所

    シカゴ・マーカンタイル取引所から見た商品先物取引商品先物取引

    シカゴ・マーカンタイル取引所(シカゴ・マーカンタイルとりひきじょ、Chicago Mercantile Exchange、略称:CME または "The Merc", )はアメリカ合衆国シカゴにある商品先物取引所及び金融先物取引所である。なお、mercantile exchange は「商品取引」という意味の語であるが、シカゴ商品取引所(CBOT)との区別の必要性などから習慣的に表題のような訳語となっている。シカゴ・マーカンタイル取引所 フレッシュアイペディアより)

  • 堂島

    堂島から見た商品先物取引商品先物取引

    1697年(元禄10年)、江戸時代の代表的な豪商である淀屋が北浜で開いていた米市場が対岸の堂島(大江橋北詰)に移されるとともに米取引の場へ変貌、繁華街は曽根崎川対岸に拓かれた曽根崎新地(北新地)へと移っていった。その後、全国より廻送された米が取引きされた「堂島米市場」として発展し、これが後に世界初の近代的な商品先物取引が行われた「堂島米会所」となった。堂島に廻送された年貢米は年間100万石とも150万石とも伝えられ、それらを保管する倉庫と屋敷を兼ねた諸大名の蔵屋敷が建ち並んでいたという。堂島 フレッシュアイペディアより)

  • 資源ナショナリズム

    資源ナショナリズムから見た商品先物商品先物取引

    1980年代、アメリカにおいて次々と商品先物市場が形成された。商品先物市場で決まる先物の価格が、現物の価格の指標となった。資源価格は市場で決まるようになった。また、高騰した資源価格は世界各地で試掘投資を活性化させ新興資源国が生まれた。こうして旧来の資源輸出連合諸国は価格の主導権を失い、市場価格に基づき増減産や設備投資を迫られることになった。資源ナショナリズム フレッシュアイペディアより)

  • 経済情報ステーション

    経済情報ステーションから見た商品先物商品先物取引

    この枠は1983年4月1日から1988年3月31日の5年間放送された「ニュースTODAY」という番組のリニューアル版で、大阪・名古屋の証券取引所の株式市況中継、商品先物市況中継や経済関連ニュースをベースに、随時日本経済新聞社協賛による一般ニュース、音楽、文化の情報などを提供していた。経済情報ステーション フレッシュアイペディアより)

  • テクニカル分析

    テクニカル分析から見た商品取引商品先物取引

    テクニカル分析(テクニカルぶんせき、Technical analysis)とは、主に株式・商品取引・為替等の取引市場で、将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法である。テクニカル分析 フレッシュアイペディアより)

  • 今村証券

    今村証券から見た商品先物商品先物取引

    株式、投資信託、EB、FX、年金、保険、商品先物などを取り扱っている。今村証券 フレッシュアイペディアより)

  • 協栄物産

    協栄物産から見た商品先物取引商品先物取引

    協栄物産株式会社(きょうえいぶっさん 英語名: Kyoei Bussan Co.,Ltd.)は、東京都中央区に本社を置く商品取引員(商品先物取引業)の会社である。2009年12月28日をもって受託業務を停止し、廃業。協栄物産 フレッシュアイペディアより)

  • 倉庫証券

    倉庫証券から見た商品先物取引商品先物取引

    貴金属などの商品先物取引では、商品取引所の指定した倉庫会社の発行した倉荷証券を受渡しに使用する。倉庫証券 フレッシュアイペディアより)

  • マーケット・トレンド

    マーケット・トレンドから見た商品先物取引商品先物取引

    甘利重治(木曜。東京工業品取引所 CXプランナー。2011年10月6日 - 2012年9月13日)マーケット・トレンド フレッシュアイペディアより)

104件中 61 - 70件表示

「国際商品取引相場」のニューストピックワード