113件中 71 - 80件表示
  • KOYO証券

    KOYO証券から見た商品先物取引商品先物取引

    KOYO証券株式会社(こうようしょうけん、KOYO SECURITIES CO.,LTD.)は、東京都中央区東日本橋に本拠を構える商品先物取引業者(2015年3月30日、取次取引員に業態変更)系の証券会社。2011年(平成23年)9月1日、現社名に商号変更。KOYO証券 フレッシュアイペディアより)

  • サンワード貿易

    サンワード貿易から見た商品先物取引商品先物取引

    サンワード貿易株式会社(サンワードぼうえき、SUNWARD TRADING INC.)は東京都新宿区に本社のある商品先物取引業、取引所外国為替証拠金取引(くりっく365)業の会社である。旧朝日企業グループの一角。サンワード貿易 フレッシュアイペディアより)

  • デイトレード

    デイトレードから見た商品先物取引商品先物取引

    デイトレード(day trading)とは、主に個人投資家による株式・債券などの日計り取引である。主に株式・債券取引や外国為替証拠金取引 (FX)、商品先物取引、差金決済取引 (CFD)、株価指数先物取引など市場流動性の高い取引において行われる事が多い。デイトレード フレッシュアイペディアより)

  • ユーロネクスト・リスボン

    ユーロネクスト・リスボンから見た商品先物取引商品先物取引

    ユーロネクスト・リスボンでは株券, 法人及び個人向けの債券, 配当型債券, ワラント債, 転換社債型新株予約権付社債, ユニット・トラスト, 公債を取引している。BVL一般指標は政府の取引指標となっており、政府の市場にリストされている全ての株式会社を含んでいる。決算はT+3である。デリバティブはPSI-20証券指標及びポルトガル先物取引市場にある長期利息の先物, リスボン3ヶ月先物, 商品先物取引, オプション取引を含んでいる。取引時間は月曜日から金曜日までのユーロネクスト・リスボン フレッシュアイペディアより)

  • タイコム証券

    タイコム証券から見た商品先物取引商品先物取引

    タイコム証券株式会社 () は、かつて存在した商品先物取引会社。大阪市に本店を置いていた。タイコム証券 フレッシュアイペディアより)

  • ノルウェー連続テロ事件

    ノルウェー連続テロ事件から見た商品先物取引商品先物取引

    テロ事件発生により、ノルウェー・クローネはUSドルに対して下落。また、リスク分散のため金先物市場で金が買われた。ノルウェー連続テロ事件 フレッシュアイペディアより)

  • 東京穀物商品取引所

    東京穀物商品取引所から見た商品先物商品先物取引

    東京穀物商品取引所(とうきょうこくもつしょうひんとりひきじょ、The Tokyo Grain Exchange, 略称TGE)は、商品取引所法に基づいて商品先物市場を開設することを目的として設立された社団。2009年11月に株式会社へと組織変更。2013年2月8日をもってすべての立会を終了し、その建玉等の処理は、翌営業日である同月12日より大阪堂島商品取引所(米穀)と東京商品取引所(一般大豆、小豆、とうもろこしおよび粗糖)に移管された。東京穀物商品取引所 フレッシュアイペディアより)

  • ベーコン

    ベーコンから見た商品先物取引商品先物取引

    本来は冬季用の保存食であったベーコンだが、アメリカでは夏にベーコンの消費が増える。夏季は庭でバーベキューをする家庭が多く、ベーコンの需要が増えるためという。原料のポークベリーは季節で価格変動が大きいため、先物取引の対象となり、シカゴ商品先物取引所に上場されている。ベーコン フレッシュアイペディアより)

  • イリノイ州

    イリノイ州から見た商品先物取引商品先物取引

    2000年代初期までにイリノイ州の経済は、金融取引、高等教育、法律実務、物流および医療といった高付加価値サービス業への依存度が高くなってきた。これらのサービス業はイリノイ州の以前の経済を牛耳ってきた機関の周りに集まってきた。例えば、世界的なデリバティブ商品を扱うシカゴ・マーカンタイル取引所は農製品の先物市場として始まった。その他の非製造業で重要な分野には、出版、観光およびエネルギー生産・分配がある。イリノイ州 フレッシュアイペディアより)

  • 外国為替証拠金取引

    外国為替証拠金取引から見た商品先物取引商品先物取引

    実際には商品先物の証拠金取引はロスカットルール等の特約がない限り追証制度があり、入金期限以後の商品先物取引業者の任意による強制決済か入金期限までの入金の選択ができ若干の時間的な余裕があるが、それとは異なり、損失が一定額を超えると、ロスカットルールによって強制的に反対売買がなされる。またそれよりも損失の小さい段階で追加証拠金の差し入れ(追証)を請求される(マージンコール)場合もある。ロスカット判断は取引時間中はほぼリアルタイムで行われているが、システム状態によっては必ずしもリアルタイムとならない場合もあるほか、週明けに大きな変動があることもあるため、特に高いレバレッジの損切りではロスカットルール以上の損失が発生するケースも多い。外国為替証拠金取引 フレッシュアイペディアより)

113件中 71 - 80件表示

「国際商品取引相場」のニューストピックワード