104件中 71 - 80件表示
  • 穀物メジャー

    穀物メジャーから見た商品先物取引商品先物取引

    1970年代以前は、倉庫に保管している在庫を販売する形態であったが、大量取引が増えるとそれでは間に合わないようになる。先に輸出契約を締結してから、農家から穀物を買いつける、商品先物取引に近い形態に変わっていった。穀物メジャー フレッシュアイペディアより)

  • ハリケーン・カトリーナ

    ハリケーン・カトリーナから見た先物市場商品先物取引

    ニューオーリンズ近辺は、米国中部産穀物(小麦、大豆、トウモロコシ)の集散地である。罹災直後、シカゴ穀物先物市場では、国内余剰懸念により先物価格が低落傾向にあり、日本においては逆に、先物価格が上昇するという状況になるなど、日本国内の穀物価格の上昇及び物価への悪影響が懸念されたが、米国における復旧の進展、日本国内における備蓄調整等により影響は限定的なものにとどまった模様である。ハリケーン・カトリーナ フレッシュアイペディアより)

  • 仕手

    仕手から見た商品先物商品先物取引

    仕手(して)、あるいは仕手筋(してすじ)とは、人為的に作った相場で短期間に大きな利益を得ることを目的に、公開市場(株式、商品先物、外国為替等)で大量に投機的売買を行う者のことをいう。英語のSpeculator(投機家)に相当するが、摘発が厳格でない事を逆手に、脱法・違法まがいの手法を取り入れ価格操作をおこなう不正な売買筋のことを「仕手」と呼ぶことがある。以下では株式市場を例に記述する。仕手 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野正美

    宇野正美から見た商品先物取引商品先物取引

    宇野正美の預言は、まず、自身の開催する国際時事公演会に於いて会社経営者などに向けて注意喚起のために提示される。代表的な例を挙げればバブル景気、金融ビッグバンに関する警鐘などがそれに当たる。前者は、引き金となった裁定取引についての予想が欠けていたため予想的中とはいかなかったが、そのベースとなった民活・内需拡大、プラザ合意(当時の竹下登大蔵大臣が産業構造調整として合意)、「日本の世界工場化」 → 円高不況 → 公定歩合引下・財テク(投機熱) → 産業の空洞化に対して警鐘を鳴らし続けた。また、後者は、金融経済の危険性を江戸時代の帳合米取引を例にして説き、再来する公定歩合引下と投機ブーム、ペイオフに伴う個人資産1200兆円の流出や日本企業買収を懸念し、日本は、菜根譚、上杉鷹山や石田梅岩に学ぶべきと主張した。なお、結果として、日本が上手く危機を回避できたため予想としては外れたが、この「金融経済の危険性」は10年の歳月を経て、前述のリーマン・ショックという形で姿を表すに到った。なお、デリバティブによるアメリカ崩壊の危険性については、1998年から明快に述べている。この他にも、2008年初頭から、その情報網から収集した新型インフルエンザの危険性について訴え始めていた。2009年、新型インフルエンザは世界的流行の兆しを見せた。宇野正美 フレッシュアイペディアより)

  • ジム・ロジャーズ

    ジム・ロジャーズから見た商品先物取引商品先物取引

    投資手法は保守的な"BUY AND HOLD"ではなくて、利益が出る状況に応じてロング(買い持ち)とショート(売り持ち)のどちらでもポジションをとり、投資対象も株式だけでなく通貨・商品と幅広く、また現物取引だけでなく先物取引やオプション取引も行う等、ジョージ・ソロスともに1970年代におけるヘッジファンドの先駆者であった。国際情勢、マクロ経済、金融政策、社会のトレンドなどによる需給の変化を徹底的に調査して、そこから価格の大きな上昇または下落を予想してポジションをとる、後にグローバル・マクロと呼ばれたスタイルの走りでもあった。ただし、いつもポジションをとるのが早過ぎるとして、下手なトレーダーを自称している。ジム・ロジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た商品先物商品先物取引

    地方競馬を含む公営競技は長年にわたり地方自治体の貴重な収入源となってきた。しかし近年、バブル崩壊以後の不況の長期化、一般大衆のギャンブル離れ、公営競技施設・レース数の過剰、レジャーの多様化、射幸性が高まり事実上ギャンブル同然の存在であるパチンコ・パチスロや、一応ギャンブルではないもののハイリスク・ハイリターンな株式相場・商品先物・外国為替証拠金取引などの投機との競合など様々な要素が原因となって収益が悪化していった。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • ウェスト・テキサス・インターミディエイト

    ウェスト・テキサス・インターミディエイトから見た商品先物取引商品先物取引

    WTI先物は、ニューヨーク・マーカンタイル取引所 (NYMEX) においてNYMEX Light Sweet Crudeとして取引が行われている。1983年5月に上場され、現在は同取引所の主要な取引品としての地位を確立している。ただしこれ以前にも、取引は行われていた。WTIの取引では、集油所のあるオクラホマ州カッシングで現物の受け渡しが行われる。ウェスト・テキサス・インターミディエイト フレッシュアイペディアより)

  • ジャパンネット銀行

    ジャパンネット銀行から見た商品先物取引商品先物取引

    個人間および、個人と法人間のインターネットを利用したオークションやネットショッピングなどによる小額の決済業務、証券会社・商品先物取引会社・FX業者などの口座への入出金等の決済業務に特化している。例えば、Yahoo! オークションと提携し、落札後の決済を行なえるようにするなどである。他にも、投資信託の販売業務、カードローンなどの個人向け融資業務にも注力している。また、2008年(平成20年)6月19日にはtoto(サッカーくじ)の販売が開始された(イーバンク銀行(現:楽天銀行)に次いで2行目)。ジャパンネット銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田商事事件

    豊田商事事件から見た商品先物取引商品先物取引

    当時、金に対する国民の関心は高まっており、1981年に国内金輸入量は史上最高を記録。このため私設の先物取引市場が横行し、それに伴う被害も多く、社会問題になっていた。豊田商事の前身の大阪豊田商事も私設市場を舞台に先物取引を扱っていた業者の一つだった。豊田商事事件 フレッシュアイペディアより)

  • ドットコモディティ

    ドットコモディティから見た商品先物取引商品先物取引

    ドットコモディティ株式会社(Dot Commodity Inc.)は東京都渋谷区恵比寿1-21-8にあるインターネット専業の商品先物取引業の会社である。現在の社長は舟田仁。会長は元経済産業省官僚の車田直昭。2008年10月から積極的なM&Aを展開し事業規模を拡大、国内オンライン商品取引では最大手にあたる。資本金18億9,999万円。ドットコモディティ フレッシュアイペディアより)

104件中 71 - 80件表示

「国際商品取引相場」のニューストピックワード