104件中 81 - 90件表示
  • サンワード貿易

    サンワード貿易から見た商品先物取引商品先物取引

    サンワード貿易(サンワードぼうえき)は東京都新宿区に本社のある商品先物取引業、不動産賃貸業の会社である。サンワード貿易 フレッシュアイペディアより)

  • 東京商品取引所

    東京商品取引所から見た商品先物取引商品先物取引

    株式会社東京商品取引所(とうきょうしょうひんとりひきじょ、Tokyo Commodity Exchange, Inc., 略称TOCOM)は、商品取引所法に基づいて商品先物取引市場を開設することを目的とする法人(会員商品取引所)として設立。2008年12月1日に株式会社化され、株式会社東京工業品取引所となり、2013年2月12日に現在の商号に変更した。東京商品取引所 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪堂島商品取引所

    大阪堂島商品取引所から見た商品先物取引商品先物取引

    大阪堂島商品取引所(おおさかどうじましょうひんとりひきじょ、Osaka Dojima Commodity Exchange、略称:ODE)は、商品取引所法に基づいて商品先物取引市場を開設・運営することを目的として大阪府大阪市に設立された商品先物取引所である。大阪堂島商品取引所 フレッシュアイペディアより)

  • 射幸心

    射幸心から見た商品先物取引商品先物取引

    金融先物取引や商品先物取引は投機的性格が強く、射幸心を煽るものであるが、リスクヘッジなど社会における経済活動上必要な性格から、パチンコや公営ギャンブルほど問題視されることは少ない。また雑誌のクイズ回答における懸賞品や懸賞金などもギャンブル性があり射幸心をくすぶるものであるが、景品表示法等の規定により懸賞金の上限が著しく高価でないことや懸賞金投稿に手間暇がかかることや期間内に回数が事実上制限されていることから、パチンコや公営ギャンブルほど射幸心が煽るものではなく賭博的要素として問題視されることは少ない。射幸心 フレッシュアイペディアより)

  • アズキ

    アズキから見た商品先物取引商品先物取引

    アズキは商品先物取引の対象になっているが、生産が天候に左右されやすく年によって価格が乱高下するほか、投機の対象としても国内外の資金が大量に流入することによる暴騰暴落が古くより幾度も繰り返されてきた歴史があるなど、他品目との比較でもハイリスクハイリターンという一面があり、かつては「素人は小豆と生糸には手を出すな」という言葉もあった。また梶山季之の著書にも小豆市場を題材とした小説『赤いダイヤ』がある。ただ、現状では商品先物取引においてアズキの取引高は他の上場商品と比べて少なくなっており、それも『過去のもの』となっている。ちなみに、商品先物取引においては、小豆は「アズキ」より「ショウズ」という言い方が一般的である。アズキ フレッシュアイペディアより)

  • 金

    から見た商品先物取引商品先物取引

    現在は、紙幣との交換はできないが、今なお各国の中央銀行が支払準備金として金を保有している。また、証券会社や銀行や貴金属専門業者、商品先物取引業者等で、金を投資対象とする金融商品(金貯蓄口座、純金積立など)が取り扱われている。金本位制が崩壊した今も、(恐らくはその名残として)貨幣のような価値をまだ認められていると考えられる。 フレッシュアイペディアより)

  • 東京穀物商品取引所

    東京穀物商品取引所から見た商品先物商品先物取引

    東京穀物商品取引所(とうきょうこくもつしょうひんとりひきじょ、The Tokyo Grain Exchange, 略称TGE)は、商品取引所法に基づいて商品先物市場を開設することを目的として設立された社団。2009年11月の株式会社への組織変更により法人格は株式会社である。2013年2月8日をもってすべての立会を終了し、その建玉等の処理は、翌営業日である同月12日より大阪堂島商品取引所(米穀)および東京商品取引所(一般大豆、小豆、とうもろこしおよび粗糖)に移管された。東京穀物商品取引所 フレッシュアイペディアより)

  • 資源

    資源から見た商品先物取引商品先物取引

    植民地支配以来の、資源メジャー、すなわち油田や鉱山の採掘権や生産設備等を持ち市場を支配する多国籍企業に対して、1970年代には資源ナショナリズムが高揚し、多くの国で油田や鉱山の国有化が行われた。しかしその後、商品先物市場の設置や新興資源国の増加、代替エネルギーの開発、内部での利害対立などでOPEC、OAPECなどの旧来の資源輸出国機構は価格への影響力を低下させた。資源 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪証券取引所

    大阪証券取引所から見た商品先物取引商品先物取引

    諸藩の蔵屋敷があった江戸時代の大坂の米穀取引所を起源に、五代友厚らが発起人となって設立された大阪株式取引所が前身である。なお、堂島米会所で行われた帳簿上の差金の授受によって決済を行う「帳合米取引」が、世界で最初の公設の商品先物取引と言われる。この伝統から、大阪株式取引所の草創期から帳合米取引をベースにした定期取引(および後の清算取引、現行法でいう先物取引(futures)の方法にあたる)が行われていた(終戦後、証券業界では証券取引法に基づく証券取引所開設の際に証券業界で清算取引の再開を求めていたが、GHQにより清算取引の禁止を求められた経緯もあり個別株式の先物取引の復活は今日に至るまで実現されてない)。又、大証は指数先物・オプション市場において重要な地位にあると言える。具体的には、日経225先物等、大証の株価指数先物の日本における取引シェアは約60%を占め、同オプション取引においてはほぼ100%を占めている。株券オプションにおいても、約85%のシェアを誇っている。又、1743年(寛保3年)には、金相場会所が当地に移転し、1763年(宝暦13年)には、幕府公認となった。さらに、正金銀の取引だけでなく堂島米市場を参考にした帳合取引も盛んであった。また、デリバティブ取引の売買高ランキング(2008年)では大証は世界15位であり、26位の東京金融取引所や33位の東京証券取引所などを抜いて日本では最も上位にあった。しかし、世界的な金融危機の影響で、株式関連のデリバティブ取引が低迷したことを受け、2009年12月30日に公表された「平成21年売買状況(概算)」によると、2009年の取引金額は前年比37.5%減となり、金利・為替を主力とする国内の他取引所と比較して大きな影響を受けた。大阪証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • カカオ

    カカオから見た先物市場商品先物取引

    カカオ豆の価格は、買い上げ制度があるガーナなど一部の国を除き、ロンドン(主にアフリカ産)とニューヨーク(主に中南米産)の商品先物市場による国際相場が握っている。カカオ フレッシュアイペディアより)

104件中 81 - 90件表示

「国際商品取引相場」のニューストピックワード