国際機関・組織 ニュース&Wiki etc.

国際政治学(こくさいせいじがく、international politics)とは、国民国家の概念を超えた国際社会における主権国家の政策決定、安全保障、戦争と平和などの政治を検討する学問。第二次世界大戦後のアメリカ合衆国の影響で広まっていったとされる。国際関係論と同一視する見方もあるが、国際関係論が経済学、社会学、歴史学… (出典:Wikipedia)

「国際機関・組織」Q&A

  • Q&A

    みなさんNHKの悪の実態を知ってますか? 1、法外な職員の給料 約10000人のNH…

    [続きを読む]

    回答数:11質問日時 - 2017年1月9日 05:46

  • Q&A

    次の、アメリカ新大統領に当選したドナルドトランプ氏に対する要望書を誰か私の代わりに英…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2017年1月5日 06:07

  • Q&A

    公安調査庁が沖縄の反基地世論を「中国の分断工作」とするネトウヨ並みデマ報告書! 組織…

    [続きを読む]

    回答数:20質問日時 - 2016年12月24日 11:00

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「国際政治学」のつながり調べ

  • 国際紛争

    国際紛争から見た国際政治学

    国際紛争の類型としては単一の国際紛争もあれば複数の国際紛争が複雑に絡み合う複合的国際紛争の場合もある。いずれも国際紛争は対立点が明白かつ具体的であるのに対して、争点が特定されない国際抗争(または国際対立、international conflict)という事態も発生している。国際紛争が処理(settlement)の対象であるのに対して国際抗争では解決(resolution)の対象となる。国際紛争の処理によって国際抗争が消滅する場合もあればしない場合もある。但し、国際抗争が国際政治学的アプローチであるのに対して国際法学としては国際紛争の処理のみを対象として考察される。(国際紛争 フレッシュアイペディアより)

  • リヴァイアサン (ホッブズ)

    リヴァイアサン (ホッブズ)から見た国際政治学

    ホッブズの国家理論は、トゥキディデスの『戦史』の翻訳や人間の欲望を基礎にしながら合理的な計算を行うことで政治秩序を構築することを論じた『法学要綱』を発表していることから分かるように、現実主義的な考え方を持っていたことが分かる。この議論は後にジョン・ロックが『統治二論』でホッブズとは異なる自然状態論から社会契約の枠組みで国家の規範理論の再検討を行い、またジャン・ジャック・ルソーが『社会契約論』で自由意志を持つ各個人の社会契約に基づいた国家の在り方を論じ、数多くの批判がなされることになる。一方でマイケル・オークショットが本書を人間本性の分析から国家の正当性構築を試みた政治哲学の著作として高く評価している。今日においても本書は国内政治学や国際政治学における国家の人格の統一性や構造の人工性、主権の絶対性を巡る議論を提起している。(リヴァイアサン (ホッブズ) フレッシュアイペディアより)

「国際政治学」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「国際機関・組織」のニューストピックワード