57件中 11 - 20件表示
  • 国際政治学

    国際政治学から見たフレデリック・シューマン

    フレデリック・シューマン、International Politics: An Introduction to the Western State System(『国際政治』)国際政治学 フレッシュアイペディアより)

  • 国際政治学

    国際政治学から見た田中明彦

    ジョセフ・ナイ・デイヴィッド・ウェルチ著、田中明彦・村田晃嗣訳『国際紛争 理論と歴史 原書第9版』(有斐閣、2013年)国際政治学 フレッシュアイペディアより)

  • 国際政治学

    国際政治学から見た中嶋嶺雄

    中嶋嶺雄『国際関係論』(中公新書、1992年)国際政治学 フレッシュアイペディアより)

  • 国際政治学

    国際政治学から見た阿部斉

    阿部齊『政治学入門』(岩波書店、1996年)pp.177-200国際政治学 フレッシュアイペディアより)

  • 国際政治学

    国際政治学から見た川崎修

    遠藤誠治「国境を越える政治の理論」川崎修・杉田敦編『現代政治理論』(有斐閣、2006年)pp.261-289国際政治学 フレッシュアイペディアより)

  • 国際政治学

    国際政治学から見た百瀬宏

    百瀬宏『国際関係学』(東京大学出版会、1993年)pp.73-134国際政治学 フレッシュアイペディアより)

  • 国際政治学

    国際政治学から見た武者小路公秀

    武者小路公秀『転換期の国際政治』(岩波新書、1996年)国際政治学 フレッシュアイペディアより)

  • 国際政治学

    国際政治学から見た第一次世界大戦

    ナポレオン戦争以後の国際政治は、勢力均衡(balance of power)による外交戦略がメインとなった。勢力均衡とは、国家や同盟の力や国益が同等である状態を示し、これによって国際システムの安定を計ろうとする外交の方法である。特にイギリスは対大陸戦略としてこれを重視した。勢力均衡を成り立たせようと各国が努力した結果、およそ1世紀の間、大きな紛争は目立っていなかった。これを壊す契機となったのが、19世紀末から20世紀初頭にかけて台頭した帝国主義とナショナリズムである。このイデオロギーは、国民国家が勢力を膨張する政策に転じ、国際政治の安定性は脆弱になる。そして、勢力均衡が破れた結果、第一次世界大戦が勃発する。国際政治学 フレッシュアイペディアより)

  • 国際政治学

    国際政治学から見たアメリカ合衆国

    国際政治学(こくさいせいじがく、international politics)とは、国民国家の概念を超えた国際社会における主権国家の政策決定、安全保障、戦争と平和などの政治を検討する学問。第二次世界大戦後のアメリカ合衆国の影響で広まっていったとされる。国際関係論と同一視する見方もあるが、国際関係論が経済学、社会学、歴史学、地域研究などの研究成果を踏まえ国際関係全体を学際的に研究する分野であることを考えれば、国際政治学は政治学における一分野として考えるべきであろう(例えば中嶋・後掲書25頁、百瀬・後掲書279頁参照のこと)。国際政治学 フレッシュアイペディアより)

  • 国際政治学

    国際政治学から見た三十年戦争

    国際政治の歴史は、三十年戦争を終結させた1648年のウェストファリア条約に遡る。ユトレヒト条約(1713年)からヴェルサイユ条約(1919年)の諸条約は、「ヨーロッパ公法」として承認されてきた。特にウェストファリア条約の秩序は国際政治の秩序を成立させるに十分な内容を持っていた。このことから、以後の国際体制を「ウェストファリア体制(システム)」と呼ぶ。ウェストファリア体制とは、主権を持った国家(主権国家)が国内の政治に管轄権を有し、国際政治においては政治的主体となるシステムを指す。この成立には条約締結後約1世紀を要したが、体制は近代国際政治の枠組みとなっていく。国際政治学 フレッシュアイペディアより)

57件中 11 - 20件表示

「国際機関・組織」のニューストピックワード