31件中 21 - 30件表示
  • 鈴木善幸内閣

    鈴木善幸内閣から見た国際経済国際経済

    経済企画庁長官、【対外経済担当大臣】鈴木善幸内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 福田赳夫内閣 (改造)

    福田赳夫内閣 (改造)から見た国際経済国際経済

    国務大臣、【対外経済担当】福田赳夫内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

  • 第1次大平内閣

    第1次大平内閣から見た国際経済国際経済

    経済企画庁長官、【対外経済担当】第1次大平内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 戦争

    戦争から見た国際経済国際経済

    まず第一に国際経済が停滞・後退すれば戦争の危機は高まるという考え方である。経済成長が不況や恐慌などによって悪化すれば、その縮小した利益をめぐる利害関係が国内経済、国際経済において悪化し、それが戦争の危機を高めることになると考えられる。また軍事費の拡大によって市場に資本を投入し、経済成長を促すため、軍拡競争が激化することも考えられるからである。戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 羽田孜

    羽田孜から見た国際経済国際経済

    1969年(昭和44年)12月、第32回衆議院議員総選挙に旧長野2区から自民党公認で立候補し、7万3325票を獲得しトップ当選を果たした。自民党の派閥は佐藤栄作→田中角栄派に所属した。羽田は、郵政政務次官を経て農林政務次官となり、農林族としてそのキャリアを歩むこととなる。衆議院農林水産委員長、自民党林政調査会長、総合農政調査会長などを歴任した。農林族としての羽田は、それまでのいわゆる「ベトコン議員」に代表される毎年米価を引き上げて、農村に一方的に利益を傾斜配分するものではなく、国内産業としての農業の位置づけや、国際経済における農業貿易問題を思考するもので、加藤紘一などとともに、「総合農政族」と呼ばれた。1984年(昭和59年)には、自民党を代表し牛肉とオレンジをめぐる日米農産物交渉解決に取り組んだ。翌年の1985年(昭和60年)12月に、牛肉オレンジ交渉の実績が認められて、第2次中曽根再改造内閣で農林水産大臣として初入閣する。ちなみにこの時自治大臣として小沢一郎も初入閣している。農水相としては「タブーへの挑戦」を掲げ、日米間で対立が大きくなってきたコメの自由化問題に対応する。羽田は、外国米に対して価格の高い日本米に国際競争力をつけるため、農産物価格の引き下げを断行しようとした。しかし1986年(昭和61年)の衆参同日選挙後、成立した第3次中曽根内閣で農水相は羽田から安倍派の加藤六月に交代し、農協の反対にもあい米価は据え置かれることとなった(農水相在任中、当時農水官僚だった荒井聰に対し、初当選同期で党派・与野党・保革を超えて個人的な親交があった横路孝弘が道知事時代の北海道庁への出向を命じている)。しかし、農水相を降りた羽田は、翌年の1987年(昭和62年)に、生産米に関しては、生産者価格を引き下げるという政府・自民党合意を取り付け、米価の引き下げを断行するに至る。羽田孜 フレッシュアイペディアより)

  • 谷口誠

    谷口誠から見た国際経済国際経済

    谷口 誠(たにぐち まこと、1930年3月31日 - )は、日本の外交官、経済学者。専門は南北問題・国際経済。国連貿易開発会議議長、日本人としての2人目のユニセフ議長、国連大使、日本人初OECD事務次長、早稲田大学教授等を歴任。2000年勲二等瑞宝章受章。谷口誠 フレッシュアイペディアより)

  • 日本大学経済学部・大学院経済学研究科

    日本大学経済学部・大学院経済学研究科から見た国際経済国際経済

    国際経済プログラム(International Economics Program)日本大学経済学部・大学院経済学研究科 フレッシュアイペディアより)

  • 19世紀

    19世紀から見た国際経済国際経済

    19世紀のイギリスは工業化による生産力の増大により得た、圧倒的な経済力と軍事力で世界の覇権を握った。イギリスは時には武力をも用いて世界各国に自由貿易を認めさせ、イギリスを中心とした国際経済体制に世界を組み込んでいった(パクス・ブリタニカ)。この過程で、大陸国家である清やロシアと海洋国家のイギリスとの間に度重なる衝突が発生し、20世紀における世界大戦の遠因が形成された。19世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市特別顧問

    大阪市特別顧問から見た国際経済国際経済

    大阪市長の平松邦夫が2009年に国際経済の専門家として寺島実郎を招聘したのが先駆けである。当時は「大阪市長特別顧問」と称されることが多かった。2011年に新市長に就任した橋下徹が数ヶ月で20人近い著名人を抜擢したことで本格的に始動し、メディアにも頻繁に露出するようになった。大阪市特別顧問 フレッシュアイペディアより)

  • イデオロギー

    イデオロギーから見た国際経済国際経済

    さらに冷戦終結後、国際経済における資本主義の影響力が完全なものとなったため、意識的に資本主義の根本システムを改変することは事実上不可能なものとなっており、無条件で受け入れざるを得ないものとなっている。全ての経済・社会上の問題は資本主義的全体の一問題とされ、イデオロギーを介在させずに技術的に解決可能とされる。たとえば南北格差問題や紛争問題を経済上の利害に還元し、市場経済の範囲内でさまざまな調整をすることによって解決可能だとする見方である。この立場では資本主義的経済原理をすべての人が受け入れている以上、イデオロギー闘争のような根本的な思想対立はありえないと主張された。イデオロギー フレッシュアイペディアより)

31件中 21 - 30件表示

「国際経済」のニューストピックワード