539件中 41 - 50件表示
  • 地域大国

    地域大国から見た軍事軍事

    地域大国(ちいきたいこく、英:Regional power)とは、ある一定の地域内(西欧、東アジアなど)で政治、軍事、経済で大きな影響力を持つ国。地域大国の周辺国は、地域大国の政治的な影響を受けやすく従属的な立場に立たされることもある。地域大国の動向は周辺国にとって注視すべき重要な問題となる。地域大国よりさらに大きな影響力を持つ国を超大国と呼ぶ。地域大国 フレッシュアイペディアより)

  • 新宿百人町事件

    新宿百人町事件から見た軍事軍事

    さらに日本において巨額の工作資金集金と北朝鮮への送金、日本国内および韓国内の工作員に地下革命組織の建設指示を出す司令塔の役割を果たした。また、韓国や日本の軍事、政界、財界関係者や在日韓国人、韓国人留学生に対する工作員獲得活動をおこなった。新宿百人町事件 フレッシュアイペディアより)

  • 防弾

    防弾から見た軍事軍事

    単純に、硬い材料で厚い壁を作ることでも防弾性は得られ、軍事目的や、犯罪抑止効果を見込む場合は、そのような防弾がなされることもある。しかし、外見では防弾であることがわかってほしくない場合や、軽さややわらかさ、透明性などが要求される場合には、特殊な材料が用いられる。防弾 フレッシュアイペディアより)

  • プリイェドルの虐殺

    プリイェドルの虐殺から見た軍事軍事

    (セルビア語・ボスニア語・クロアチア語:)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中の1992年、セルビア人の政治的および軍事的指導のもとで、主にボシュニャク人の民間人を対象に、ボスニア・ヘルツェゴビナのプリイェドル地域で行われた一連の戦争犯罪である。スレブレニツァの虐殺に次いで、その規模はボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で行われた虐殺の中で2番目に大きなものである。サラエヴォに拠点を置く「サラエヴォ研究・文献情報活動センター」によると、プリイェドル出身の5,200人のボシュニャク人およびクロアチア人がこの間に死亡するか行方不明となり、その周辺地域も合わせればその数はおよそ14,000人に達する。プリイェドルの虐殺 フレッシュアイペディアより)

  • 松永英明

    松永英明から見た軍事軍事

    オウム真理教を脱会した1996年以降、河上イチローのペンネームで、自前コンテンツと電子掲示板から構成される破防法問題、盗聴法案、軍事・諜報関連やネットの規制問題やマスメディア批判をはじめとして幅広いジャンルの話題を扱ったサイト『Der Angriff』(デア・アングリフにちなむ)を開設した。Nシステムについてのウェブページが朝日新聞の社会面で取り上げられ、「紀宮清子内親王殿下の御座所」のページが週刊誌等で報道されるほどの知名度を元にして、当時の個人サイトを中心としたネット文化の魅力を紹介する書籍を著した。松永英明 フレッシュアイペディアより)

  • 剣の刃

    剣の刃から見た軍事軍事

    『剣の刃』(つるぎのやいば、Le Fil de l'Epee)は、1932年にフランスのシャルル・ド・ゴールが著した軍事理論書。ただし、具体的な理論が述べられているのではなく、彼が理想とする軍人像、および軍隊と国家との関わりなどが抽象的に論じられている。剣の刃 フレッシュアイペディアより)

  • ワールド・モニュメント財団

    ワールド・モニュメント財団から見た軍事軍事

    「モニュメント」は考古学的遺産、住居・公共・商業・軍事・宗教建築、文化的眺望、街並みなどであってよい。ワールド・モニュメント財団 フレッシュアイペディアより)

  • 七北田丘陵

    七北田丘陵から見た軍事軍事

    北山丘陵および台原段丘は仙台城下町の北端を成し、城下町がある広瀬川の河岸段丘より一段高い。丘陵・段丘上には、大崎八幡宮・北山五山・青葉神社・仙台東照宮など、主に寺社が並んでいる。仙台城下町は軍事的な理由で周囲を丘陵地に囲まれる地を選んで建設されたため、西から南側の青葉山丘陵や東側の榴ヶ岡なども、北山丘陵および台原段丘と同様に寺社地となっている。七北田丘陵 フレッシュアイペディアより)

  • 軍事地理学

    軍事地理学から見た軍事軍事

    軍事と地理の関係について、戦争の指導者や指揮官は古来より作戦の実行のために、戦場の地理的環境を理解する必要に迫られてきた。近世のナポレオン戦争においてはナポレオンが、近代の第二次世界大戦においてはヒトラーがロシア遠征を指導する際に大陸性の寒帯気候という問題に直面した事例がある。またアントワーヌ・アンリ・ジョミニは軍事地理学の重要性について次のように述べている。「もし将軍が戦争の偉大な局面において成功者でいることを願うならば、彼の最初の義務とは敵味方双方にとって相対的な優位と劣位について作戦が行われる地域を慎重に研究することである」戦争、戦闘、局地的な交戦などのあらゆる軍事行動について地理的要因が及ぼす影響を明らかにすることが一般的な課題であり、軍事地理学はこのような軍事的要求に応答する応用的な地理学の研究である。例えば、攻勢作戦を実行する上で予想されうる敵の防衛線の位置となる地形、航空攻撃を受けた場合に想定される軍事施設の被害、着上陸作戦を実行するために使用する海上交通路、基地間における交通路が持つ輸送力、心理作戦のための住民の価値観や文化的な背景、また軍事基地の配置と運用などが具体的な研究主題として挙げられる。軍事地理学 フレッシュアイペディアより)

  • 文化帝国主義

    文化帝国主義から見た軍事軍事

    文化帝国主義(ぶんかていこくしゅぎ、英:Cultural imperialism)とは、ある国の文化または言語を別の国に植えつけ、発達させ、他文化、言語との差別化を図るなどの政策方針、あるいはその行為そのものを指す。通常、文化を植え付けるのは経済的にまたは軍事的に強大な国(列強)で、後者は小国、あまり力を持たない国(開発途上国)である。文化帝国主義は、有効でかつ正式な政策、または一般的な態度としての形態をとることができる。この用語は、通常、非難的な意味合いで用いられ、外国の影響を拒絶する際に使われることが多い。文化帝国主義 フレッシュアイペディアより)

539件中 41 - 50件表示

「国際軍事・兵器」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画