539件中 61 - 70件表示
  • 平和教育

    平和教育から見た軍事軍事

    平和ボランティア活動に参加する人に対しては、「調査書に好ましい記載を増やすためのポーズ」になっているなどの中傷が聞かれる。一方、平和学習に没頭する学習者の中には、「クラスター爆弾は地雷である」(地雷としての効果は狙っていない)など軍事知識が不足気味の人も見られる。結果、米軍や自衛隊に対する差別意識を植え付けている、とみなされる例が生じ、保護者とのトラブルに発展した例がある(足立十六中事件参照)。平和教育 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙基本法

    宇宙基本法から見た軍事軍事

    また、情報収集衛星の打ち上げ運用の開始などの情勢の変化を受け、それまでに1969年国会決議により、軍事以外の目的(「平和の目的」)に限定されていた宇宙開発・利用の制限を明示に緩和し、防衛目的であって侵略目的ではないなどの一定の場合には問題ないことを明確にすることも目的のひとつである(もっとも、武力や軍隊の保持を他国侵略のためと公言する国など存在しない)。宇宙基本法 フレッシュアイペディアより)

  • 軍事情報包括保護協定

    軍事情報包括保護協定から見た軍事軍事

    軍事情報に関する包括的保全協定(ぐんじじょうほうにかんするほうかつてきほぜんきょうてい、英語:Generel Security of Military Information Agreement、GSOMIA)は、同盟関係にある2国間で秘密軍事情報を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐために結ぶ協定。アメリカ合衆国は、約60カ国とこの協定をそれぞれ締結している。軍事情報包括保護協定 フレッシュアイペディアより)

  • 弾道学

    弾道学から見た軍事軍事

    元々は兵器の有効性を高めるための軍事研究の1つではあったが、宇宙開発では弾道学で培われた知識が必須のものとなり、弾道学は軍事だけに留まらない科学研究分野の1つとなっている。弾道学 フレッシュアイペディアより)

  • 提刑按察使司按察使

    提刑按察使司按察使から見た軍事軍事

    按察使の名は、唐朝の時に既に見え、睿宗の時に巡察使を按察使と名を改めている。下って北宋仁宗の時には転運使を按察使と改名している。按察使が司法的な官となったのは遼聖宗の治世以降のことである。廉訪という名は尊称であるが、これは元世祖の時按察使が廉訪司と改称されたことに由来する。元代、地方行政は行中書省が強力な権限を有していたが、次いで起こった明朝ではその権限を軍事・財政・司法の3つに分割し、そのうち監察・司法を専門に担う官として按察使を設置した。明の後、中国を支配した清朝は基本的に明の制度を踏襲している。提刑按察使司按察使 フレッシュアイペディアより)

  • アンドロメダ病原体

    アンドロメダ病原体から見た軍事軍事

    小説全体が「科学的な危機を正確かつ客観的に記録した報告書」という体裁で成り立っており、学術的あるいは理論的な世界観、国家的危機の際に発動される政治・軍事プログラムの厳格性を全面に出し、架空の科学理論(宇宙線の影響下での、成層圏での、驚異的な生命進化など)/写真/図(電算機出力のダイアグラムや軍事通信フォーマット)などの具体的資料を用いている。アンドロメダ病原体 フレッシュアイペディアより)

  • フェルナン・メンデス・ピント

    フェルナン・メンデス・ピントから見た軍事軍事

    この鉄砲伝来は当時内戦状態(戦国時代)にあった日本において急速に普及し、日本の軍事に大きな影響を与えた。ピントはこの後、中国のリャンポー(寧波)に到着したが、その地で、ポルトガル人貿易商達に日本の話をすると、商人達は日本との貿易に関心を持ち、ピントはこの商人達と日本へ向かうこととなった。しかし、ピント達はその航海で難破し、レキオ・グランデすなわち大琉球(現・沖縄島)にたどり着いたが、持っていた交易品によって海賊と思われ、処刑されそうになるが、ある身分の高い女性の取りなしで釈放された。フェルナン・メンデス・ピント フレッシュアイペディアより)

  • 帷幄上奏

    帷幄上奏から見た軍事軍事

    帷幄上奏(いあくじょうそう)とは、君主制国家において、帷幄機関である軍部が軍事に関する事項を君主に対して上奏すること。帷幄とは「帷をめぐらせた場所」のことで、転じて君主(天皇、皇帝)を指す言葉。帷幄上奏 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・リアルマッコイズ

    ザ・リアルマッコイズから見たミリタリー軍事

    ザ・リアルマッコイズ (The Real McCoy's) は、株式会社ザ・リアルマッコイズ・インターナショナルが展開する、主にミリタリーやアメリカンカジュアル、モーターサイクルウェアを取り扱うファッションブランドである。フライトジャケットを忠実に復刻するブランドとして有名である。現在では、ミリタリーラインの「リアルマッコイ (Real McCoy)」、ワークラインの「ジョーマッコイ (Joe McCoy)」、ライダースラインの「ブコ (Buco)」の3ブランドから展開されている。ちなみに「the real McCoy」という英語は口語訳で「正真正銘の本物」という意味。旧リアルマッコイズ創始者の一人である岡本博は旧リアルマッコイズから独立し、現在トイズマッコイ (Toys McCoy) という別ブランドを展開している。ザ・リアルマッコイズ フレッシュアイペディアより)

  • 軍事用ロボット

    軍事用ロボットから見た軍事軍事

    軍事用ロボット(ぐんじようロボット)とは、軍事的な活動に利用される機械(ロボット)である。軍用ロボット(ぐんようロボット)、軍事ロボット(ぐんじロボット)ともいう。軍事用ロボット フレッシュアイペディアより)

539件中 61 - 70件表示

「国際軍事・兵器」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画