前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
413件中 1 - 10件表示
  • 国際大学

    国際大学から見た国際通貨基金国際通貨基金

     国際関係学研究科は、世界の名門校の集まりである国際関係学専門大学院連合(APSIA)に準加盟している数少ない日本の大学院である。また、東京大学、一橋大学、政策研究大学院大学(GRIPS)とともに、国際通貨基金(IMF)奨学金プログラムに基づく、アジア各国の財務省・中央銀行職員の学生受け入れ指定校にもなっている。国際大学 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の経済

    2010年の経済から見た国際通貨基金国際通貨基金

    2日(現地時間) - EUとIMFが経済危機に陥っているギリシャに対し3年間で最大1100億ユーロの融資を融資をする事で合意。2010年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の経済

    2008年の経済から見た国際通貨基金国際通貨基金

    国際通貨基金、金融危機のアイスランド向けに最大21億ドルの緊急融資を行うことで同国政府と暫定合意。2008年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 役員 (会社)

    役員 (会社)から見た国際通貨基金国際通貨基金

    ガバナー()。和訳は総裁。イングランド銀行やハドソン湾会社のような勅許会社・特殊会社・特殊法人等における代表者である。国際通貨基金などの国際機関の場合は総務と和訳される加盟各国の代表者であり総務会の構成員である。役員 (会社) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の経済

    2012年の経済から見た国際通貨基金国際通貨基金

    国際通貨基金は最大5000億ドルの資金増強を目指すと発表した。2012年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アジア通貨危機

    アジア通貨危機から見た国際通貨基金国際通貨基金

    1990年代のタイ経済はそれまで年間平均経済成長率9%を記録していたが、1996年に入るとその成長も伸び悩みを見せ始めていた。この年、タイは初めて貿易収支が赤字に転じた。1997年5月14日、15日にヘッジファンドがバーツ(以下?)を売り浴びせる動きが出た。これに対して、タイ中央銀行は通貨引き下げを阻止するため外貨準備を切り崩して買い支え、バーツのオーバーナイト借入れレートを25% - 3000%に高めるなどの非常手段を用いて対抗した。同年6月30日には、当時の首相、チャワリット・ヨンチャイユットが通貨切り下げをしない(ヘッジファンドの攻撃に対する勝利宣言)をしたものの、再びヘッジファンドによる空売り攻勢が始まり、同年7月2日にバーツとドルのペッグ制は終わりを告げ変動相場制に移行した。それまでの24.5?/$だった為替レートが一気に29?/$台にまで下がった。このため国際通貨基金 (IMF) などは同年8月11日、20日の2回に分けて172億ドルの救済を行った。1998年一月には、最低の56?/$台を記録する。タイ中央銀行が必死に自国通貨を買い支えるべく奮闘しながら果たせなかった様を指して「血塗れのバーツ」とも呼ばれる。アジア通貨危機 フレッシュアイペディアより)

  • 篠原尚之

    篠原尚之から見た国際通貨基金国際通貨基金

    篠原 尚之(しのはら なおゆき、1953年(昭和28年)2月8日 - )は、日本の元財務官僚。国際通貨基金副専務理事。篠原尚之 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生内閣

    麻生内閣から見た国際通貨基金国際通貨基金

    このほかにも、金融機能強化法改正、国民年金法改正、労働者派遣法改正、外貨準備高からIMFへ10億円の貸出など行った。 また、「当面は景気対策、中期的に財政再建、中長期的には改革による経済成長」と述べ、社会保障と税財政に関する「中期プログラム」と景気回復後に遅滞なくかつ段階的に消費税を含む税制抜本改革を行うとした税制改正に意欲を示した。麻生内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 国の国内総生産順リスト (一人当り購買力平価)

    国の国内総生産順リスト (一人当り購買力平価)から見た国際通貨基金国際通貨基金

    国の国内総生産順リスト (一人当り購買力平価)は、世界各国・各地域における各年の平均人口または年央における人口により除して割り出された、1人あたりの生産最終財やサービスの価値を、購買力平価(PPP)を用いて計算し表したもの。リストは国際通貨基金IMF)、世界銀行(World Bank)及びアメリカ中央情報局(CIA)によるもの。国の国内総生産順リスト (一人当り購買力平価) フレッシュアイペディアより)

  • 世界金融危機 (2007年-)

    世界金融危機 (2007年-)から見た国際通貨基金国際通貨基金

    ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマンは2009年1月に、生産、金融、消費の世界的な縮小状況について「これは実に第二次世界恐慌(Second Great Depression)の始まりのように思われる」と評した。また、国際通貨基金(IMF)のドミニク・ストロス・カーン専務理事(当時)は2009年2月に非公式のコメントとして「(日本を含む先進各国は)既に恐慌の状態にある」と述べた。世界金融危機 (2007年-) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
413件中 1 - 10件表示

「国際通貨基金」のニューストピックワード