578件中 11 - 20件表示
  • 池田勇人内閣の政策

    池田勇人内閣の政策から見た国際通貨基金国際通貨基金

    またそれまでIMFで経済力に不安のある「14条国」として扱われていた日本はこの年、先進国と同等のIMFの区分で「8条国」(国際収支上の理由で為替制限ができない国)へ移行、"世界の奇跡"と称された高度経済成長を実現させた。池田勇人内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た国際通貨基金国際通貨基金

    IMFの統計によると、2013年のアルゼンチンのGDPは約6,103億ドルである。世界21位であり、南米ではブラジルに次ぐ2位である。一人当たりのGDPは14,709ドルで、こちらはウルグアイ、チリに次いで南米3位である。 アルゼンチンはメルコスール、南米共同体の加盟国である。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見た国際通貨基金国際通貨基金

    IMFの統計によると、2016年のGDPは665億ドル、一人当たりのGDPでは2,122ドルであり世界平均の20%に満たない水準である。2011年にアジア開発銀行が公表した資料によると、1日2ドル未満で暮らす貧困層は1248万人と推定されており、国民の40%以上を占めている。近年は豊富な天然ガス関連の投資を多く受け入れており、比較的好調な経済成長を遂げている。通貨はスム。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • 世界金融危機 (2007年-)

    世界金融危機 (2007年-)から見た国際通貨基金国際通貨基金

    ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマンは2009年1月に、生産、金融、消費の世界的な縮小状況について「これは実に第二次世界恐慌(Second Great Depression)の始まりのように思われる」と評した。また、国際通貨基金(IMF)のドミニク・ストロス=カーン専務理事(当時)は2009年2月に非公式のコメントとして「(日本を含む先進各国は)既に恐慌の状態にある」と述べた。世界金融危機 (2007年-) フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見た国際通貨基金国際通貨基金

    IMFの調査によると、2013年のGDPは2兆2,460億ドルであり、世界7位、南米では首位である。一方、一人当たりの名目GDPは11,173ドルであり、先進国と比較すると依然低い水準である。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ギリシャの経済

    ギリシャの経済から見た国際通貨基金国際通貨基金

    ギリシャは、先進的であると分類されており 高所得な経済、経済協力開発機構 (OECD)と黒海経済協力機構(BSEC)の創設メンバー国であった。同国は1981年に現・欧州連合に参加した。 2001年に、ギリシャはドラクマの代わりにユーロを、1ユーロあたり340.75ドラクマの為替レートで通貨として採用した。ギリシャは国際通貨基金(IMF)と世界貿易機関の一員であり、アーンスト・アンド・ヤングのグローバル指数 2011年において第34位に位置付けた。ギリシャの経済 フレッシュアイペディアより)

  • アベノミクス

    アベノミクスから見た国際通貨基金国際通貨基金

    同年1月28日の臨時閣議後の記者会見で、甘利明経済財政・再生相は、円安誘導との批判がある安倍政権の経済政策について「(ダボス会議で)説明後に、この政策に対して危惧を持っているという発言は無かった」と述べ、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)ではおおむね理解を得られたとの認識を示した。甘利経済財政・再生相はIMF、OECDなど国際機関の責任者や民間の識者から日本の政策を支持する声が「相次いだ」と説明している。また、円安誘導との批判については「ごく一部の国からだ」と指摘し、ドイツや韓国、中国を挙げた。アベノミクス フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国

    中華人民共和国から見た国際通貨基金国際通貨基金

    中国は、繁栄及び衰退の繰り返しだと考えられる過去2000年間の大部分で世界最大かつ最も複雑な経済を有した。1978年における改革開放の導入以来、外資流入の勢いが増してゆき、産業構造が政策から転換して、中国は世界で最も成長率が高い主要経済大国の1つになった()。2016年時点で、同国は名目GDP及び貿易輸入額のいずれにおいても世界第2位であり(2014年には国際通貨基金・世界銀行・CIAワールドファクトブックによると購買力平価は世界最大のGDPとなった)、購買力平価GDPと貿易輸出額は世界一位である。同国は核保有国に認められ、世界第2位の防衛予算で世界最大の常備軍を有する。中華人民共和国は1971年以来国際連合加盟国であり、中華民国の後任として安全保障理事会常任理事国である。中国は多数の公式及び非公式の多国間機構加盟国であり、WTO、APEC、BRICs、上海協力機構、BCIM、G20がこれに該当する。中国はアジアの地域大国であり、多数の解説者により潜在的な超大国として特徴付けられてきた。なお2017年7月現在、中華人民共和国の世界遺産はイタリアについで52件ある。国内には文化遺産が22件、自然遺産が4件、複合遺産が4件存在する。中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 外交官

    外交官から見た国際通貨基金国際通貨基金

    明治39年(1906年)生。昭和5年(1930年)大蔵省入省。終戦連絡部長(後の渉外部長)。昭和24年(1949年)初代の財務官。昭和27年(1952年)駐米公使。昭和31年(1956年)国際通貨基金兼世界銀行理事として外資の借入れ交渉や対日融資の増加に尽力。昭和41年(1966年)から昭和47年(1972年)まで初代のアジア開発銀行総裁。外交官 フレッシュアイペディアより)

  • ブレトン・ウッズ

    ブレトン・ウッズから見た国際通貨基金国際通貨基金

    しかし、ブレトン・ウッズの名を世界に知らしめているのはやはりこの地で締結されたブレトン・ウッズ協定である。1944年に開かれた国際通貨金融会議によって国際通貨基金(IMF)と国際復興開発銀行(IBRD)が設立され、これらの組織と米ドル中心の固定為替相場制を軸とした、いわゆる「ブレトン・ウッズ体制」が生まれた。このブレトン・ウッズ体制は、1971年のニクソン・ショックで崩壊するまで、四半世紀に亘って第二次世界大戦後の世界経済を支えた。ブレトン・ウッズ フレッシュアイペディアより)

578件中 11 - 20件表示

「国際通貨基金」のニューストピックワード