413件中 21 - 30件表示
  • 第3回20か国・地域首脳会合

    第3回20か国・地域首脳会合から見た国際通貨基金国際通貨基金

    協議された議題の中には国際通貨基金(IMF)の抜本改革に関する提言があった。さらにフランスのニコラ・サルコジ大統領は、実施済みの対策に関する評価を行うことを提案した。第3回20か国・地域首脳会合 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイコブ・フレンケル

    ジェイコブ・フレンケルから見た国際通貨基金国際通貨基金

    ジェイコブ・フレンケル(Jacob Aharon Frenkel、1943年-)は、イギリス委任統治領パレスチナ(現在のイスラエル)に生まれ、シカゴ大学で勉強し教えたあと、IMF、イスラエル銀行、民間金融機関などで活躍しているイスラエルの経済学者、事業家である。現在、JPMorgan Chase Internationalの会長である。(J.A.フレンケルをJ.A.フランケルと間違えないように注意。)ジェイコブ・フレンケル フレッシュアイペディアより)

  • ブレトン・ウッズ

    ブレトン・ウッズから見た国際通貨基金国際通貨基金

    しかし、ブレトン・ウッズの名を世界に知らしめているのはやはりこの地で締結されたブレトン・ウッズ協定である。1944年に開かれた国際通貨金融会議によって国際通貨基金(IMF)と国際復興開発銀行(IBRD)が設立され、これらの組織と米ドル中心の固定為替相場制を軸とした、いわゆる「ブレトン・ウッズ体制」が生まれた。このブレトン・ウッズ体制は、1971年のニクソン・ショックで崩壊するまで、四半世紀に亘って第二次世界大戦後の世界経済を支えた。ブレトン・ウッズ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコの歴史

    メキシコの歴史から見た国際通貨基金国際通貨基金

    1976年に就任したロペス・ポルティージョ大統領は、前政権以来の経済危機を克服するために国際通貨基金(IMF)の勧告を受け入れ、労働者の賃金抑制や緊縮政策を採り、さらには石油ブームの助けもあって一時的に経済危機を回避した。内政面では政治改革を行い、国会の議席定数を増やしたほか、比例代表制の導入、極左・極右政党の認可を行い、反政府派の不満の解消をはかった。外交面ではエチェベリーア以来の第三世界外交を継続し、第一次ニカラグア内戦に際してはソモサ王朝と戦うサンディニスタ民族解放戦線(FSLN)への全面的な支持を表明した。しかし、石油に依存した経済の脆弱さは隠し難く、1982年には876億ドルを超える累積債務問題が表面化し、メキシコの国民経済は危機に直面した。メキシコの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の経済

    2009年の経済から見た国際通貨基金国際通貨基金

    4月1日-2日 - 第2回20か国・地域首脳会合(G20首脳会合、金融サミット)、ロンドンで開催。2010年末までの総額5兆ドルの財政刺激策により、世界の成長率を4%押し上げ、大規模な雇用を創出するとする共同声明を採択。また、新興国や発展途上国を支援するため、国際通貨基金(IMF)の融資枠をこれまでの3倍の7,500億ドルに拡充することなどで、合意をみた。一方、財政出動を主張するアメリカと金融規制強化を求めるフランスやドイツとの対立や、先進国と新興国の対立、ドル基軸通貨体制に対して中国やロシアが異論を唱える場面も見られた 。2009年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ムッサ

    マイケル・ムッサから見た国際通貨基金国際通貨基金

    マイケル・ムッサ(Michael Louis Mussa、1944年4月15日 - 2012年1月15日)は、ロサンゼルスで生まれたアメリカの経済学者である。シカゴ大学で学んだ後、同校を中心に教えたあと、IMFで活躍した。専門は国際経済学、国際金融論である。マイケル・ムッサ フレッシュアイペディアより)

  • アン・クルーガー

    アン・クルーガーから見た国際通貨基金国際通貨基金

    アン・クルーガー(Anne Osborn Krueger、1934年2月12日 - )は、ニューヨーク州エンディコット生まれのアメリカ合衆国の経済学者である。ジョンズホプキンス大学教授であり、国際経済学、国際金融を専攻している。2001年〜2006年IMFの筆頭副専務理事、2006年〜2007年IMF専務理事の特別アドバイザーを務めた。アン・クルーガー フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・パッソス・コエーリョ

    ペドロ・パッソス・コエーリョから見た国際通貨基金国際通貨基金

    パッソス・コエーリョの政策綱領はソブリン・デフォルト(国家債務不履行)危機に対する欧州連合 (EU) / 国際通貨基金 (IMF) の救済策の実行など、社民党史上もっともリベラルなものであった。この救済策には広範にわたる増税や効率化に向けた改革、公共部門への支出の合理化などが含まれる。またポルトガル国営放送の少なくとも一チャンネル、カイシャ・ジェラル・デ・デポシトスの保険業務、一部の国民保健サービスの民営化が求められた。CDS-PPのパウロ・ポルタス代表は、パッソス・コエーリョの提案に一部不賛成を表明した。信条は保守的で、妊娠中絶(緊急時を除く)や安楽死、同姓婚に反対する一方、同性愛の市民団体を支援している。前政権が制定した、国内における10週以内の妊娠中絶と同姓婚を認める法律を廃止するかは定かでない。選挙期間中は2007年に可決された、10週以内であればいかなる中絶も認める現行の妊娠中絶法を容認する姿勢を見せた。これはポルトガル憲法裁で、判事13名中6名から違憲とされている。パッソス・コエーリョはこのほか、前政権が創設した教育を受けていない大人のための教育資格プログラム Novas Oportunidades を詐欺だと糾弾している。ペドロ・パッソス・コエーリョ フレッシュアイペディアより)

  • オリヴィエ・ブランチャード

    オリヴィエ・ブランチャードから見た国際通貨基金国際通貨基金

    オリヴィエ・ブランチャード(Olivier Jean Blanchard、1948年12月27日―)は、フランスのAmiensで生まれたアメリカの経済学者。フランス国籍でアメリカの永住権をもつ。マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授だが、現在はIMFのチーフエコノミストとして活躍している。専門はマクロ経済学である。日本での名前の呼び方には、他にオリビエ・ブランチャード、オリヴィエ・ブランシャール、オリビエ・ブランシャールなど多様なものがある。オリヴィエ・ブランチャード フレッシュアイペディアより)

  • クリスティーヌ・ラガルド

    クリスティーヌ・ラガルドから見た国際通貨基金国際通貨基金

    クリスティーヌ・ラガルド(Christine Lagarde、出生名Christine Madeleine Odette Lallouette、1956年1月1日 - )は、フランスの政治家、弁護士。現在、国際通貨基金(IMF)専務理事。国民運動連合所属。パリ9区出身。クリスティーヌ・ラガルド フレッシュアイペディアより)

413件中 21 - 30件表示

「国際通貨基金」のニューストピックワード

  • 平成27年 人口動態統計に次いで2番目に多い数字となっている。

  • 熱い冬を過ごしましょう

  • 第95回全国高校サッカー選手権大会