578件中 41 - 50件表示
  • 日本の消費税議論

    日本の消費税議論から見た国際通貨基金国際通貨基金

    国際通貨基金(IMF)は「効率性を阻害し、事務コスト・行政管理コストを増大させ、恒久的な歳入損失をもたらす」と指摘し、低所得者対策は「低所得者層に対象を絞った補助金で対処されるべき」としている。日本の消費税議論 フレッシュアイペディアより)

  • ニクソン・ショック

    ニクソン・ショックから見た国際通貨基金国際通貨基金

    ショックと呼ぶのは、それまで金と交換できる唯一の通貨がドルであり、それ故にドルが基軸通貨としてIMF(国際通貨基金)を支えてきたのがブレトン・ウッズ体制であったが、ドルの金交換に応じられないほど米国の金保有量が減ったことにより、戦後の金とドルを中心とした通貨体制を維持することが困難になったこと、そしてこの兌換一時停止は諸外国にも事前に知らされておらず、突然の発表で極めて大きな驚きとともに、その後世界経済に大きな影響を与えたことによる。ニクソン・ショック フレッシュアイペディアより)

  • 柏木茂雄

    柏木茂雄から見た国際通貨基金国際通貨基金

    柏木 茂雄(かしわぎ しげお、1950年(昭和25年)7月20日 - )は、大蔵官僚。元・国際通貨基金(IMF)理事、財務省財務総合政策研究所特別研究官、慶應義塾大学大学院商学研究科教授。柏木茂雄 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の財政問題

    日本の財政問題から見た国際通貨基金国際通貨基金

    エコノミストの熊谷亮丸の話によれば、「国際通貨基金 (IMF) の予測では、10年以内に国債発行残高が金融資産残高を超えると見られている。金融資産は多くても債務とのバランスで見ると、完全な債務超過状態である」と述べている。日本の財政問題 フレッシュアイペディアより)

  • グローバル資本主義

    グローバル資本主義から見た国際通貨基金国際通貨基金

    オフショア市場へ流れる国際金融資本を自国へ取り戻すため、各国は税制その他の優遇措置をとりはじめるが、結果として国際金融資本(オフショア資本)の移動の自由度および匿名性をさらに高めることとなった。1980年代には、マーガレット・サッチャーとロナルド・レーガンの「小さな政府」政策により、経済への規制緩和が進められ、1983年以降、度重なる危機はあったものの、グローバル経済は長期にわたり事実上切れ目のない拡大を続け、真にグローバルと呼べるまでに成長した。本格化したグローバル資本主義は1987年のブラックマンデーをものともせずに成長した。そして米ソ冷戦終結後、特にソ連が崩壊した1991年以後に、一強と化したアメリカ合衆国流の市場原理主義・新自由主義が、世界各国へ導入された。それは、投資家の利益を図るため世界の市場経済の一極化と単一化を計り、国際通貨基金 (IMF) などの国際機関が関わって推し進められた。グローバル資本主義 フレッシュアイペディアより)

  • ドミニク・ストロス=カーン

    ドミニク・ストロス=カーンから見た国際通貨基金国際通貨基金

    ドミニク・ストロス=カーン(ストロス・カーン、ストロスカーン、Dominique Strauss-Kahn、1949年4月25日 - )は、フランスの経済学者、法律家、政治家。フランス社会党所属。しばしば頭文字をとって、DSKと呼ばれる。IMF専務理事を務めた(2007年11月1日?2011年5月18日)。ドミニク・ストロス=カーン フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の経済

    2009年の経済から見た国際通貨基金国際通貨基金

    4月1日-2日 - 第2回20か国・地域首脳会合(G20首脳会合、金融サミット)、ロンドンで開催。2010年末までの総額5兆ドルの財政刺激策により、世界の成長率を4%押し上げ、大規模な雇用を創出するとする共同声明を採択。また、新興国や発展途上国を支援するため、国際通貨基金(IMF)の融資枠をこれまでの3倍の7,500億ドルに拡充することなどで、合意をみた。一方、財政出動を主張するアメリカと金融規制強化を求めるフランスやドイツとの対立や、先進国と新興国の対立、ドル基軸通貨体制に対して中国やロシアが異論を唱える場面も見られた 。2009年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の貿易史

    日本の貿易史から見た国際通貨基金国際通貨基金

    第二次世界大戦の原因となった保護貿易に対する反省から、自由貿易を推進するための国際組織が求められるようになる。連合国通貨金融会議のブレトン・ウッズ協定によって国際通貨基金(IMF)が創設され、加盟国は自国の通貨をドルに対して平価を設定することになった。日本がIMFに加盟した際には、1ドル=360円のIMF平価が設定されて、上下1%の枠内で安定化させる義務を負った。この平価は、リチャード・ニクソン政権によるドルの金兌換停止(ニクソン・ショック)まで続く。日本の貿易史 フレッシュアイペディアより)

  • アン・クルーガー

    アン・クルーガーから見た国際通貨基金国際通貨基金

    アン・クルーガー(Anne Osborn Krueger、1934年2月12日 - )は、ニューヨーク州エンディコット生まれのアメリカ合衆国の経済学者である。ジョンズホプキンス大学教授であり、国際経済学、国際金融を専攻している。2001年〜2006年IMFの筆頭副専務理事、2006年〜2007年IMF専務理事の特別アドバイザーを務めた。アン・クルーガー フレッシュアイペディアより)

  • メキシコの歴史

    メキシコの歴史から見た国際通貨基金国際通貨基金

    1976年に成立したロペス・ポルティージョ政権は、前政権以来の経済危機を克服するために国際通貨基金(IMF)の勧告を受け入れ、労働者の賃金抑制や緊縮政策を採り、さらには石油ブームの助けもあって一時的に経済危機を回避した。内政面では政治改革を行い、国会の議席定数を増やしたほか、比例代表制の導入、極左・極右政党の認可を行い、反政府派の不満の解消をはかった。外交面ではエチェベリーア以来の第三世界外交を継続し、第一次ニカラグア内戦に際してはソモサ王朝と戦うサンディニスタ民族解放戦線(FSLN)への全面的な支持を表明した。しかし、石油に依存した経済の脆弱さは隠し難く、1982年には876億ドルを超える累積債務問題が表面化し、メキシコの国民経済は危機に直面した。メキシコの歴史 フレッシュアイペディアより)

578件中 41 - 50件表示

「国際通貨基金」のニューストピックワード