578件中 71 - 80件表示
  • 中川昭一

    中川昭一から見た国際通貨基金国際通貨基金

    財務大臣就任後間もない2008年(平成20年)10月、先進7ヶ国財務相・中央銀行総裁会議に出席した中川は、国際通貨基金(IMF)に新興・中小国向けの新たな緊急融資制度を設けることを提案、各国から高い評価を受けた。この「中川構想」には、ブラジルを始めとする中南米諸国が、これを歓迎することを公式に表明、その後実際にウクライナ、ベラルーシ、パキスタンが、「中川構想」に基づく緊急融資を受けることで救済された。中川昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見た国際通貨基金国際通貨基金

    2000年代に入り、公的資金を注入したことによって金融機関の不良債権処理が進み、民間企業の過剰な設備・雇用・負債が解消された。中国の経済発展により貿易相手国の第一位はアメリカから中国に代わった。中国をはじめとするBRICs諸国や、ASEAN諸国の経済発展に伴って伸びた外需に牽引されて、日本はデフレ脱却、景気の回復を果たし、大企業の業績は大幅に伸びた。しかし労働者にはこの好景気の分配はなく、労働者の給与は減少傾向をたどった。旧来の労使関係は見直され、終身雇用制度は崩壊し、契約社員や派遣社員が増えて労働市場の流動化が進んだ。労働環境の悪化と雇用不安のため出生率は落ち込み、少子化と高齢化により2005年から日本は人口減少を始めた。国内需要を見限った企業は海外市場に活路を求め、製造業は外需偏重となり、海外市場の動向に日本の景気が顕著に左右されるようになった。2007年夏頃よりアメリカ合衆国のサブプライムローンに端を発した世界金融危機により、戦後最長といわれた「いざなみ景気」(第14循環)は終焉を迎えた。日本経済は再び不景気の時代に突入し、またそれまでのいざなみ景気も好景気の実感が乏しいものだったため、いざなみ景気の期間も含めたバブル崩壊以降の20年間を「失われた20年」とする見方も出始めた。さらに、外需依存という日本経済の体質的な問題、産業の海外移転、少子高齢化などから内需縮小の傾向は今後も変わらず、中進国レベルに賃金が下落するまで衰退を続けるといった悲観論も続出している。ちなみに、2016年現在日本の一人あたりGDPは為替レートでの順位にして24位であり(国際通貨基金調べ)、上位を独占する欧州やアメリカ合衆国と比較しても、「先進国」としてはかなりの凋落が見られ、激しい貧富の差がかねてからの社会問題として認識されている中東のイスラエルよりも数値上ではGDPは低い。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 2002 FIFAワールドカップ

    2002 FIFAワールドカップから見た国際通貨基金国際通貨基金

    その後、1997年後半に韓国はアジア通貨危機に巻き込まれてデフォルト寸前の不況に陥り、国際通貨基金(IMF)の管理下に入った。IMF経由の日本を中心とした金融支援やIMFによる米国式経済の導入によって大量の失業者を生みながらも経済はV字回復した為に最後まで日本単独開催には至らなかった。しかし、経済回復は対米輸出に頼った状態であった為に2001年のアメリカ同時多発テロ事件で韓国経済がまたも失速し、試合会場となるスタジアム建設が滞る事態となった。そこで、国際協力銀行(旧日本輸出入銀行)がスタジアム建設費として2億ドルの融資を計画したが、韓国政府が断り、中止になった。結局、韓国でのスタジアム建設は続けられて日韓共催はようやく実現した。2002 FIFAワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • 篠原尚之

    篠原尚之から見た国際通貨基金国際通貨基金

    篠原 尚之(しのはら なおゆき、1953年(昭和28年)2月8日 - )は、日本の元財務官僚。前国際通貨基金副専務理事。篠原尚之 フレッシュアイペディアより)

  • トルコ

    トルコから見た国際通貨基金国際通貨基金

    IMFによると、2013年のトルコのGDPは8,200億ドル(約88兆円)であり、世界第18位である。一人当たりのGDPは10,721ドルで、世界平均を若干上回る。 産業は近代化が進められた工業・商業と、伝統的な農業とからなり、農業人口が国民のおよそ40%を占める。漁業も目立たないが沿岸部では比較的盛んで、領海問題や公海上の漁獲量を巡る国際問題が起きることもある。トルコ フレッシュアイペディアより)

  • キルギス

    キルギスから見た国際通貨基金国際通貨基金

    1992年5月 - 独自通貨であるソムを導入、国際通貨基金 (IMF) に加盟、独立国家共同体 (CIS) の集団安全保障条約に調印。キルギス フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の経済

    中華人民共和国の経済から見た国際通貨基金国際通貨基金

    中華人民共和国の経済(ちゅうかじんみんきょうわこくのけいざい)は、名目GDP換算で世界で2番目に大きく、2017年の名目GDPは12.25兆USドル、国際通貨基金・世界銀行・CIAワールド・ファクトブックによれば購買力平価GDP換算で世界最大の経済である。、一人当たり名目GDPに換算すると約8,261USドル、購買力平価による換算では15,424USドルとなり、世界水準ではまだ低い(2015年では、187か国中84位)。しかし、中華人民共和国の経済は急速に成長を続けている。2005年、中国のGDPの70%は民間部門が占めており、公有部門は公益事業、重化学工業、資源・エネルギーといった約200の大規模な国有企業によって支配されている。中華人民共和国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た国際通貨基金国際通貨基金

    IMFによると、2013年のGDPは8,703億ドルであり、世界第16位である。一方、一人当たりのGDPは3,510ドルであり、世界平均の40%に満たない水準である。 2011年にアジア開発銀行が公表した資料によると、1日2ドル未満で暮らす貧困層は1億1743万人と推定されており、国民のおよそ半数を占めている。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • 世界通貨基金

    世界通貨基金から見た国際通貨基金国際通貨基金

    世界通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨金融委員会

    国際通貨金融委員会から見た国際通貨基金国際通貨基金

    国際通貨金融委員会 フレッシュアイペディアより)

578件中 71 - 80件表示

「国際通貨基金」のニューストピックワード