73件中 11 - 20件表示
  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見た通商産業省

    [[ファイル:Official document (S39).jpg|thumb|right|200px|1964年、8条国移行に関する外為法改正について、通商産業大臣が閣議を求めることに関する通商産業省の決裁文書。]]2018年1月現在、日本はIMFへの第2位の出資国であり、単独で理事を選出している。総務(Governer)は財務大臣、総務代理(Alternate)は日本銀行総裁が担当。また、2018年1月現在4人在籍する副専務理事のうち1人は日本の元財務省財務官である古澤満宏が務めている(2015年3月着任)なお、1997年以降4代連続で日本人から副専務理事が選出されている。ただし、2017年1月現在日本人職員は59名(全体の2.2%)にとどまる。また、IMFアジア太平洋地域事務所が、IMFのアジア太平洋地域における窓口として東京に設置されている。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見た日本国債

    日本は1952年8月に第53番目の加盟国としてIMFに加盟。国内では財政法が改正され、国際通貨基金及び国際復興開発銀行への加盟に伴う措置に関する法律が施行された。その後、日本の経済力が上昇していく中で上記のとおり為替自由化が求められていくようになり、1964年(昭和39年)には国際収支の赤字を理由に為替制限ができる14条国から、それができない8条国へ移行した。1965年(昭和40年)には、IMFについて2億2500万ドル(邦貨換算810億円)、国際復興開発銀行について1億660万ドル(邦貨換算383億7600万円)の追加出資。この負担金の拠出を理由に戦後初めて日本国債が発行された(当時は首相は佐藤栄作、日本銀行頭取は宇佐美洵)。1970年(昭和45年)には出資率の上昇により、任命理事を選出できるようになった。2006年(平成18年)には、小寺清が日本人として初の世銀・IMF合同開発委員会の事務局長となり、2010年まで4年間にわたりその職にあった。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見た通貨

    1944年7月、アメリカ合衆国ニューハンプシャー州ブレトンウッズにおいて、国際金融並びに為替相場の安定を目的として、国際連合の「金融・財政会議」が開催された。この会議において調印されたブレトン・ウッズ協定によって、第二次世界大戦後復興策の一環として、安定した通貨制度を確保するための国際通貨基金の設立が国際復興開発銀行と共に決定され、1945年12月27日に29か国で創設された。1947年3月にIMF協定が発効し実際の業務を開始し、国際連合と協定を結び、国際連合の専門機関となった。一方、ソビエト連邦はブレトン・ウッズ会議には参加したものの結局批准せず、ソ連および社会主義諸国は1949年に経済相互援助会議(COMECON)を設立してブレトン・ウッズ体制の枠外に立つことになった。こうしたことからIMFの本部はアメリカの首都であるワシントンD.C.に置かれることになり、他と懸絶した経済力を持つアメリカの発言権が強い組織となった。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見た融資

    加盟国の経常収支が著しく悪化した場合などに融資などを実施することで、国際貿易の促進、加盟国の高水準の雇用と国民所得の増大、為替の安定、などに寄与する事を目的としている。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見た日本銀行

    日本は1952年8月に第53番目の加盟国としてIMFに加盟。国内では財政法が改正され、国際通貨基金及び国際復興開発銀行への加盟に伴う措置に関する法律が施行された。その後、日本の経済力が上昇していく中で上記のとおり為替自由化が求められていくようになり、1964年(昭和39年)には国際収支の赤字を理由に為替制限ができる14条国から、それができない8条国へ移行した。1965年(昭和40年)には、IMFについて2億2500万ドル(邦貨換算810億円)、国際復興開発銀行について1億660万ドル(邦貨換算383億7600万円)の追加出資。この負担金の拠出を理由に戦後初めて日本国債が発行された(当時は首相は佐藤栄作、日本銀行頭取は宇佐美洵)。1970年(昭和45年)には出資率の上昇により、任命理事を選出できるようになった。2006年(平成18年)には、小寺清が日本人として初の世銀・IMF合同開発委員会の事務局長となり、2010年まで4年間にわたりその職にあった。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見たリーマン・ブラザーズ

    2008年には、前年のアメリカのサブプライム住宅ローン危機に端を発し、9月のリーマン・ブラザーズの倒産(リーマン・ショック)に代表される世界金融危機が勃発し、IMFは金融危機に瀕した加盟国の支援を行った。こうした中で支援の原資となるIMFの資金基盤強化が急務となった。IMFの融資財源は原則的に加盟国が出資するクォータから賄うこととされているが、IMFの議決権はクォータ比例であるために増資交渉には時間がかかる。そのため、当面は加盟国からの借り入れによって資金基盤を拡大しつつ、同時並行で大規模な増資交渉が行われることとなった。2008年11月に開催された第1回G20サミットでは日本がIMFに対する1000億ドルの貸付を表明(2009年2月締結)。その後加盟国からIMFへの貸付による資金基盤拡大が国際的な議論の流れとなり、2009年9月の第3回G20サミットではIMFの資金基盤が最大7500億ドルまで拡大されたことが確認された。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見たアメリカ合衆国

    国際通貨基金(こくさいつうかききん、)は、国際金融、並びに、為替相場の安定化を目的として設立された国際連合の専門機関である。国際通貨基金(IMF)の本部は、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.に位置する。2018年現在、国際通貨基金(IMF)の加盟国は、189か国である。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見た為替

    国際通貨基金(こくさいつうかききん、)は、国際金融、並びに、為替相場の安定化を目的として設立された国際連合の専門機関である。国際通貨基金(IMF)の本部は、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.に位置する。2018年現在、国際通貨基金(IMF)の加盟国は、189か国である。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見た金本位制

    1929年の世界恐慌は世界の経済システムに大打撃を与え、金本位制はほとんどの国で放棄された。国際金融や為替を管轄する国際機関は存在せず、これが経済混乱を助長する一因となった。各国間では通貨の切り下げ競争が起こり、一部の国は経済混乱を乗り切るために軍拡と侵略へと走り、第二次世界大戦が引き起こされた。こうしたことから、連合国の戦後構想の一環として、国際金融や為替について各国間の協力と調整を行う国際機関の設立が構想された。この組織をめぐってはイギリスのジョン・メイナード・ケインズの案とアメリカのハリー・ホワイトの案の二つが提出されたが、最終的な組織はホワイトの案に近いものとなった。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見た国際連合

    国際通貨基金(こくさいつうかききん、)は、国際金融、並びに、為替相場の安定化を目的として設立された国際連合の専門機関である。国際通貨基金(IMF)の本部は、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.に位置する。2018年現在、国際通貨基金(IMF)の加盟国は、189か国である。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

73件中 11 - 20件表示

「国際通貨基金」のニューストピックワード