73件中 61 - 70件表示
  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見たアメリカ合衆国ドル

    国際通貨基金は戦後の経済秩序の根幹をなし、IMF体制(ブレトン・ウッズ体制)と呼ばれるこの経済体制下で西側諸国は徐々に繁栄していくようになった。この体制の根幹はアメリカが金1オンスを35USドルと定め、そのドルに各国がペッグして固定相場制を取るという変則的な金本位制によってなりたっていた。金本位制を取るアメリカ・ドルに各国通貨がペッグしていることから、この時期の通貨体制を金・ドル本位制とも呼ぶ。この時期のIMFは参加各国の為替自由化を主要な目標とし、国際収支の赤字を理由に為替制限ができるIMF14条国から、それができないIMF8条国への参加各国の移行を目指していた。この目標は西ヨーロッパ諸国においては1961年に、日本においては1964年に達成された。しかしこのころには、西ヨーロッパ諸国や日本の急速な経済成長とそれに伴うアメリカの相対的な経済優位の喪失によって、アメリカからの金の流出が続き、この体制の維持が困難になり始めた。こうした状況を改善するため、IMFは1969年の第一次協定改正によって、金やドル等の既存の準備資産を補完するための公的準備資産である特別引出権(SDR)を創設した。これにより、加盟国はそれまでのIMFに対する直接借入れに加え、他の加盟国からIMFが定める自由利用可能通貨(2018年現在はドル・ポンド・ユーロ・円・人民元)という通貨バスケットにある通貨を融通してもらうことが可能になったが、アメリカの貿易赤字と信認の低下は続いた。そして1971年8月15日にアメリカのリチャード・ニクソン大統領が電撃的にアメリカ・ドルと金との兌換停止を発表したことで金・ドル本位制は崩壊した。これは同時にブレトン・ウッズ体制の崩壊をも意味していた。これを受けて新たな国際通貨体制が模索され、1971年12月18日にはドルと各国通貨との交換レート改定を柱とするスミソニアン協定が締結されて固定相場制の維持が図られたが、ドルの暴落は止まらずに固定相場制は維持不可能となったため各国は相次いで変動相場制に移行し、1973年にはスミソニアン体制は完全に崩壊した。この固定相場制の崩壊は、ブレトンウッズ体制の崩壊を決定づけた。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見たニューハンプシャー州

    1944年7月、アメリカ合衆国ニューハンプシャー州ブレトンウッズにおいて、国際金融並びに為替相場の安定を目的として、国際連合の「金融・財政会議」が開催された。この会議において調印されたブレトン・ウッズ協定によって、第二次世界大戦後復興策の一環として、安定した通貨制度を確保するための国際通貨基金の設立が国際復興開発銀行と共に決定され、1945年12月27日に29か国で創設された。1947年3月にIMF協定が発効し実際の業務を開始し、国際連合と協定を結び、国際連合の専門機関となった。一方、ソビエト連邦はブレトン・ウッズ会議には参加したものの結局批准せず、ソ連および社会主義諸国は1949年に経済相互援助会議(COMECON)を設立してブレトン・ウッズ体制の枠外に立つことになった。こうしたことからIMFの本部はアメリカの首都であるワシントンD.C.に置かれることになり、他と懸絶した経済力を持つアメリカの発言権が強い組織となった。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見たIMFによる韓国救済

    1997年7月にタイでの通貨危機を皮切りに発生したアジア通貨危機において、IMFはタイ・インドネシア・韓国の3か国に対して支援を実施した。これらの国々に対する厳しい貸し出し条件(コンディショナリティ)は、画一的な財政緊縮策や、対外収支の改善に直接関係しないガバナンス改革等が多く含まれていたこともあって後に多くの批判を招くこととなり、後のコンディショナリティ見直しへとつながることとなった。IMFのコンディショナリティについては経済学者のジョセフ・E・スティグリッツなども批判を行っている。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見た固定相場制

    国際通貨基金は戦後の経済秩序の根幹をなし、IMF体制(ブレトン・ウッズ体制)と呼ばれるこの経済体制下で西側諸国は徐々に繁栄していくようになった。この体制の根幹はアメリカが金1オンスを35USドルと定め、そのドルに各国がペッグして固定相場制を取るという変則的な金本位制によってなりたっていた。金本位制を取るアメリカ・ドルに各国通貨がペッグしていることから、この時期の通貨体制を金・ドル本位制とも呼ぶ。この時期のIMFは参加各国の為替自由化を主要な目標とし、国際収支の赤字を理由に為替制限ができるIMF14条国から、それができないIMF8条国への参加各国の移行を目指していた。この目標は西ヨーロッパ諸国においては1961年に、日本においては1964年に達成された。しかしこのころには、西ヨーロッパ諸国や日本の急速な経済成長とそれに伴うアメリカの相対的な経済優位の喪失によって、アメリカからの金の流出が続き、この体制の維持が困難になり始めた。こうした状況を改善するため、IMFは1969年の第一次協定改正によって、金やドル等の既存の準備資産を補完するための公的準備資産である特別引出権(SDR)を創設した。これにより、加盟国はそれまでのIMFに対する直接借入れに加え、他の加盟国からIMFが定める自由利用可能通貨(2018年現在はドル・ポンド・ユーロ・円・人民元)という通貨バスケットにある通貨を融通してもらうことが可能になったが、アメリカの貿易赤字と信認の低下は続いた。そして1971年8月15日にアメリカのリチャード・ニクソン大統領が電撃的にアメリカ・ドルと金との兌換停止を発表したことで金・ドル本位制は崩壊した。これは同時にブレトン・ウッズ体制の崩壊をも意味していた。これを受けて新たな国際通貨体制が模索され、1971年12月18日にはドルと各国通貨との交換レート改定を柱とするスミソニアン協定が締結されて固定相場制の維持が図られたが、ドルの暴落は止まらずに固定相場制は維持不可能となったため各国は相次いで変動相場制に移行し、1973年にはスミソニアン体制は完全に崩壊した。この固定相場制の崩壊は、ブレトンウッズ体制の崩壊を決定づけた。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見た特別引出権

    国際通貨基金は戦後の経済秩序の根幹をなし、IMF体制(ブレトン・ウッズ体制)と呼ばれるこの経済体制下で西側諸国は徐々に繁栄していくようになった。この体制の根幹はアメリカが金1オンスを35USドルと定め、そのドルに各国がペッグして固定相場制を取るという変則的な金本位制によってなりたっていた。金本位制を取るアメリカ・ドルに各国通貨がペッグしていることから、この時期の通貨体制を金・ドル本位制とも呼ぶ。この時期のIMFは参加各国の為替自由化を主要な目標とし、国際収支の赤字を理由に為替制限ができるIMF14条国から、それができないIMF8条国への参加各国の移行を目指していた。この目標は西ヨーロッパ諸国においては1961年に、日本においては1964年に達成された。しかしこのころには、西ヨーロッパ諸国や日本の急速な経済成長とそれに伴うアメリカの相対的な経済優位の喪失によって、アメリカからの金の流出が続き、この体制の維持が困難になり始めた。こうした状況を改善するため、IMFは1969年の第一次協定改正によって、金やドル等の既存の準備資産を補完するための公的準備資産である特別引出権(SDR)を創設した。これにより、加盟国はそれまでのIMFに対する直接借入れに加え、他の加盟国からIMFが定める自由利用可能通貨(2018年現在はドル・ポンド・ユーロ・円・人民元)という通貨バスケットにある通貨を融通してもらうことが可能になったが、アメリカの貿易赤字と信認の低下は続いた。そして1971年8月15日にアメリカのリチャード・ニクソン大統領が電撃的にアメリカ・ドルと金との兌換停止を発表したことで金・ドル本位制は崩壊した。これは同時にブレトン・ウッズ体制の崩壊をも意味していた。これを受けて新たな国際通貨体制が模索され、1971年12月18日にはドルと各国通貨との交換レート改定を柱とするスミソニアン協定が締結されて固定相場制の維持が図られたが、ドルの暴落は止まらずに固定相場制は維持不可能となったため各国は相次いで変動相場制に移行し、1973年にはスミソニアン体制は完全に崩壊した。この固定相場制の崩壊は、ブレトンウッズ体制の崩壊を決定づけた。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見た通商産業大臣

    [[ファイル:Official document (S39).jpg|thumb|right|200px|1964年、8条国移行に関する外為法改正について、通商産業大臣が閣議を求めることに関する通商産業省の決裁文書。]]2018年1月現在、日本はIMFへの第2位の出資国であり、単独で理事を選出している。総務(Governer)は財務大臣、総務代理(Alternate)は日本銀行総裁が担当。また、2018年1月現在4人在籍する副専務理事のうち1人は日本の元財務省財務官である古澤満宏が務めている(2015年3月着任)なお、1997年以降4代連続で日本人から副専務理事が選出されている。ただし、2017年1月現在日本人職員は59名(全体の2.2%)にとどまる。また、IMFアジア太平洋地域事務所が、IMFのアジア太平洋地域における窓口として東京に設置されている。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見た専門機関

    国際通貨基金(こくさいつうかききん、)は、国際金融、並びに、為替相場の安定化を目的として設立された国際連合の専門機関である。国際通貨基金(IMF)の本部は、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.に位置する。2018年現在、国際通貨基金(IMF)の加盟国は、189か国である。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見たヨーロッパ支払同盟

    発足当初は外為市場で交換される通貨を物理的に輸送していた。これを見かねた欧州経済協力機構が1950年にヨーロッパ支払同盟をつくった。これは各月末で決済する外為取引用の手形交換制度である。1958年、十分なキャッシュフローを備えるかたちでヨーロッパ通貨協定に改組された。業務の遂行に欧州各国の承諾がいらなくなり、かわりに経済協力開発機構が指揮を担った。協定は1972年に終了し、IMFがその業務を継承した。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見た経常収支

    加盟国の経常収支が著しく悪化した場合などに融資などを実施することで、国際貿易の促進、加盟国の高水準の雇用と国民所得の増大、為替の安定、などに寄与する事を目的としている。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見たリーマン・ショック

    2008年には、前年のアメリカのサブプライム住宅ローン危機に端を発し、9月のリーマン・ブラザーズの倒産(リーマン・ショック)に代表される世界金融危機が勃発し、IMFは金融危機に瀕した加盟国の支援を行った。こうした中で支援の原資となるIMFの資金基盤強化が急務となった。IMFの融資財源は原則的に加盟国が出資するクォータから賄うこととされているが、IMFの議決権はクォータ比例であるために増資交渉には時間がかかる。そのため、当面は加盟国からの借り入れによって資金基盤を拡大しつつ、同時並行で大規模な増資交渉が行われることとなった。2008年11月に開催された第1回G20サミットでは日本がIMFに対する1000億ドルの貸付を表明(2009年2月締結)。その後加盟国からIMFへの貸付による資金基盤拡大が国際的な議論の流れとなり、2009年9月の第3回G20サミットではIMFの資金基盤が最大7500億ドルまで拡大されたことが確認された。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

73件中 61 - 70件表示

「国際通貨基金」のニューストピックワード