283件中 111 - 120件表示
  • 根路銘国昭

    根路銘国昭から見た国頭郡国頭郡

    根路銘 国昭(ねろめ くにあき、1939年7月24日 - )は、沖縄県国頭郡本部町出身の獣医ウイルス学者。獣医学博士。現在、生物資源利用研究所の代表取締役。である。根路銘国昭 フレッシュアイペディアより)

  • 安田ヶ島

    安田ヶ島から見た国頭郡国頭郡

    安田ヶ島(あだかじま、あだがしま)は、沖縄県国頭郡国頭村に属する無人島である。安田ヶ島 フレッシュアイペディアより)

  • 大田政作

    大田政作から見た国頭郡国頭郡

    沖縄県国頭郡国頭村出身。1928年(昭和3年)に早稲田大学法学部を卒業。大学在学中に高等文官試験に合格し、長崎地方裁判所や那覇地方裁判所の判事、台北地方法院検事局の検事を歴任。澎湖庁庁長で終戦を迎える。大田政作 フレッシュアイペディアより)

  • 九州地方環境事務所

    九州地方環境事務所から見た国頭郡国頭郡

    やんばる自然保護官事務所(沖縄県国頭郡国頭村)九州地方環境事務所 フレッシュアイペディアより)

  • やんばる国立公園

    やんばる国立公園から見た国頭郡国頭郡

    やんばる国立公園(やんばる こくりつこうえん、英称:Yambaru National Park )は、沖縄県国頭郡国頭村、大宜味村および東村ならびにこれら3村の周辺海域を区域とする国立公園である。やんばる国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 柏通信所

    柏通信所から見た国頭郡国頭郡

    柏通信所へロランC局を建設する計画は、「核兵器を搭載した原子力潜水艦に指令を出す施設」という野党の主張とは異なり、朝鮮半島有事の際に在韓米軍と韓国軍の地上部隊を支援するための全天候・夜間航空打撃能力(all-weather/night air strike capability)に纏わる問題が背景となって策定された。当時、アメリカ太平洋空軍(PACAF)が朝鮮半島で夜間や悪天候時に実施可能だった爆撃手段は、地上のビーコン(航空無線標識)やAN/TPB-1(地上レーダー式爆撃方向指示装置)を利用した誘導システムに依存していたため、不意の急襲などによってシステムが途絶した場合に有効な代替機能が確保されておらず、抗堪性を欠いた状況にあった。しかし、ベトナム戦争における東南アジアの航空作戦では、試験評価を兼ねてロラン誘導による攻撃システムを運用した結果、全天候任務の遂行に必要とされる多用途性や正確さが得られていたことから、アメリカ太平洋軍総司令部(CINCPAC)は既存の北西太平洋ロランCチェーンを新たな誘導方式に利用する計画を立案し、状況改善を図ることとした。これは従来よりロランC局として運用されていた十勝太通信所(FAC 1060、北海道十勝郡浦幌町)と慶佐次通信所(FAC 6007、沖縄県国頭郡東村)の施設に改修を施して機能を向上させるとともに、新たなロランC局を追加建設することによって、システムの有効範囲を朝鮮半島全域並びに中朝国境付近を流れる鴨緑江北方まで拡大させることを期待したもので、計画承認時にコマンドー・ライオン(Commando Lion)というコードネームが付けられた。。柏通信所 フレッシュアイペディアより)

  • 青の洞窟 (恩納村)

    青の洞窟 (恩納村)から見た国頭郡国頭郡

    青の洞窟(あおのどうくつ)は沖縄本島の真栄田岬(沖縄県国頭郡恩納村)にある洞窟の通称であり、地元ではダイビングスポットのひとつとなっている。青の洞窟 (恩納村) フレッシュアイペディアより)

  • 国道449号

    国道449号から見た国頭郡国頭郡

    国道449号(こくどう449ごう)は、沖縄県国頭郡本部町から沖縄県名護市に至る一般国道。国道449号 フレッシュアイペディアより)

  • 徳元幸人

    徳元幸人から見た国頭郡国頭郡

    徳元 幸人(とくもと ゆきと、1976年10月9日 - )は、日本の男子バレーボール選手。沖縄県国頭郡恩納村出身。ポジションはウイングスパイカー。VプレミアリーグのJTサンダーズコーチ。徳元幸人 フレッシュアイペディアより)

  • 国道505号

    国道505号から見た国頭郡国頭郡

    国道505号(こくどう505ごう)は、沖縄県国頭郡本部町から沖縄県名護市に至る一般国道である。国道505号 フレッシュアイペディアより)

283件中 111 - 120件表示

「国頭のできごと」のニューストピックワード